コラム

 公開日: 2015-05-08 

大切なことは絵本から学んだ <53> 「わたしは ひろがる」

今回紹介するのは「「わたしはひろがる」という絵本です。
この絵本の制作には色々とエピソードがあると言われます。

この絵本は岸 武雄先生と言われる原作者のの存在なしには語れませんが、
しかしそれについて長い話をするよりも、
絵本の原作のこのすばらしい詩の一部を紹介して、本の紹介に変えます。

その詩に、これ以上ないというぐらいぴったりとした絵を描かれた長谷川さんにも感謝です。

わたしは ひろがる

『わたしはひろがるー愛、平和、そして人間』

わたしは 小さいとき 
おやつのおかしが
弟より大きくないと おこった
ときには
ひっくりかえり、
足をばたばたさせて
わめいたこともある。
わたしが 世界のすべてであった
わたしが 世界のすべてであった

やがて わたしは
弟も わたしと同じように
大きいおかしをほしがっていることが
わかってきた。 
わたしは けんかしながらも、
同じように分けることをおぼえた
・・・(中略)・・・・
弟といっしょに おやつをたべると
分量のへることもあるが、
なんとなく たのしい。
こうして いつのまにか
わたしの中へ 弟がはいってきた
わたしの中へ 弟がはいってきた

わたしは お母さんが
いそがしそうに はたらいていても
いっこう 平気だった
いっこう 平気だった
ーうちのことは みんな
 お母さんの 仕事さ
と、思っていた。
・・・・(中略)・・・・
ある日
お母さんがあまりつらそうだったので、
「わたしも 手伝おうか。」
と 、声をかけた。
「まあ、おまえが・・・・・たすかるわ。」
お母さんは目をかがやかせた。
おかあさんといっしょに仕事をすると
わたしも たのしくなる
こうして いつのまにか
わたしの中へ お母さんが入ってきた
わたしの中へ お母さんが入ってきた

・・・・(中略)・・・・
ああ、 わたしは たったひとりなのに
むねの中の わたしは
弟も 養護の子も
原爆でたおれた子も
アフリカの子も 山のけだものたちまでふくめて

ひろがる ひろがる・・・・・・。


かなり割愛しました。
実はこの長編の詩の中の「わたし」は
「養護の子(知的障がいの友達)」
「内心ばかにしていた友達」
「原爆でたおれた子」
「アフリカのがりがりにやせた子たち」
「(人間が山を開発したために)食べるものがなくなって村に出没して被害を及ぼすサルたち」
にまで思いを広げ、すべての生けとし生けるものの立場を、
相手の身になって理解できるようになる小学校の女の子。

その胸の中の自分の世界の広がりを

「わたしはひろがる」

と目をつぶって自分に語りかけている、という絵本なのでした。

あぁ、成長するということは、こういう風に「自分がひろがっていく」という感覚なんだな、と思わされました。
思わず「いいなぁ~子どもは可能性がたくさんあって」とさえも。

私のような歳になっても、まだ自分はひろがるかしらん?
いや、ひろがる可能性は少なくなっても、
奥行きがでてくるかしらん?などと、つい自分を振り返ってみてしまう「わたし」でした。

*なお、全文を読みたい方は、面倒でなければネットで探してみて下さい。
  結構、全文引用されているサイトもあります。

この記事を書いたプロ

カウンセリング・オフィス岸井 [ホームページ]

臨床心理士 岸井謙児

兵庫県神戸市中央区花隈町9-25 グランピア下山手通 002号室 [地図]
TEL:090-1243-9646

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

6

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
岸井 謙児(きしい けんじ)プロ

豊富な経験を生かし、相手に寄り添って希望を見出す手助けを(1/3)

JR・阪神元町駅、阪急花隈駅、神戸市営地下鉄県庁前駅からほど近い閑静な場所にある「カウンセリング・オフィス岸井」。カウンセラーの岸井謙児さんの元には、不登校、発達障害などの悩みを抱える思春期から青年期の子どもたちや親が多数訪れています。...

岸井謙児プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

子供から大人まで長い経験からさまざまな悩みに対応します。

事務所名 : カウンセリング・オフィス岸井
住所 : 兵庫県神戸市中央区花隈町9-25 グランピア下山手通 002号室 [地図]
TEL : 090-1243-9646

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-1243-9646

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

岸井謙児(きしいけんじ)

カウンセリング・オフィス岸井

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
シンボリズムの森 ➆ 「水ー3」
イメージ

さて「水」のシンボリズムについてつらつら考えてきたら、なんと3回目になってしまいました。それだけ「水」と...

[ シンボリズムの森 ]

シンボリズムの森 ⑥ 「水ー2」
イメージ

しまった、厄介なものを取り上げてしまった、と思いつつ、「水」の第2回目。「水」なんて普遍的なものは、た...

[ シンボリズムの森 ]

シンボリズムの森 ⑤ 「水-1」
イメージ

シンボリズムの森、第5回目は「水」。「水」について書き始めて、思わず「しまった!」。なぜなら「水」なんて...

[ シンボリズムの森 ]

シンボリズムの森 ④ 「花」のシンボリズム
イメージ

さて今回取り上げるのは「花」皆さんは「花」と言えば何を思い出しますか?赤や黄色やピンクのきれいな花畑を思...

[ シンボリズムの森 ]

シンボリズムの森①  シンボルって何?

さて、今日は最初にシンボルについて話をしたいと思います。あなたは夜「夢」を見ませんか?「将来の夢」とか...

[ シンボリズムの森 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ