コラム

 公開日: 2015-03-07 

ちょっといい言葉<77> W・ジェームスはこう言った「苦しいから逃げるのではなく・・・・」

「苦しいから逃げるのではなく、逃げるから苦しいのだ」
アメリカの心理学者、ウィリアム・ジェームスさんの言葉。

え?聞いたことない名前だって??
でもこの言葉なら知っているのでは?
「悲しいから泣くのではなく、泣くから悲しいのだ」

ウィリアムジェームスさんはこんな人。
uウィリアム・ジェームス
立派なお髭ですね(^^;)

彼の言葉は、まだまだあります。
「人は幸福だから笑うのではなく、笑うから幸福になるのだ」なんてのも。

中でも人生哲学を感じさせてくれるのが、冒頭の言葉です。

あなたは夜に見る夢のなかで、何かに追いかけられる夢を見たことはありませんか?
逃げても逃げても追いかけてくる。
いやむしろ、逃げるから追いかけてくるのです。

そんな時の解決方法はただ一つ。
逃げずに、立ち止まり、
そして振り向いて、自分を追いかけてくるものと向き合う、それしかありません。

逃げるから苦しいのです。
自分を追い詰める状況と、
きちんとと向き合う覚悟が定まっていないから、苦しいのです。

この名言に興味を持たれたら、次のような言葉もどうぞ!
ちょっといい言葉<75> 「幸せになりたいならば・・・・」
ちょっといい言葉<72> 漱石先生は言った・・「むやみにあせ
ちょっといい言葉<69> 「自分を変える必要はない。機嫌を変
ちょっといい言葉 <65> この人の、人生を語ることばに嘘は
ちょっといい言葉 61 マーフィーは言った・・ 「気をつけな

この記事を書いたプロ

カウンセリング・オフィス岸井 [ホームページ]

臨床心理士 岸井謙児

兵庫県神戸市中央区花隈町9-25 グランピア下山手通 002号室 [地図]
TEL:090-1243-9646

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
岸井 謙児(きしい けんじ)プロ

豊富な経験を生かし、相手に寄り添って希望を見出す手助けを(1/3)

JR・阪神元町駅、阪急花隈駅、神戸市営地下鉄県庁前駅からほど近い閑静な場所にある「カウンセリング・オフィス岸井」。カウンセラーの岸井謙児さんの元には、不登校、発達障害などの悩みを抱える思春期から青年期の子どもたちや親が多数訪れています。...

岸井謙児プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

子供から大人まで長い経験からさまざまな悩みに対応します。

事務所名 : カウンセリング・オフィス岸井
住所 : 兵庫県神戸市中央区花隈町9-25 グランピア下山手通 002号室 [地図]
TEL : 090-1243-9646

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-1243-9646

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

岸井謙児(きしいけんじ)

カウンセリング・オフィス岸井

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
JIJICOに最新記事をアップ! 「ネガティブな感情で自暴自棄にならないための3つの対処法」

突然、人ごみや電車の中で無差別に切りつけたり一方的な恨みで襲いかかる等、動機や背景の理解に苦しむ、まるで自...

[ JIJICO ]

シンボリズムの森 ⑫  水平のシンボリズム
イメージ

さて前回までは「上方ー下方」の方向性の持つ象徴的意味についてつらつらと書いてきましたが、今回は「水平の広が...

[ シンボリズムの森 ]

シンボリズムの森 ⑩  (上から)「下」へと向かう垂直軸のシンボリズム
イメージ

さて前回は「上へ」と向かう垂直方向のシンボリズムとして、理想や目的へと向かう精神性の意味があるということを...

[ シンボリズムの森 ]

シンボリズムの森 ⑨ 「上」へと向かう垂直軸のシンボリズム
イメージ

まずこの写真をご覧ください。曇天から差し込む陽光の「神々しさ」を感じられることでしょう。科学的に...

[ シンボリズムの森 ]

シンボリズムの森 ⑧ 「雨」
イメージ

さて前回まで「水」についてあれこれとまとめてきました。今回は丁度梅雨の季節ということで「雨」を取り上げてみ...

[ シンボリズムの森 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ