コラム

 公開日: 2015-08-29 

こころの問題<7> 思春期へ向かう時の「喪失感」②「え!? ちょっと待てよ・・・」

さて、前回は話題のディズニー映画「インサイド・ヘッド」を取り上げて、思春期へ向かう子どもたちの心の中にあるさまざまな感情の動き、とりわけ哀しみ:喪失感について触れました。

小学校低学年当たりの子どもたちは、いわば「バラ色の世界」に住んでいます。
例えば何を見ても新鮮で興味深く、何をしても楽しくて仕方がない、両親は「世界で一番素敵なパパ・ママ」だし、もちろん自分自身もなんでもできそうな万能感に満ちています。

ところが次第に「ちょっと待てよ、今までそう思ってきたけれど、案外そうでもないようだぞ・・」と気が付き始める時期が来るのです。

思春期


「うちのパパは世界一!と思っていたけど、良く見たら日曜日はグータラ寝転んでテレビばかり見ている」し、「うちのママはこの世で一番素敵なやさしいママだと思ってたけど、良く見たら人に厳しく自分に甘いんじゃないの?だって私には『片付けなさい!』とうるさいけれど、冷蔵庫な中はぐちゃぐちゃだし、半年前の賞味期限切れのドレッシングが3本もある!!」なんてことに気が付いてしまうわけです。

これは両親にとってはピンチですが、言い換えると「現実に気が付き始めた」わけです。
こういう「バラ色の人生」から「現実の世界」へ目が覚めてしまうことを「脱・錯覚」なんて言い方で指摘して心理学者がいました。確かに「錯覚」から目が覚めて「シビアーな現実」に目覚めるということですね。

こうなってくると、大人の甘言など、なんとなく嘘くさく聞こえてきて、無性に腹立たしくなってきます。ソリャそうだ、「世界で一番素敵なパパとママ」が「ただのおじさんとおばさんだった」ということに気が付いてしまうわけですから、彼らにとっては「裏切られた」とか「楽園を失った」という喪失感に襲われても無理はありません。

思春期へ向かう子どもたちは、こういった「喪失感」や「失望感」を少しずつ味わいながら現実に目覚めていく大切な時期なのです。

大変だ~(-_-;)

しかし問題は、「世界一のパパ・ママ」が「ただのおじさん・おばさん」だった、と言うことにとどまりません。自分自身に対しても少しづつジビアーな目を向け始めていくことになるということです。

それについてはまた次回。


うつ・発達障害・不登校・不適応等のお悩みに カウンセリング・オフィス岸井

【カウンセリング・オフィス岸井】     ☆初回面接は無料です☆  
 JR・阪神「元町」阪急「花隈」神戸市営地下鉄「県庁前」駅からいずれも徒歩5分
          
電話:090-1243-9646  メールはホームページからもできます

この記事を書いたプロ

カウンセリング・オフィス岸井 [ホームページ]

臨床心理士 岸井謙児

兵庫県神戸市中央区花隈町9-25 グランピア下山手通 002号室 [地図]
TEL:090-1243-9646

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
岸井 謙児(きしい けんじ)プロ

豊富な経験を生かし、相手に寄り添って希望を見出す手助けを(1/3)

JR・阪神元町駅、阪急花隈駅、神戸市営地下鉄県庁前駅からほど近い閑静な場所にある「カウンセリング・オフィス岸井」。カウンセラーの岸井謙児さんの元には、不登校、発達障害などの悩みを抱える思春期から青年期の子どもたちや親が多数訪れています。...

岸井謙児プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

子供から大人まで長い経験からさまざまな悩みに対応します。

事務所名 : カウンセリング・オフィス岸井
住所 : 兵庫県神戸市中央区花隈町9-25 グランピア下山手通 002号室 [地図]
TEL : 090-1243-9646

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-1243-9646

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

岸井謙児(きしいけんじ)

カウンセリング・オフィス岸井

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
シンボリズムの森 ⑤ 「水-1」
イメージ

シンボリズムの森、第5回目は「水」。「水」について書き始めて、思わず「しまった!」。なぜなら「水」なんて...

[ シンボリズムの森 ]

シンボリズムの森 ④ 「花」のシンボリズム
イメージ

さて今回取り上げるのは「花」皆さんは「花」と言えば何を思い出しますか?赤や黄色やピンクのきれいな花畑を思...

[ シンボリズムの森 ]

シンボリズムの森①  シンボルって何?

さて、今日は最初にシンボルについて話をしたいと思います。あなたは夜「夢」を見ませんか?「将来の夢」とか...

[ シンボリズムの森 ]

シンボリズムの森 ② 「木」のシンボリズムについて
イメージ

さて5月6月と言えば新緑が目にまぶしい季節ですね。私もGW以降、いろいろな花や新緑を見に行きました。気持ち...

[ シンボリズムの森 ]

シンボリズムの森 ③ 「森」のシンボリズム
イメージ

さて前回「木」についてまとめましたが、シンボルというのはやはり様々な意味を多層に持ち合わせているものです。...

[ シンボリズムの森 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ