コラム

 公開日: 2014-09-09 

よくぞ、ここまで障害とともに生きる親子の生き様を描いてくれた「海洋天童」


この映画は何度見ても、本当に涙が出てきます。
と言っても感動の涙とか、哀しみの涙ではありません。そうではなく「よくぞ、ここまで障害とともに生きる人たちとその親の生き様をリアルに描いてくれたものだ!」という感謝の涙です。

監督のシュエ・シャオルーさんについて

私は仕事柄、障害とともに生きる子どもたちやその親御さんと関わることが多くあります。
もちろんそれは第3者として関わるだけであり、実際に私の子どもが障害とともに生きているというわけではないので、あくまでも間接的な経験でしかないのですが、それでもこの映画を見ると監督のシュエ・シャオルーさんの実にリアルで真正面から見つめるまなざしを感じてしまうのです。

それもそのはずシュエ・シャオルー監督は北京大学在学中から14年にわたって自閉症の人たちへのボランティア活動を続けていると言う方なのです。
そしてその監督の書いた脚本に感動したカンフー映画で有名なジェット・リーさんが、父親役をノー・ギャラで引き受けてくれ、さらにわが日本の久石譲さんが音楽を担当されています。

“平凡にして偉大なるすべての父と母へ”

ストーリーはネタばれしない程度でいえば、知的障害と自閉症の重複障害とともに生きる主人公、大福(ターフー)とその父親の心誠(シンチョン)との親子愛と現実の厳しさを軸に展開します。

最初のカットが、海の上に浮かぶ二人が足にロープを結びつけ、その先には錘を結びつけるところから始まります。しかしその心中は失敗に終わり、そこから二人の現実の生活が展開していきます。

父親のシンチョンは末期がんで死を覚悟せざるを得なくなり、残された息子のこれからをどうすれば良いのか、いろいろ手を尽くすのですが、なかなか受け入れてくれる施設も見つかりません。

自分の死後も生きていかなければならない息子が少しでも自立した生活ができるように、お金の使い方やバスの乗り降りの方法、簡単な食事の作り方、仕事の技術等々を愛情をこめてしかし厳しく教えていくのです。

このあたりの情景が、障害とともに生きる子どもたちとその親の切実なこころをそのまま引き写しています。そして当然のことながら、大人になったタイフーの恋愛感情も織り成して、一人の人間として生きていくさまざまな情景を誠実なまなざしで描いてくれます。

最初に私は「障害とともに生きる人たちとその親の生き様をリアルに描いてくれた」と書きましたが、ドキュメンタリーではないので、当然リアルさだけでなく、ファンタジーの要素もたくさんあり、そのブレンド具合が絶妙、と言う印象を受けました。
もしよろしければ一度ごらんになって下さい。

最後にこの映画のエンディングにはこういう文章が書かれていました。

“平凡にして偉大なるすべての父と母へ”

この記事を書いたプロ

カウンセリング・オフィス岸井 [ホームページ]

臨床心理士 岸井謙児

兵庫県神戸市中央区花隈町9-25 グランピア下山手通 002号室 [地図]
TEL:090-1243-9646

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
岸井 謙児(きしい けんじ)プロ

豊富な経験を生かし、相手に寄り添って希望を見出す手助けを(1/3)

JR・阪神元町駅、阪急花隈駅、神戸市営地下鉄県庁前駅からほど近い閑静な場所にある「カウンセリング・オフィス岸井」。カウンセラーの岸井謙児さんの元には、不登校、発達障害などの悩みを抱える思春期から青年期の子どもたちや親が多数訪れています。...

岸井謙児プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

子供から大人まで長い経験からさまざまな悩みに対応します。

事務所名 : カウンセリング・オフィス岸井
住所 : 兵庫県神戸市中央区花隈町9-25 グランピア下山手通 002号室 [地図]
TEL : 090-1243-9646

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-1243-9646

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

岸井謙児(きしいけんじ)

カウンセリング・オフィス岸井

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
人は「物語」によって、辛い「現実」を自分なりに受け入れるのだ・・・映画「怪物はささやく」

大変興味をもちながらも、いろいろ忙しくて時間が合わずに見に行けなかった映画「怪物はささやく」。ようやっと先...

[ 「こころ」を描いたこんな映画 ]

久しぶりのJIJICOのコラムです。テーマは「体罰の現状について」
イメージ

マイベストプロの専門家による時事コラムJIJICOに久しぶりに記事を載せていただきました。内容は「体罰の現状に...

[ JIJICO ]

ストレスから身を守るためには・・・・・遊びが一番!?

5月に入りました。GWも過ぎ、いよいよ本格的に始動!という時期ですが、学生・社会人を問わず新しい環境や職場に置...

[ こころの散歩道 ]

映画「ぼくと魔法の言葉たち」 喜びと悲しみはディズニーアニメとともに

今日紹介する映画はこれ少し前に見た映画ですが、今でも上映しているかなぁ?2歳になって突然言葉を失...

[ 「こころ」を描いたこんな映画 ]

春に想う
イメージ

久しぶりの記事の更新です。初夏のお天気が続きますが、みなさんお元気ですか?この時期、木々の緑を見ているとな...

[ こころの散歩道 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ