コラム

 公開日: 2015-05-13 

映画「息もできない」:暴力に支配された孤独な二つの魂の邂逅

少し前の映画ですが、大阪のある映画館でこれを見ました。
最初はあまり期待していなかったのですが、見終わった後、魂が震えると言うのはこんな感じか!?と言うぐらい感激して涙しました。

息もできない

韓国映画やドラマは、宮廷料理人を描いた「宮廷女官チャングムの誓い」とか「ホジュン」「チュオクの剣」「チュモン」「冬ソナ」あたりは見たことはありました。
でも恋愛ものやお涙ものが中心で、この手の映画は初めて見たので本当ににショックでした。

テーマはパッケージに「愛を知らない男と愛を夢見た女子高校生 傷ついた二つの魂の邂逅」とあるとおり、甘い恋愛ものではなく、まさしく傷ついた二人の人間がそれぞれの人生の中で出会う、その魂の交互作用を見せてくれる作品です。

こんなすごい映画をとる人もいるんだ。
実はこの主人公を演じるヤン・イクチュンさんが、初監督で撮った映画なのです。

とにかく見て頂きたい、としか言いようがないのですが、
タイトル「息もできない」に含まれた意味は何なのでしょうか?

「息」ってなんだろう?
「息もできない」ってどういう意味だろう?
「息をすること」はギリシャ後で「プシケー」と言います。
その「プシケー」という言葉の意味として、実は「魂」「こころ」など言う意味があるのです。

そこから考えると「息もできない」と言うことの意味は「魂が死んだような状態」のなのでは?

主人公のサンフンは、少年の頃、父親のドメスティック・バイオレンスで、愛する母と妹を死なせてしまったことが忘れられずに、大人になった今も父親に暴力を通して責め続けている。

またもう一人の主人公ヨニは、父親がベトナム戦争後の後遺症からか精神状態が不安定になり、
弟はそれを不満に暴力・非行へと走っていく。
そういう複雑な家庭状況にも関わらず必死で前向きに生きようとしている女子高校生ヨニ。

その「息もできない」ような暴力に支配された家庭状況や生育暦を抱えた二人の孤独な魂が、
ふとしたきっかけで出会い、絆を深めていく。
暴力を通してしか自分と言うまとまりを保てないサンフン。
そういうサンフンの哀しみを、見つめて寄り添うことしかできないヨニ。

そして副題にもあるように、「二人でいる時だけ、泣けた」のです。

専門用語を使えば、反社会性人格障害だとか、非虐待児だとかいろいろ言えるのでしょうが、
そんなことより、とにかく愛を求め、愛に迷い、愛に苦しむ二人の魂が見事にリアルに描かれています。
どうしようもない暴力は、悲しみや渇愛の表現なのです。

この映画を見てわたしは昔、ある人に教えてもらったことばを思い出しました。
最後にそれを紹介します。

「汝の哀しき性(さが)に 泣け!
 泣いて、泣いて、泣きぬけ!!」

◇◆◇◆ 「こころ」を描いたこんな映画もあります
ドキュメンタリー映画「徘徊」:認知症の母と娘の日々を描いた作品
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/50972/
ドキュメンタリー映画「パンク・シンドローム」:これは元気をもらえる映画ですよ!!
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/51036/
自閉症に対する無理解が引き起こした悲劇 「彼女の名はサビーヌ」
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/46192/

この記事を書いたプロ

カウンセリング・オフィス岸井 [ホームページ]

臨床心理士 岸井謙児

兵庫県神戸市中央区花隈町9-25 グランピア下山手通 002号室 [地図]
TEL:090-1243-9646

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
岸井 謙児(きしい けんじ)プロ

豊富な経験を生かし、相手に寄り添って希望を見出す手助けを(1/3)

JR・阪神元町駅、阪急花隈駅、神戸市営地下鉄県庁前駅からほど近い閑静な場所にある「カウンセリング・オフィス岸井」。カウンセラーの岸井謙児さんの元には、不登校、発達障害などの悩みを抱える思春期から青年期の子どもたちや親が多数訪れています。...

岸井謙児プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

子供から大人まで長い経験からさまざまな悩みに対応します。

事務所名 : カウンセリング・オフィス岸井
住所 : 兵庫県神戸市中央区花隈町9-25 グランピア下山手通 002号室 [地図]
TEL : 090-1243-9646

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-1243-9646

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

岸井謙児(きしいけんじ)

カウンセリング・オフィス岸井

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
映画「精神」:「病と共に生きる人」、そしてその彼らと共に生きる人
イメージ

今回取り上げた映画はこれ岡山県にある外来の精神科診療所「こらーる岡山」に通院するさまざまな人たち。...

[ 「こころ」を描いたこんな映画 ]

ADHDのライフハック<17>目からうろこ!全社員が発達障害者のオフィスがスゴイ!

世の中には色々な世界があるもので、今回紹介する会社は、社員のほぼ全員が発達障害者のオフィス。twitterで噂に...

[ ADD/ADHDの方のためのライフハック ]

ADD/ADHDの方のためのライフハック <2> ~ホワイトボードは役に立つ!~
イメージ

生活のライフハック(仕事術)を実践してみて報告しています。前回は、「To  Do List」を作ってみようというこ...

[ ADD/ADHDの方のためのライフハック ]

あなたへ贈るネットで見つけた感動秘話。「ママに優しくしてあげたくて生まれてきたんだからね」

ネットで色々な話を読ませてもらっていると、こんな素敵なお話しが。どうしてもあなたに紹介したくて引用させて...

[ ちょっと気になるあれやこれ ]

笑っているうちに思わず泣けてきました・・・・発達障害児の生き辛さを描いた漫画「ニトロちゃん」
イメージ

最近読んだ中でも、飛び切り印象に残ったのが、これ「ニトロちゃん」作者の沖田×華(おきたばっか)さんは、...

[ 発達障害を考える ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ