コラム

 公開日: 2015-06-10 

映画「明日、君がいない」:若者のリアルな姿を描いた作品

2006年のオーストラリアの映画ですが、大変重く、抱えきれない現実に押しつぶされそうになりながらもがいている若者たちの様子をドキュメンタリー風に本人たちのインタビューをはさみながら映画です。

明日君がいない

カバーにもあるように、ある日ある高校で、2時37分にある女生徒が校内で命を絶ちました。その時間に至るまでの周囲の高校生の1日を追っています。

周囲の高校生とは優等生のマーカスと両親の自分に対する扱いに不満を抱くメロディ(二人の間にはそれだけでく他人に言えない秘密がありました)。

スポーツマンで人イケメンのルーク、さらにルークと関係を持ちゲイに対する差別に悩みマリファナに手を出すショーン。
そして障害があるのでしょうか、片足を引きづりながら歩き、いじめを受けるスティーブン。

最後にもう一人、何が問題なのかはハッキリと描かれていないが大きな問題を抱えているらしいケリー。
それぞれの悩みをリアルに描きだします。

この映画の監督ムラーリ・K・タルリは、この映画を作り始めた時はなんと若干19歳だったと言うことです。そして現実でも監督は友人を自殺で失います。そのことにショックを受け半年後、自らも人生に絶望して自殺の道を選ぶんだそうですが、幸いにも一命を取り留め、その体験をもとに2年の歳月をかけて完成させたといいます。

ですからリアルに当時の若者の目線で描かれているし、非常に繊細な若者の揺れる心を描いています。

一つ一つを取り上げれば、いじめや同性愛差別や性的虐待等々とレッテルを貼られてしまいますが、現実には厳しい現実が錯綜しながら、その隙間を縫うように生き延びている若者たちがいることを忘れてはならないでしょうね。

興味がある方はゼヒ。
◇◇◇ 生きることは悩むこと
笑っているうちに思わず泣けてきました・・・・発達障害児の生き辛さを描いた漫画「ニトロちゃん」
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/47141/
よくぞ、ここまで障害とともに生きる親子の生き様を描いてくれた「海洋天童」
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/46709/
自閉症の青年を草なぎ剛が演じたドラマ「僕の歩く道」
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/45708/

思春期・青年期・大人の発達障害・不適応等ならオフィス岸井へ

カウンセリング・オフィス岸井⇒ホームページはこちらから
電話:090-1243-9646 (お電話の際、「マイベストプロを見た」とお伝えください!)

この記事を書いたプロ

カウンセリング・オフィス岸井 [ホームページ]

臨床心理士 岸井謙児

兵庫県神戸市中央区花隈町9-25 グランピア下山手通 002号室 [地図]
TEL:090-1243-9646

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

8

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
岸井 謙児(きしい けんじ)プロ

豊富な経験を生かし、相手に寄り添って希望を見出す手助けを(1/3)

JR・阪神元町駅、阪急花隈駅、神戸市営地下鉄県庁前駅からほど近い閑静な場所にある「カウンセリング・オフィス岸井」。カウンセラーの岸井謙児さんの元には、不登校、発達障害などの悩みを抱える思春期から青年期の子どもたちや親が多数訪れています。...

岸井謙児プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

子供から大人まで長い経験からさまざまな悩みに対応します。

事務所名 : カウンセリング・オフィス岸井
住所 : 兵庫県神戸市中央区花隈町9-25 グランピア下山手通 002号室 [地図]
TEL : 090-1243-9646

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-1243-9646

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

岸井謙児(きしいけんじ)

カウンセリング・オフィス岸井

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
JIJICOに最新記事をアップ! 「ネガティブな感情で自暴自棄にならないための3つの対処法」

突然、人ごみや電車の中で無差別に切りつけたり一方的な恨みで襲いかかる等、動機や背景の理解に苦しむ、まるで自...

[ JIJICO ]

シンボリズムの森 ⑫  水平のシンボリズム
イメージ

さて前回までは「上方ー下方」の方向性の持つ象徴的意味についてつらつらと書いてきましたが、今回は「水平の広が...

[ シンボリズムの森 ]

シンボリズムの森 ⑩  (上から)「下」へと向かう垂直軸のシンボリズム
イメージ

さて前回は「上へ」と向かう垂直方向のシンボリズムとして、理想や目的へと向かう精神性の意味があるということを...

[ シンボリズムの森 ]

シンボリズムの森 ⑨ 「上」へと向かう垂直軸のシンボリズム
イメージ

まずこの写真をご覧ください。曇天から差し込む陽光の「神々しさ」を感じられることでしょう。科学的に...

[ シンボリズムの森 ]

シンボリズムの森 ⑧ 「雨」
イメージ

さて前回まで「水」についてあれこれとまとめてきました。今回は丁度梅雨の季節ということで「雨」を取り上げてみ...

[ シンボリズムの森 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ