コラム

 公開日: 2015-01-04  最終更新日: 2015-01-06

どうして、こんな番組がどうして笑い声とともに放映されるのか(怒)

無事何事もなく年が明け、もはや数日が過ぎてしまいました。
もちろん正月を迎えたからと言って、特別自分がすぐに成長するわけもなく、
さてこれから自分はどんな1年を送るのかしらという多少のワクワク感で
のんびりとテレビを見ながら過ごしている今日この頃です。

ところが、のんびりとテレビを見ていた私は、
ある番組の内容に猛烈に腹が立っていやぁ~な気持ちに襲われたのです。

正月番組と言えば、多くはお笑い芸人の方々の出番です。
私もそれを見ながらのんびりしていたのですが、次第に見て居られなくなりました。
内容は、芸人の中であまり大きなリアクションを見せない、
どちらかというと地味な方にリアクションを仕込もうという内容でした。

それだけなら別にいいのですが、その内容が、「熱湯風呂」から始まって色々と見ようによっては「エゲツナイ」内容を体験させてそのリアクションンを引き出す、というもの。

それがどう見ても「いじめ」にしか見えない。
嫌がる相手を「エゲツナイ」状況に追い込んで苦しむ様子を見て笑う、と言うもの。

私はどう見ても面白いとは思えなかった。
もちろん先輩芸人が後輩に「無茶振り」をして困った様子を楽しんだり、
困った様子を上手に演じて失笑をさそうというのは
芸人さんとしては「おいしい」状況なのでしょう。

テレビに出たり、観客の注目を浴びるには、
自虐ネタや「無茶振られ」を笑いに変える余裕も見せなくてはいけないのでしょう。
しかし、あのような状況を番組として企画したテレビの制作者の方々の頭の中に、
その様子を見ている子どもたちのことは浮かばなかったのでしょうか?

以前、難病の寄付を目的に氷水をかぶるというイベントが流行しました。
あれも最初は面白がっていたのですが、
次第に私が心配していた通り、だんだん意図が失われていって、
いつしか「泥水」をわざと頭からかぶらせたりするような「いじめ」になって行ったことを思い出しました。

こんなことを考えている私は頭が固すぎるのだろうか?
いや日々周囲の仲間たちからいじめられたり、
苦しい思いを胸に溜め続けて居る子どもたちと接している立場からすれば、
「熱湯風呂」無理に飛び込ませて(その芸人さんの持ちネタではないのです)、
笑い転げる番組には、「怒り」しか覚えませんでした。

☆☆☆☆☆☆☆うつ・発達障害・不登校・不適応等のお悩みに☆☆☆☆☆☆
       【カウンセリング・オフィス岸井】
JR・阪神「元町」阪急「花隈」神戸市営地下鉄「県庁前」駅からいずれも徒歩5分
              ☆初回面接は無料です☆
  電話:090-1243-9646  メールはHPから

この記事を書いたプロ

カウンセリング・オフィス岸井 [ホームページ]

臨床心理士 岸井謙児

兵庫県神戸市中央区花隈町9-25 グランピア下山手通 002号室 [地図]
TEL:090-1243-9646

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
岸井 謙児(きしい けんじ)プロ

豊富な経験を生かし、相手に寄り添って希望を見出す手助けを(1/3)

JR・阪神元町駅、阪急花隈駅、神戸市営地下鉄県庁前駅からほど近い閑静な場所にある「カウンセリング・オフィス岸井」。カウンセラーの岸井謙児さんの元には、不登校、発達障害などの悩みを抱える思春期から青年期の子どもたちや親が多数訪れています。...

岸井謙児プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

子供から大人まで長い経験からさまざまな悩みに対応します。

事務所名 : カウンセリング・オフィス岸井
住所 : 兵庫県神戸市中央区花隈町9-25 グランピア下山手通 002号室 [地図]
TEL : 090-1243-9646

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-1243-9646

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

岸井謙児(きしいけんじ)

カウンセリング・オフィス岸井

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
シンボリズムの森 ⑥ 「水ー2」
イメージ

しまった、厄介なものを取り上げてしまった、と思いつつ、「水」の第2回目。「水」なんて普遍的なものは、た...

[ シンボリズムの森 ]

シンボリズムの森 ⑤ 「水-1」
イメージ

シンボリズムの森、第5回目は「水」。「水」について書き始めて、思わず「しまった!」。なぜなら「水」なんて...

[ シンボリズムの森 ]

シンボリズムの森 ④ 「花」のシンボリズム
イメージ

さて今回取り上げるのは「花」皆さんは「花」と言えば何を思い出しますか?赤や黄色やピンクのきれいな花畑を思...

[ シンボリズムの森 ]

シンボリズムの森①  シンボルって何?

さて、今日は最初にシンボルについて話をしたいと思います。あなたは夜「夢」を見ませんか?「将来の夢」とか...

[ シンボリズムの森 ]

シンボリズムの森 ② 「木」のシンボリズムについて
イメージ

さて5月6月と言えば新緑が目にまぶしい季節ですね。私もGW以降、いろいろな花や新緑を見に行きました。気持ち...

[ シンボリズムの森 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ