コラム

 公開日: 2014-12-09  最終更新日: 2016-07-30

一人で苦しまないで・・・ 「カサンドラ症候群」とは!? <2>

カサンドラ症候群とは、アスペルガー症候群などの自閉スペクトラム症のパートナーと一緒に暮らす方々の陥りやすい状態を示した言葉です。正式な精神疾患名ではなく、最近よく使われ始めた言葉です。

前回もお話しした通り、ギリシャ神話で予言能力を授かった女性カサンドラは、自分を愛してくれるアポロンがいずれ自分を裏切ることになるという未来を予知してしまいます。
そのためカサンドラはアポロンを拒絶することになるのですが、怒ったのはアポロン。

怒りのあまり、カサンドラに「周囲の人が彼女の言葉を信じなくなる」呪いをかけたのでした。ですからカサンドラがいくらアポロンの真の姿を周囲に訴えても、周囲の人は「アポロンがそんなことをするはずがない」と信じてもらえないのでした。

さて、この話をここまですると、「そうなんです。私も彼の(彼女の)家庭での本当の姿を訴えても、誰にも信じてもらえないんです」とおっしゃる方がいるのではないでしょうか?

もちろん色々な事情がお蟻でしょうが、この「カサンドラ症候群」と呼ばれる状態に関して言えば、
「家庭での彼(彼女)の対人的なコミュニケーションや生活のトラブルについて、いくら周囲に訴えてもわかってもらない」ということを意味します。

自閉スペクトラム症の方々は、さまざまな特性を持っていらっしゃいますが、その現れ方も人によって違います。
その中で特に会社や組織で、ス化ジュール通り、マニュアル通りにきちんと仕事をこなされている方がも沢山いらっしゃいます。

ところが家庭では、会社や仕事のようにいつも秩序だった環境があるわけもなく、むしろ人間的な触れ合いや関係を感じながら、その場その場で相手の気持ちに添って配慮しながら、毎日を過ごすことがほとんどですね。
この「その場その場で」とか「臨機応変に」「柔軟に相手の気持ちに配慮しながら」というのが自閉スペクトラム症の方々はとても苦手なのです。

ですから会社では有能な方でも、家庭に戻ると、家族とさまざまな軋轢やいざこざを起こしてしまう方が多いのではないでしょうか。

この会社での有能なサラリーマン・技術者の姿と家庭での姿の違いを一番良く知っているのは、なんといってもトラブルの片一方の当事者である配偶者になりますよね。

同時にその様子をいくら訴えても、家庭での様子を知らない方々には、なかなか信じてもらえない。
「あんなにやさしそうで、几帳面で、真面目な人になんで不満をもつの?」なんて逆に言われたりすることも。

この状態が、いわゆる「カサンドラ」状態なわけです。
この「誰にもわかってもらない」苦しみを抱えながら、日々を過ごされている方々が最近本当に増えてきています。

私のところにも良くお見えになります。
一人で苦しむことになりがちの「カサンドラ症候群」。
行き詰まってしまう前に、あなたのお話しをお聞かせください。

この記事を書いたプロ

カウンセリング・オフィス岸井 [ホームページ]

臨床心理士 岸井謙児

兵庫県神戸市中央区花隈町9-25 グランピア下山手通 002号室 [地図]
TEL:090-1243-9646

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

9

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
岸井 謙児(きしい けんじ)プロ

豊富な経験を生かし、相手に寄り添って希望を見出す手助けを(1/3)

JR・阪神元町駅、阪急花隈駅、神戸市営地下鉄県庁前駅からほど近い閑静な場所にある「カウンセリング・オフィス岸井」。カウンセラーの岸井謙児さんの元には、不登校、発達障害などの悩みを抱える思春期から青年期の子どもたちや親が多数訪れています。...

岸井謙児プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

子供から大人まで長い経験からさまざまな悩みに対応します。

事務所名 : カウンセリング・オフィス岸井
住所 : 兵庫県神戸市中央区花隈町9-25 グランピア下山手通 002号室 [地図]
TEL : 090-1243-9646

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-1243-9646

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

岸井謙児(きしいけんじ)

カウンセリング・オフィス岸井

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
人は「物語」によって、辛い「現実」を自分なりに受け入れるのだ・・・映画「怪物はささやく」

大変興味をもちながらも、いろいろ忙しくて時間が合わずに見に行けなかった映画「怪物はささやく」。ようやっと先...

[ 「こころ」を描いたこんな映画 ]

久しぶりのJIJICOのコラムです。テーマは「体罰の現状について」
イメージ

マイベストプロの専門家による時事コラムJIJICOに久しぶりに記事を載せていただきました。内容は「体罰の現状に...

[ JIJICO ]

ストレスから身を守るためには・・・・・遊びが一番!?

5月に入りました。GWも過ぎ、いよいよ本格的に始動!という時期ですが、学生・社会人を問わず新しい環境や職場に置...

[ こころの散歩道 ]

映画「ぼくと魔法の言葉たち」 喜びと悲しみはディズニーアニメとともに

今日紹介する映画はこれ少し前に見た映画ですが、今でも上映しているかなぁ?2歳になって突然言葉を失...

[ 「こころ」を描いたこんな映画 ]

春に想う
イメージ

久しぶりの記事の更新です。初夏のお天気が続きますが、みなさんお元気ですか?この時期、木々の緑を見ているとな...

[ こころの散歩道 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ