コラム

 公開日: 2015-01-07 

LINEをどう切り上げるか、こんな方法もあるらしい! <1>


「愛子さまは学校から東宮御所に戻られると、『LINE』をよくなさっているようです。時には夜中までおやりになることもあり、お友達たちも返すのが大変みたいで…。お友達のママの中には“愛子さまは遅刻しても大丈夫だけど、うちの子は遅刻できないから夜中までLINEをさせられない。でも、愛子さまのLINEはスルーできないし”なんて悩んでいる人たちもいるそうです」(学習院関係者)

こんな記事が女性週刊誌に載っていたらしいですが、その真偽のほどはともかく、
今の若者の悩みの一つであることは確かなようです。

皆さんはどうしていますか?

大学生を中心とした若者対象にしたアンケートで
「LINEの切り上げ方」について、
色々と皆さんの工夫や生の声が聞こえてきました。

それをいくつか紹介すると

それとなく予定を告げる

1)ちょっと忙しいので、と予定を告げて切り上げる
  「『トイレに行く』と言って切り上げる」
  「これからやることを宣言する。『明日早いから』、『勉強をするから』、『寝る』など」
  「『バイト行ってくるね』と回避できないことを言って終わらせる」

なるほど、これは自然だし、相手も納得するかもしれませんね。
ただ、いつもいつも同じ手では怪しまれるかも。
「バッテリーが切れそうと嘘をついて切る」なんて回答もありましたよ。
みなさん、いろいろ工夫しているんだ。

それとなく相手に気づかせる

2)これはもうちょっと気が弱い人向けの切り上げ方
  「スタンプなどを用いて返事を返しにくい内容にする」
  「寝ぼけたふりをして関係のないスタンプを送り、『ごめん、眠くて』とキッカケをつくる」
  「『だらだら続いてるね笑』と正直に言って、向こうから『もう切ろうか』と返信が来るまで待つ」

相手がなんとなく気が付くのを待つ、というスタンスでしょうか。
相手から「もう切ろうか」と言わせるなんて、高等テクニックですね。

少々手荒いですが・・・

3)少々手荒いですが、こんなやり方も。
 「既読をつけずに放っておく」
 「しばらくログインなどしなければ、相手も諦めるだろうと勝手に想像する」
 「『うん』だけなど、相手が返しにくいような返信をする」
 「話の区切りがついたところで、『おやすみ』とか『また明日ね』と言って無理やり終わらせる」

これはちょっと力技っぽいですが、時には仕方がないかも。

皆さんいろいろと苦労してるんですね。
こういう苦労をさせないためにも、中高生のスマホやLINEの制限時間を決めている市町村もあります。
その方が助かるという声もあるようですね。

あなたはどんな方法で切り上げていますか?

☆☆☆☆☆☆☆うつ・発達障害・不登校・不適応等のお悩みに☆☆☆☆☆☆
       【カウンセリング・オフィス岸井】
JR・阪神「元町」阪急「花隈」神戸市営地下鉄「県庁前」駅からいずれも徒歩5分
              ☆初回面接は無料です☆
  電話:090-1243-9646  メールはHPから

この記事を書いたプロ

カウンセリング・オフィス岸井 [ホームページ]

臨床心理士 岸井謙児

兵庫県神戸市中央区花隈町9-25 グランピア下山手通 002号室 [地図]
TEL:090-1243-9646

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
岸井 謙児(きしい けんじ)プロ

豊富な経験を生かし、相手に寄り添って希望を見出す手助けを(1/3)

JR・阪神元町駅、阪急花隈駅、神戸市営地下鉄県庁前駅からほど近い閑静な場所にある「カウンセリング・オフィス岸井」。カウンセラーの岸井謙児さんの元には、不登校、発達障害などの悩みを抱える思春期から青年期の子どもたちや親が多数訪れています。...

岸井謙児プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

子供から大人まで長い経験からさまざまな悩みに対応します。

事務所名 : カウンセリング・オフィス岸井
住所 : 兵庫県神戸市中央区花隈町9-25 グランピア下山手通 002号室 [地図]
TEL : 090-1243-9646

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-1243-9646

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

岸井謙児(きしいけんじ)

カウンセリング・オフィス岸井

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
映画「精神」:「病と共に生きる人」、そしてその彼らと共に生きる人
イメージ

今回取り上げた映画はこれ岡山県にある外来の精神科診療所「こらーる岡山」に通院するさまざまな人たち。...

[ 「こころ」を描いたこんな映画 ]

ADHDのライフハック<17>目からうろこ!全社員が発達障害者のオフィスがスゴイ!

世の中には色々な世界があるもので、今回紹介する会社は、社員のほぼ全員が発達障害者のオフィス。twitterで噂に...

[ ADD/ADHDの方のためのライフハック ]

ADD/ADHDの方のためのライフハック <2> ~ホワイトボードは役に立つ!~
イメージ

生活のライフハック(仕事術)を実践してみて報告しています。前回は、「To  Do List」を作ってみようというこ...

[ ADD/ADHDの方のためのライフハック ]

あなたへ贈るネットで見つけた感動秘話。「ママに優しくしてあげたくて生まれてきたんだからね」

ネットで色々な話を読ませてもらっていると、こんな素敵なお話しが。どうしてもあなたに紹介したくて引用させて...

[ ちょっと気になるあれやこれ ]

笑っているうちに思わず泣けてきました・・・・発達障害児の生き辛さを描いた漫画「ニトロちゃん」
イメージ

最近読んだ中でも、飛び切り印象に残ったのが、これ「ニトロちゃん」作者の沖田×華(おきたばっか)さんは、...

[ 発達障害を考える ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ