コラム

 公開日: 2014-06-19  最終更新日: 2014-08-01

不登校にどう対応すればよいか <中期ー3> ー消耗しきったエネルギーを補充する時期ー

さて、中期に入りある程度膠着した状態になると、子どもには色々な変化が表れてきます。

それまで学校と言う現実世界の人間関係やストレスで疲れ切っていた子どもたちが、とりあえずその場から離れることができたのはある意味、ホッとできたでしょう。

彼らはそれまでストレスから自分の身を守るために過大なエネルギーを使ってので、一時期エネルギーが低下してしまう子供もいます。

例えば部屋に引きこもったり、極端に口数が少なくなったり、場合によっては過眠(睡眠時間が極端に長くなる)状態になったり、昼夜逆転するケースも。

お宅の子どもさんはどういう状況でしょうか?

こういう時にはこうすればよい、と一概に言えないところがありますが、基本的には、やはりエネルギーを補充する必要がある時期なのだ、と理解してあげてください。しかし同時に、出来れば生活リズムが大きく崩れないようにしたいものです。ですから「補充の時期だから放っておこう」と距離を開け過ぎずに、周囲の家族は普段通りの生活リズムで過ごしてください。

普段起きている時に、何気ない会話や冗談が交わせるような関係が望ましいですが・・。





ゲームなどに浸り始める子もいますが、それも依存してしまうことの危険を考えて、親子で簡単な約束やルールを決める話し合いをすることは良いことだと思います。

いずれにしても「放っておいてほしい」と言う子どもの気持ちの裏には「見捨てないでほしい」という気持ちがセットになっていることを頭において

「つかず離れず、さりげなく」

関わりつづけることが必要だと思います。

カウンセリング・オフィス岸井

思春期・青年期の不登校・発達障害、成人のうつ・不適応に
カウンセリング・オフィス岸井
JR・阪神「元町」、阪急「花隈」駅から徒歩5分、神戸市営地下鉄「県庁前」駅から徒歩4分
ホームページはこちらから
http://www.officekishii.com


この記事を書いたプロ

カウンセリング・オフィス岸井 [ホームページ]

臨床心理士 岸井謙児

兵庫県神戸市中央区花隈町9-25 グランピア下山手通 002号室 [地図]
TEL:090-1243-9646

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
岸井 謙児(きしい けんじ)プロ

豊富な経験を生かし、相手に寄り添って希望を見出す手助けを(1/3)

JR・阪神元町駅、阪急花隈駅、神戸市営地下鉄県庁前駅からほど近い閑静な場所にある「カウンセリング・オフィス岸井」。カウンセラーの岸井謙児さんの元には、不登校、発達障害などの悩みを抱える思春期から青年期の子どもたちや親が多数訪れています。...

岸井謙児プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

子供から大人まで長い経験からさまざまな悩みに対応します。

事務所名 : カウンセリング・オフィス岸井
住所 : 兵庫県神戸市中央区花隈町9-25 グランピア下山手通 002号室 [地図]
TEL : 090-1243-9646

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-1243-9646

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

岸井謙児(きしいけんじ)

カウンセリング・オフィス岸井

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
シンボリズムの森 ⑤ 「水-1」
イメージ

シンボリズムの森、第5回目は「水」。「水」について書き始めて、思わず「しまった!」。なぜなら「水」なんて...

[ シンボリズムの森 ]

シンボリズムの森 ④ 「花」のシンボリズム
イメージ

さて今回取り上げるのは「花」皆さんは「花」と言えば何を思い出しますか?赤や黄色やピンクのきれいな花畑を思...

[ シンボリズムの森 ]

シンボリズムの森①  シンボルって何?

さて、今日は最初にシンボルについて話をしたいと思います。あなたは夜「夢」を見ませんか?「将来の夢」とか...

[ シンボリズムの森 ]

シンボリズムの森 ② 「木」のシンボリズムについて
イメージ

さて5月6月と言えば新緑が目にまぶしい季節ですね。私もGW以降、いろいろな花や新緑を見に行きました。気持ち...

[ シンボリズムの森 ]

シンボリズムの森 ③ 「森」のシンボリズム
イメージ

さて前回「木」についてまとめましたが、シンボルというのはやはり様々な意味を多層に持ち合わせているものです。...

[ シンボリズムの森 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ