コラム

 公開日: 2015-09-08  最終更新日: 2015-10-17

映画「精神」:「病と共に生きる人」、そしてその彼らと共に生きる人

今回取り上げた映画はこれ

精神

岡山県にある外来の精神科診療所「こらーる岡山」に通院するさまざまな人たち。
そこには「病」と共に生きる人、そしてその隣には「病と共に生きる人」と共に生きる人たちがいます。
山本医師はそこに集まる人たちに淡々と、しかし同じ目線で隣にたたずむように診察を続けられていました。
この映画の監督想田和弘さんは、何の解説も加えずにその様子を冷静に撮り続けています。
「観察映画」といわれる所以です。

◆ある男性患者さんは

“世の中に精神病者に対する偏見があるのは仕方がないけれど、せめて自分で自分に対する偏見は持たないようにしたいと思った”

こう語る男性がいました。彼はこう続けます。

“自分の病気が軽くなって病識が出てくるようになると、健常者のことが見えるようになってくるんですが、そしたら健常者の中に問題のない、完璧な他人なんて一人もいないんですわ。じゃあ、自分はそういう健常者といわれる人たちの欠点を補っていくような働きをしようとこれまで生きてきました”

「正気」と「狂気」の違いは何なのでしょう?

◆また別の患者さんは
ある女性はうつ病に苦しみながらも生きてきたこれまでの自分の生き様を見つめて、次のような短歌を歌います。

“あたまなぜ 自分で自分をほめてやる よくぞここまで生きてきたな、と”

またある男性は、

“憂う人と書いて、優しいと読む”

と教えてくれました。
彼は本当に優しい笑顔で周囲の人を楽しませてくれます。
もちろん、その笑顔の裏には彼の苦しみが渦巻いているのでしょうが・・・。


◆山本医師は淡々と彼らの隣に居続ける
リストカットの目立つ手首を隠そうともせず、人に裏切られたと大量服薬し、泣いて訴える女性。
映画の冒頭で、その女性の苦しみを淡々と聞きながら、山本医師はティッシュを1枚手に取りました。そのティッシュを彼女に渡すのかと思ってい見ていると、山本さんはそうしませんでした。

しかしそのティッシュの箱は女性の手の届くところに置かれていたのです。その女性には、自分の力でティッシュを引き出して、涙を拭くことが必要なのでしょう。
しかしその日が来るのはいつなのだろうか、と思わされたのも確かでした。それがいつなのかはわからないけれど、その日が来るまで一緒に待つことが大切なのかも知れません。

この映画はこういうさまざまな苦しみと共に生きる方々の素顔と、その方々と共に居続ける人たちの姿を淡々と写し続けたドキュメンタリー映画なのです。

◆最後に
ところが私は最後のエンドロールに、目を奪われました。
そこには「追悼」と言う文字があり、その下に今取り上げた何人かの方々の名前と写真が載せられていたのです。

何があったのかはわかりません。しかし亡くなったことだけは確かでした。

・・・・・・・・・・・

時にはもうこの世から消えてしまいたい、と思えてしまう時があるかもしれません。
しかし、人はやはり一人ではないということを思い出して下さい。
孤立無援、孤独と絶望の中にいると思われたとしても、最後まで自分の隣に居続けてくれる人を探す努力をして見ませんか?

◇◆◇ こんな映画も
あやしうこそものぐるほしけれ 映画 「17歳のカルテ」
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/52565/
映画「デタッチメント 優しい無関心」:みんなが誰かの助けを求めている
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/52294/
映画「精神科医ヘンリーカーターの憂鬱」:精神科医は自分を治療できるのか?
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/52105/

うつ・発達障害・不登校・不適応等のお悩みに カウンセリング・オフィス岸井

【カウンセリング・オフィス岸井】     ☆初回面接は無料です☆  
 JR・阪神「元町」阪急「花隈」神戸市営地下鉄「県庁前」駅からいずれも徒歩5分
          
電話:090-1243-9646  メールはホームページからもできます

この記事を書いたプロ

カウンセリング・オフィス岸井 [ホームページ]

臨床心理士 岸井謙児

兵庫県神戸市中央区花隈町9-25 グランピア下山手通 002号室 [地図]
TEL:090-1243-9646

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

15

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
岸井 謙児(きしい けんじ)プロ

豊富な経験を生かし、相手に寄り添って希望を見出す手助けを(1/3)

JR・阪神元町駅、阪急花隈駅、神戸市営地下鉄県庁前駅からほど近い閑静な場所にある「カウンセリング・オフィス岸井」。カウンセラーの岸井謙児さんの元には、不登校、発達障害などの悩みを抱える思春期から青年期の子どもたちや親が多数訪れています。...

岸井謙児プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

子供から大人まで長い経験からさまざまな悩みに対応します。

事務所名 : カウンセリング・オフィス岸井
住所 : 兵庫県神戸市中央区花隈町9-25 グランピア下山手通 002号室 [地図]
TEL : 090-1243-9646

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-1243-9646

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

岸井謙児(きしいけんじ)

カウンセリング・オフィス岸井

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
ADHDのライフハック<17>目からうろこ!全社員が発達障害者のオフィスがスゴイ!

世の中には色々な世界があるもので、今回紹介する会社は、社員のほぼ全員が発達障害者のオフィス。twitterで噂に...

[ ADD/ADHDの方のためのライフハック ]

ADD/ADHDの方のためのライフハック <2> ~ホワイトボードは役に立つ!~
イメージ

生活のライフハック(仕事術)を実践してみて報告しています。前回は、「To  Do List」を作ってみようというこ...

[ ADD/ADHDの方のためのライフハック ]

あなたへ贈るネットで見つけた感動秘話。「ママに優しくしてあげたくて生まれてきたんだからね」

ネットで色々な話を読ませてもらっていると、こんな素敵なお話しが。どうしてもあなたに紹介したくて引用させて...

[ ちょっと気になるあれやこれ ]

笑っているうちに思わず泣けてきました・・・・発達障害児の生き辛さを描いた漫画「ニトロちゃん」
イメージ

最近読んだ中でも、飛び切り印象に残ったのが、これ「ニトロちゃん」作者の沖田×華(おきたばっか)さんは、...

[ 発達障害を考える ]

「学ぶことを諦めないでください」松谷君は学習障害にどう取り組んだか?

今日紹介する松谷君は、字を書いたり読んだりすることに困難を感じる学習障害に苦しんできました。しかしある日...

[ 発達障害を考える ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ