コラム

 公開日: 2014-10-18 

漂流する不登校児が 「自分の居場所を確認するために必要なもの」とは?

不登校状態の子どもたちと接していると、時々「まるで大海原を漂流しているような状態だな」と感じる時があります。
つまり、まず今の自分のいるところがどこなのか、はっきりしない。
また自分はどこへ向かおうとしているのか、
そしてその目的地へたどり着くためにはどうかじを取れば良いのか、がはっきりしない状態です。

もし自分がこういう状態ならば一体何を必要とすると思いますか?

それは子どもたちが箱庭やコラージュなどで表してくれるもので気づかされます。
彼らは言葉で自分の気持ちを表現できない代わりに、イメージや象徴で見事に自分を表現してくれるのです。

そして大海原を漂流している彼らが時に自分に必要なものを表してくれるイメージは・・・

「地図」なのです。



なぜ地図が必要なのか?
それは私たちが彼らの身になって気持ちを共体験すればわかります。
つまり「今自分がどこに居るのか」
そして「今後どこに目的地を定めれば良いのか」
さらにそのために「どういうルートをたどれば良いのか」をすべて教えてくれるからです。

実際に私の会っているA子さんは画用紙に世界地図を書いています。
B君は箱庭で「地球儀」を置きました。
彼らの不安な気持ちや見通しの持てない、なんとも言えない不全感が良く伝わってきました。

では、彼らはなぜ地図が必要なのでしょうか?
地図で自分の居場所を確認するという作業は、現実的にはどういう作業とつながっているのでしょうか?

それについてはまた明日。

この記事を書いたプロ

カウンセリング・オフィス岸井 [ホームページ]

臨床心理士 岸井謙児

兵庫県神戸市中央区花隈町9-25 グランピア下山手通 002号室 [地図]
TEL:090-1243-9646

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
岸井 謙児(きしい けんじ)プロ

豊富な経験を生かし、相手に寄り添って希望を見出す手助けを(1/3)

JR・阪神元町駅、阪急花隈駅、神戸市営地下鉄県庁前駅からほど近い閑静な場所にある「カウンセリング・オフィス岸井」。カウンセラーの岸井謙児さんの元には、不登校、発達障害などの悩みを抱える思春期から青年期の子どもたちや親が多数訪れています。...

岸井謙児プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

子供から大人まで長い経験からさまざまな悩みに対応します。

事務所名 : カウンセリング・オフィス岸井
住所 : 兵庫県神戸市中央区花隈町9-25 グランピア下山手通 002号室 [地図]
TEL : 090-1243-9646

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-1243-9646

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

岸井謙児(きしいけんじ)

カウンセリング・オフィス岸井

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
あなたは悪くない
イメージ

あなたは悪くない。あなたのせいではない。あの人を救えなかった、変えられなかったのは、あなたの努力不足だ...

[ こころの散歩道 ]

中高生の自殺が平成に入って最多に。私に、そしてあなたに何ができるか?
イメージ

自殺総数が8年連続で減少する中、中高生の自殺が平成に入って最多になったというショッキングな統計が厚生労働省か...

[ JIJICO ]

私は悪くない
イメージ

親は子供に自分がかなえられなかった夢を託すものだ。自分がダメな人間だと思えば思うほど、その反対のイメージを...

[ こころの散歩道 ]

大切なことは絵本から学んだ<133> 私たちはどこからきてどこへ向かうのか 「みち」
イメージ

今回取り上げる絵本は阿部海太さんの「みち」タイトルと表紙の絵を観るだけで、この絵本が伝わってくるよ...

[ 大切なことは絵本から学んだ ]

ちょっといい言葉 47 ゲシュタルトセラピーの創始者パールズの人生の言葉
イメージ

 ゲシュタルトの祈り 「私は私のことをなし、 あなたはあなたのことをなす   私がこの世にあって生き...

[ ちょっといい言葉 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ