コラム

 公開日: 2014-07-07  最終更新日: 2014-08-01

イスラム教の発達障害者が主人公の映画「マイ・ネーム・イズ・ハーン」<続き>

障害と人生を考えさせられる映画「マイ・ネーム・イズ・ハーン」の後半です。
(前半は昨日)



昨日、「マイネームイズハーン。私はテロリストではありません。」というフレーズをアメリカ大統領に伝えなければいけないと思い込むには「ある事情がある」のですが、それには彼がイスラム教徒であるということを抜きには考えられません。

この映画の描いている時は、アメリカで、あの9・11のテロが起きた時なのです。敬虔な(またアスペルガー障害の特有のこだわりの結果?)信心深いイスラム教徒である彼は、ただイスラム教徒であるというだけで迫害され、それだけが理由で愛する息子でありたった一人の親友であった息子を、偏見に染まった仲間にいじめられ殺されてしまうのです。

当時のアメリカ社会では(あるいは今でも)イスラム教徒=テロリストというレッテルが貼られていたのでしょう。その結果、息子を殺された妻のマンディラは彼に、
「顔もみたくない!もし家に戻りたいなら、アメリカ大統領に自分はテロリストではないことを伝えて、全ての国民に知ってもらいなさい!」と言い放ってしまいました。

その言葉を発した背景にあるマンディラの哀しみが十分理解できずに、彼はただ一途に「自分がテロリストではない」と言うことをアメリカ大統領に伝え、全国民に知ってもらわなければならないと思い込んだハーンが旅に出てさまざま人たちと出会い、いろいろな困難を乗り越えていくと言うストーリーでした。

映画の中でも、イスラム教徒だというだけで、他の人たちに差別される場面が描かれていました。
宗教とか国籍とか、あるいは障害名なども、いわばレッテルとして、それだけでその人物を決め付けてしまうことは確かにありますね。

具体的にその人と知ろうと思ったら、その人に近づいていくことからはじめなければいけないでしょう。
発達障害とかアスペルガーという単語だけで、決め付けるところも確かにあるような気がします。
実際は十人十色で、教科書に書いてある通りのステレオタイプの人間なんていないものですね。

イスラム教徒は怖い、とかアスベルガー障害は人の気持ちがわからない、とか簡単に決め付けてはいけないな、と反省しました。
ここ数年の発達障害・自閉症スペクトラムへの世間の注目度はかなりのものですが、勝手に一方的なステレオタイプが一人歩きしないか、と少し心配です。

彼は最後まで「マイネーム・イズ・ハーン」だといい続けます。
つまり自分は「アスペルガー症候群の男性」でも、「イスラム教徒の男性」でもなく、「テロリストの一人」でもなく、世界にただ一人の「ハーン」という名前の人間なんだ、と言うことを言いたかったのかもしれません。

この記事を書いたプロ

カウンセリング・オフィス岸井 [ホームページ]

臨床心理士 岸井謙児

兵庫県神戸市中央区花隈町9-25 グランピア下山手通 002号室 [地図]
TEL:090-1243-9646

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
岸井 謙児(きしい けんじ)プロ

豊富な経験を生かし、相手に寄り添って希望を見出す手助けを(1/3)

JR・阪神元町駅、阪急花隈駅、神戸市営地下鉄県庁前駅からほど近い閑静な場所にある「カウンセリング・オフィス岸井」。カウンセラーの岸井謙児さんの元には、不登校、発達障害などの悩みを抱える思春期から青年期の子どもたちや親が多数訪れています。...

岸井謙児プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

子供から大人まで長い経験からさまざまな悩みに対応します。

事務所名 : カウンセリング・オフィス岸井
住所 : 兵庫県神戸市中央区花隈町9-25 グランピア下山手通 002号室 [地図]
TEL : 090-1243-9646

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-1243-9646

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

岸井謙児(きしいけんじ)

カウンセリング・オフィス岸井

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
JIJICOに最新記事をアップ! 「ネガティブな感情で自暴自棄にならないための3つの対処法」

突然、人ごみや電車の中で無差別に切りつけたり一方的な恨みで襲いかかる等、動機や背景の理解に苦しむ、まるで自...

[ JIJICO ]

シンボリズムの森 ⑪  水平のシンボリズム
イメージ

さて前回までは「上方ー下方」の方向性の持つ象徴的意味についてつらつらと書いてきましたが、今回は「水平の広が...

[ シンボリズムの森 ]

シンボリズムの森 ⑩  (上から)「下」へと向かう垂直軸のシンボリズム
イメージ

さて前回は「上へ」と向かう垂直方向のシンボリズムとして、理想や目的へと向かう精神性の意味があるということを...

[ シンボリズムの森 ]

シンボリズムの森 ⑨ 「上」へと向かう垂直軸のシンボリズム
イメージ

まずこの写真をご覧ください。曇天から差し込む陽光の「神々しさ」を感じられることでしょう。科学的に...

[ シンボリズムの森 ]

シンボリズムの森 ⑧ 「雨」
イメージ

さて前回まで「水」についてあれこれとまとめてきました。今回は丁度梅雨の季節ということで「雨」を取り上げてみ...

[ シンボリズムの森 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ