コラム

 公開日: 2015-12-21 

ちょっといい言葉<124>マリリン・モンロー「ずっと私は愛されない人間なんだと思ってきたの」

この人は誰?

モンロー

言うまでもなくマリリンモンローさん。そのモンローさんの切ない言葉。
「私はこれまでの人生でずっと『私は愛されない人間なんだ』と思ってきたわ。でも私の人生には、それよりももっと悪いことがあったとはじめて気が付いたの。それは私自身、『こころから人を愛そうとしなかった』ことよ」

人が人を愛するということは、その相手に自分自身の心を開いて身をゆだねるということでしょう。小さな子どもと一緒に遊んでいると、時々楽しそうに少し高いところへ登ってしまうことがあります。例えば木に登っておりられなくなったり。そんな時子どもは身近な人に助けを求めますが、大人は子どもを救うために「ここで受け止めてあげるから、勇気を出して飛び降りてごらん」と言って手を広げて待ち受けることがあります。

子どもは自分では怖くて降りられませんから、下で手を広げて受け止めてくれる大人のことを信じて、勇気を出して飛び降りるのです。それができるのは、この大人は決して自分を裏切らない、という確信があるからです。

しかしもし子どもが勇気を出して飛び降りた瞬間に、下の大人が手を引っ込めて受け止めなかったとしたらどうでしょうか。子どもは地面に叩きつけられて怪我をするかもしれません。しかしそれ以上に、大人と言う存在を信じられなくなるかもしれないのです。

泣く

こういう体験を繰り返した子どもは決して他人を簡単に信じたり、ましてやこころを開いて身をゆだねると言うような愛情を抱くことができなくなります。だって、もしその人を信じて身をゆだねても、いつ裏切られるかわからないという不安をぬぐうことができないからです。

モンローさんもたぶん子ども時代に同様の体験をされたのでしょう。成長してセクシー・シンボルとしてちやほやされても、それは商品としての自分であり、私自身を愛してくれているからではない。人は表面ではわからない。信じたらひどい目にあうに決まっている、などと言う思いを積み重ねると、「自分から人を愛する」子とができなくなっても仕方がないかもしれません。

今、こういう思いを胸に秘めている子どもたちに、私は面接の場面でお会いすることがたびたびあります。このモンローさんのつぶやきは、私たち大人の生き様き様を問われているつぶやきであり、私の胸に突き刺さる言葉でもありました。

◇◆◇ こころを打つ言葉の数々
ちょっといい言葉<102> 「あなたがなぜか好きになれない人、その人は実は・・・」
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/52929/
ちょっといい言葉<97> 「希望がなければ農夫は畑に種をまかない」
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/52287/
ちょっといい言葉<96> 「ほどよい母親」によって、人は自立していく
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/52111/
ちょっといい言葉<92> 「なにくそ なにくそ 己の道を進むぞ」
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/51865/
ちょっといい言葉 <90> オードリー・ヘップバーンが感心した言葉
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/51631/
ちょっといい言葉<89>いいか、よく聞け、「成功とは、どん底に落ちた時に・・・」
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/51477/
ちょっといい言葉<87> 「自分の欠点を自覚しろ。自覚したら・・・」
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/51133/
ちょっといい言葉<86> 森鴎外は言った「日のの光をかりて光る大きな月よりは・・」
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/51047/
ちょっといい言葉<85> 「われわれが心の底を友達に見せることができないのは・・・」
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/50971/
ちょっといい言葉<84> 「やめたほうがいいんじゃないかしら、っていうのに・・・・」
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/50842/
ちょっといい言葉<83> マーティン・スコセッシ 「やり方は3つしかない・・・・」
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/50693/
ちょっといい言葉<82> 「どうしようもないわたしが歩いている」
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/50640/
ちょっといい言葉<81> 「人生の目的は生きることであり、生きることは感じることだ・・・」
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/50456/

うつ・発達障害・不登校・不適応等のお悩みに カウンセリング・オフィス岸井

□■□■□■□■  【カウンセリング・オフィス岸井】□■□■□■□■   
              ☆初回面接は無料です☆
JR・阪神「元町」阪急「花隈」神戸市営地下鉄「県庁前」駅からいずれも徒歩5分         
電話:090-1243-9646  メールはホームページからもできます

この記事を書いたプロ

カウンセリング・オフィス岸井 [ホームページ]

臨床心理士 岸井謙児

兵庫県神戸市中央区花隈町9-25 グランピア下山手通 002号室 [地図]
TEL:090-1243-9646

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
岸井 謙児(きしい けんじ)プロ

豊富な経験を生かし、相手に寄り添って希望を見出す手助けを(1/3)

JR・阪神元町駅、阪急花隈駅、神戸市営地下鉄県庁前駅からほど近い閑静な場所にある「カウンセリング・オフィス岸井」。カウンセラーの岸井謙児さんの元には、不登校、発達障害などの悩みを抱える思春期から青年期の子どもたちや親が多数訪れています。...

岸井謙児プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

子供から大人まで長い経験からさまざまな悩みに対応します。

事務所名 : カウンセリング・オフィス岸井
住所 : 兵庫県神戸市中央区花隈町9-25 グランピア下山手通 002号室 [地図]
TEL : 090-1243-9646

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-1243-9646

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

岸井謙児(きしいけんじ)

カウンセリング・オフィス岸井

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
人は「物語」によって、辛い「現実」を自分なりに受け入れるのだ・・・映画「怪物はささやく」

大変興味をもちながらも、いろいろ忙しくて時間が合わずに見に行けなかった映画「怪物はささやく」。ようやっと先...

[ 「こころ」を描いたこんな映画 ]

久しぶりのJIJICOのコラムです。テーマは「体罰の現状について」
イメージ

マイベストプロの専門家による時事コラムJIJICOに久しぶりに記事を載せていただきました。内容は「体罰の現状に...

[ JIJICO ]

ストレスから身を守るためには・・・・・遊びが一番!?

5月に入りました。GWも過ぎ、いよいよ本格的に始動!という時期ですが、学生・社会人を問わず新しい環境や職場に置...

[ こころの散歩道 ]

映画「ぼくと魔法の言葉たち」 喜びと悲しみはディズニーアニメとともに

今日紹介する映画はこれ少し前に見た映画ですが、今でも上映しているかなぁ?2歳になって突然言葉を失...

[ 「こころ」を描いたこんな映画 ]

春に想う
イメージ

久しぶりの記事の更新です。初夏のお天気が続きますが、みなさんお元気ですか?この時期、木々の緑を見ているとな...

[ こころの散歩道 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ