コラム

 公開日: 2014-09-12 

自閉症の妹へ注ぐ、愛と葛藤のまなざし・・・「ちづる」

立教大現代心理学部映像身体学科卒業の赤崎正和さんが監督したドキュメンタリー「ちづる」。

自身の卒業制作として企画されたこの映画は、
“知的障害と自閉症をもった赤崎の妹・千鶴とその母を1年にわたり撮り続けた、みずみずしくも優しい家族の物語である”
とジャケットにも書かれていますが、その通り「千鶴さん」をテーマにしながらも、その家族の在り様を描いた作品でした。

「兄として」そして「障害者の家族として」

もちろん家族の中には、ちづるさんご本人とお兄さんである正和さんご本人も含まれています。
ですから、この作品を作り公開したということ自体、正和さん自身の「兄としての」生き方が表されているのです。

このことは自閉症だけでなく、他のさまざまな障害児のご家族にも言えることですが、障害とともに生きるご本人にどう関わるか、と同時に、障害児者の家族の一員として社会にどう関わっていくか、という課題は大変重いテーマでもあると思います。

一昔前であれば、古いお屋敷には座敷牢のようなところがあって、そこに障害児者を囲い社会から孤絶させていた時代もありました。今でももしかしたら同様な地域もあるかもしれません。

しかし障害と言うものが単に個人の能力や機能面の問題ではなく、それをサポートする社会的な環境の問題でもあると考えられている現代では、障害児者やそのご家族が、当たり前のこととして社会の中へ参入できる環境を整えるか、がテーマになってきています。

ただ、たとえ社会的なサポートがあったとしても、やはり「家族」であるという立場は周囲の人々とは異なる葛藤や不安に悩まされざるを得ないことは確かです。
理屈や理論で福祉を語ることと、ご自分の人生の問題としてご家族と葛藤していくこととは全く異なると思います。

そういうさまざまなことを感じさせ、考えさせてくれたドキュメンタリー作品でした。

「うんうん、わかるわかる」とうなずき合った友人との出会い

最後に、この映画の監督でもあり、「ちづるさん」の鬼でもある赤崎正和さんが紹介してくれているエピソードを書き記します。

大学のサークル仲間と卒業祝いの飲み会をしたあと、帰りの電車の中で楽しい話をしていた友人が急に黙り込んでしまったのです。

“急に彼女は黙り込んでしまったのです。

そして思い切って自分の兄も自閉症であることを打ち明けてくれました。
誰にも兄のことは話さないでこのまま卒業しようと思っていたけど、「ちづる」を観て、僕にはどうしても話しておきたかった、と目を潤ませながら言ってくれました。

それからお互いのきょうだいのことを「うんうん、わかるわかる」とうなずき合いながら楽しく話すことができました。
別れ際に彼女は、こうして人に話すことができたから、他の友だちのみんなにも少しずつ話してみようと思う、と笑顔で爽やかに言いました。

僕はそれを聞いて涙が出そうなくらい嬉しくなりました。”

この記事を書いたプロ

カウンセリング・オフィス岸井 [ホームページ]

臨床心理士 岸井謙児

兵庫県神戸市中央区花隈町9-25 グランピア下山手通 002号室 [地図]
TEL:090-1243-9646

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
岸井 謙児(きしい けんじ)プロ

豊富な経験を生かし、相手に寄り添って希望を見出す手助けを(1/3)

JR・阪神元町駅、阪急花隈駅、神戸市営地下鉄県庁前駅からほど近い閑静な場所にある「カウンセリング・オフィス岸井」。カウンセラーの岸井謙児さんの元には、不登校、発達障害などの悩みを抱える思春期から青年期の子どもたちや親が多数訪れています。...

岸井謙児プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

子供から大人まで長い経験からさまざまな悩みに対応します。

事務所名 : カウンセリング・オフィス岸井
住所 : 兵庫県神戸市中央区花隈町9-25 グランピア下山手通 002号室 [地図]
TEL : 090-1243-9646

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-1243-9646

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

岸井謙児(きしいけんじ)

カウンセリング・オフィス岸井

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
人は「物語」によって、辛い「現実」を自分なりに受け入れるのだ・・・映画「怪物はささやく」

大変興味をもちながらも、いろいろ忙しくて時間が合わずに見に行けなかった映画「怪物はささやく」。ようやっと先...

[ 「こころ」を描いたこんな映画 ]

久しぶりのJIJICOのコラムです。テーマは「体罰の現状について」
イメージ

マイベストプロの専門家による時事コラムJIJICOに久しぶりに記事を載せていただきました。内容は「体罰の現状に...

[ JIJICO ]

ストレスから身を守るためには・・・・・遊びが一番!?

5月に入りました。GWも過ぎ、いよいよ本格的に始動!という時期ですが、学生・社会人を問わず新しい環境や職場に置...

[ こころの散歩道 ]

映画「ぼくと魔法の言葉たち」 喜びと悲しみはディズニーアニメとともに

今日紹介する映画はこれ少し前に見た映画ですが、今でも上映しているかなぁ?2歳になって突然言葉を失...

[ 「こころ」を描いたこんな映画 ]

春に想う
イメージ

久しぶりの記事の更新です。初夏のお天気が続きますが、みなさんお元気ですか?この時期、木々の緑を見ているとな...

[ こころの散歩道 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ