コラム

 公開日: 2015-09-22 

こころの問題<10> メタ認知と自立とロケットの関係

さて、大体小学年中~高学年ぐらいに「自分のことをもう一人の自分が見つめる」メタ認知の能力が育ってくることを前回書きました。このメタ認知によって、他人に対する共感や思いやり、人間関係の基礎が身につくわけです。ですから大変大切な機能だということができると思いますが、同時にとても厄介な機能でもあります。

何より
1)自分を客観的に見つめることで、万能感が崩れ、自己愛が傷つく
 これについてはこれまで触れてきたように、多少の傷つきは当たり前のことです。大体小学校低学年ぐらいまでのファンタジーの中に生きている方が、どちらかというと現実的ではありませんよね。
ですから現実に目覚めると当然傷つきも出てきます。

その衝撃を何とか乗り越えるだけのエネルギーがでるかどうかの決め手は、小学校の低学年までの夢見るようなバラ色の時代を十分に過ごせて来れたかどうか、にかかっているわけです。

その上でさらに
2)「親からの自立」という問題が出てきます。これはまた難題です。
なによりメタ認知のおかげで、自分の力のなさにきづきながらも親という高く立ちはだかる壁を超えていかねばならないのですから。そこにはどうしても「勢い」と言うものが必要になってきます。
その「勢い」を出す手段が「怒り」と「反抗」なのです。

少し想像力を広げて、地球を飛び立ち宇宙へと向かうロケットをイメージしてください。

ロケット

ロケットは、発射台にセットされ、エンジンに点火され、猛烈な炎と轟音で発射されます。
そのぐらいの勢いとエネルギーがなければ、あんな重いものが飛び立つわけがありません。
子ども自身、自分が重たいロケットのように自力で空を飛べるわけがない、ということはメタ認知で気が付いているのです。
しかしそれでも地球を、母なる大地を離れたいという自立への衝動はなくなることはありません。
ですから、発射の時には猛烈なエネルギーを周囲にぶつけながら勢いづけていく必要があるわけです。

その時の燃料が小学校低学年までに蓄積されている必要があるわけですね。

さらにその後ロケットは地球の引力に逆らい、大気圏での猛烈な摩擦に打ち勝って飛び続けなければいけません。
これらの難題をどうやってロケットは乗り越えていくのでしょうか?

長くなるので、続きは次回。

うつ・発達障害・不登校・不適応等のお悩みに カウンセリング・オフィス岸井

【カウンセリング・オフィス岸井】     ☆初回面接は無料です☆
 2        
 JR・阪神「元町」阪急「花隈」神戸市営地下鉄「県庁前」駅からいずれも徒歩5分
          
電話:090-1243-9646  メールはホームページからもできます

この記事を書いたプロ

カウンセリング・オフィス岸井 [ホームページ]

臨床心理士 岸井謙児

兵庫県神戸市中央区花隈町9-25 グランピア下山手通 002号室 [地図]
TEL:090-1243-9646

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
岸井 謙児(きしい けんじ)プロ

豊富な経験を生かし、相手に寄り添って希望を見出す手助けを(1/3)

JR・阪神元町駅、阪急花隈駅、神戸市営地下鉄県庁前駅からほど近い閑静な場所にある「カウンセリング・オフィス岸井」。カウンセラーの岸井謙児さんの元には、不登校、発達障害などの悩みを抱える思春期から青年期の子どもたちや親が多数訪れています。...

岸井謙児プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

子供から大人まで長い経験からさまざまな悩みに対応します。

事務所名 : カウンセリング・オフィス岸井
住所 : 兵庫県神戸市中央区花隈町9-25 グランピア下山手通 002号室 [地図]
TEL : 090-1243-9646

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-1243-9646

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

岸井謙児(きしいけんじ)

カウンセリング・オフィス岸井

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
シンボリズムの森 ⑥ 「水ー2」
イメージ

しまった、厄介なものを取り上げてしまった、と思いつつ、「水」の第2回目。「水」なんて普遍的なものは、た...

[ シンボリズムの森 ]

シンボリズムの森 ⑤ 「水-1」
イメージ

シンボリズムの森、第5回目は「水」。「水」について書き始めて、思わず「しまった!」。なぜなら「水」なんて...

[ シンボリズムの森 ]

シンボリズムの森 ④ 「花」のシンボリズム
イメージ

さて今回取り上げるのは「花」皆さんは「花」と言えば何を思い出しますか?赤や黄色やピンクのきれいな花畑を思...

[ シンボリズムの森 ]

シンボリズムの森①  シンボルって何?

さて、今日は最初にシンボルについて話をしたいと思います。あなたは夜「夢」を見ませんか?「将来の夢」とか...

[ シンボリズムの森 ]

シンボリズムの森 ② 「木」のシンボリズムについて
イメージ

さて5月6月と言えば新緑が目にまぶしい季節ですね。私もGW以降、いろいろな花や新緑を見に行きました。気持ち...

[ シンボリズムの森 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ