コラム

 公開日: 2015-10-25 

聴覚障害の子を持つ母の生き様を見事に描く:映画「きれいなおかあさん」

今日紹介する映画はこれ
「きれいなおかあさん」

きれいなおかあさん

ホントにきれいなお母さんなのですが、実はこの映画は息子の聴覚障害を巡って、親子の間で繰り返される心の葛藤を描いた秀作です。

お母さん役を演じたコンーリーは数々の賞をもらっただけあって、確かに真に迫る演技で、感動を誘ってくれます。

私は以前聴覚障害児と関わってきたので、障害を巡る親子の幼い頃からの努力や葛藤など様々な状況についてある程度は知っています。そういう立場から見ても、この映画は良く描けていると思いますね。

「この子は言葉さえ話せるようになれば普通の子なんです」「本当にこの子はどこも遅れていません。言葉だけなんです」という意味のセリフが特に映画の前半はたびたびお母さんの言葉として発せられます。本当に母親としての心からの訴えでしょう。

だから本当に誠心誠意息子に言葉を教え込みます。「私は勉強は得意ではありませんが、一文字ずつ3年間教え続けました」しかし小学校の入学テストでは残念ながら落ちてしまうのでした。

厳しい現実です。確かに言葉だけが問題な子どもがいるのは確かですが、その「言葉」を身に着けるのに大変な努力と取り組みが必要なのです。ですから映画だけでなく、現実でも多くの親は本当に一生懸命、子供の将来のために努力されます。その姿は本当に頭が下がります。

しかし難しいのは、子ども本人にいかに自分の障害について自覚をさせるか、理解をさせるか、その点でしょう。小さいうちは良いのですが、次第に自分自身に気が付く年齢になると悩まざるをえません。できれば、思春期に入る前に教えて自覚させる方が良いのだろうとは思いますが、実際にそれを伝えるタイミングや伝え方について親の悩みは尽きないでしょう。この映画はこのむずかしさもきちんと描いてくれています。

息子のジョン・ダーは、小学校の子どもたちに囲まれて補聴器をからかわれ、自分について向き合わざるを得なくなります。そして悩み、反抗した後お母さんに発した言葉は
「なんで僕だけ補聴器をつけなければいけないの?」

この心からの問いにお母さんは、悩みためらいながらもきちんと説明をしました。
「あなたは他の人とちがうの。耳に障害があるから。 わかった?」

この真剣で混じりけのない答えを聞いた息子は
「ボク、怖い」と言ってお母さんに抱き付く息子に母親は「怖くないよ、ママがいるから」と答えたのでした。
この障害と向き合わざるを得ない、本当に難しい問いかけに応えるお母さんを描いた場面がこの映画のすべてを表しているのかもしれません。

なお聴覚障害をもつ息子ジョン・ダーは、本当に聴覚障害を持ち当時聾学校に通っていたガオ・シン君という子が演じて居ましたが、本当に素晴らしい演技でした。もちろんコン・リーの演技の素晴らしさを十分に堪能できる作品だったということは言うまでもありません。

興味を持たれたらゼヒ一度ご覧ください。

◇◆◇ こんな映画も見てみたい
映画「「クワイエット・ルームにようこそ」:おもしろうて やがて悲しき映画かな
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/52739/
映画「西の魔女が死んだ」:気が付いたからには目をそらすことはできない「自分」
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/52560/
映画「セブン・サイコパス」:やれやれ、まともなのは俺だけだ、と思っているサイコパスの話
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/52407/
映画「エレファント・ソング」:助けて・・・・僕は誰からも愛されてこなかった・・・
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/52288/
映画「マーサ、あるいはマーシーメイ」:マインドコントロールから抜け出す苦しみ
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/52112/
「hikikomori」を描いたドキュメンタリー映画を紹介します。
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/52107/



うつ・発達障害・不登校・不適応等のお悩みに カウンセリング・オフィス岸井

□■□■□■□■  【カウンセリング・オフィス岸井】 □■□■□■□■   
              ☆初回面接は無料です☆
JR・阪神「元町」阪急「花隈」神戸市営地下鉄「県庁前」駅からいずれも徒歩5分         
電話:090-1243-9646  メールはホームページからもできます

この記事を書いたプロ

カウンセリング・オフィス岸井 [ホームページ]

臨床心理士 岸井謙児

兵庫県神戸市中央区花隈町9-25 グランピア下山手通 002号室 [地図]
TEL:090-1243-9646

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
岸井 謙児(きしい けんじ)プロ

豊富な経験を生かし、相手に寄り添って希望を見出す手助けを(1/3)

JR・阪神元町駅、阪急花隈駅、神戸市営地下鉄県庁前駅からほど近い閑静な場所にある「カウンセリング・オフィス岸井」。カウンセラーの岸井謙児さんの元には、不登校、発達障害などの悩みを抱える思春期から青年期の子どもたちや親が多数訪れています。...

岸井謙児プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

子供から大人まで長い経験からさまざまな悩みに対応します。

事務所名 : カウンセリング・オフィス岸井
住所 : 兵庫県神戸市中央区花隈町9-25 グランピア下山手通 002号室 [地図]
TEL : 090-1243-9646

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-1243-9646

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

岸井謙児(きしいけんじ)

カウンセリング・オフィス岸井

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
シンボリズムの森 ➆ 「水ー3」
イメージ

さて「水」のシンボリズムについてつらつら考えてきたら、なんと3回目になってしまいました。それだけ「水」と...

[ シンボリズムの森 ]

シンボリズムの森 ⑥ 「水ー2」
イメージ

しまった、厄介なものを取り上げてしまった、と思いつつ、「水」の第2回目。「水」なんて普遍的なものは、た...

[ シンボリズムの森 ]

シンボリズムの森 ⑤ 「水-1」
イメージ

シンボリズムの森、第5回目は「水」。「水」について書き始めて、思わず「しまった!」。なぜなら「水」なんて...

[ シンボリズムの森 ]

シンボリズムの森 ④ 「花」のシンボリズム
イメージ

さて今回取り上げるのは「花」皆さんは「花」と言えば何を思い出しますか?赤や黄色やピンクのきれいな花畑を思...

[ シンボリズムの森 ]

シンボリズムの森①  シンボルって何?

さて、今日は最初にシンボルについて話をしたいと思います。あなたは夜「夢」を見ませんか?「将来の夢」とか...

[ シンボリズムの森 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ