コラム

 公開日: 2014-06-14  最終更新日: 2014-08-01

不登校にどう対応すればよいか <初期ー7> ー兄弟・姉妹への配慮についてー

さて、今日は不登校になった子ども本人についてではなく、その兄弟・姉妹への関わり方について考えてみたいと思います。

学校に行けないと言うことは、確かに親にとって大変気がかりなことですよね。なぜ、こんなことになったのか、何が原因なのだろうか、とさまざまな考えが頭の中を巡ります。しかしそう簡単に答えは出るものではありません。そういう時、人はとにかく自分の不安を解消するために、なぜか自分と関連づけてマイナスに解釈しがちです。

例えば「私の育て方が悪かったのではないか」などですね。

そういう親の苦しむ姿・表情をそれとなく、しかし敏感に感じている兄弟・姉妹は「これ以上、親に苦労をかけてはいけない」と親に対して無理を言わず、優等生になってしまいがちです。これは不登校のような心理的な問題だけでなく、障害を持って生まれた同胞が要る場合にも同様です。

実際、登校できない子どもに対して精神的にも時間的にも負担がかかることは間違いないので、他の兄弟・姉妹がある意味聞き分けの良い、優等生でいてくれれば親としても助かるのですが、良く状況を見ていると兄弟・姉妹がかなり自分を抑えていることがわかるのではないでしょうか。

ですから大変だと思いますが、兄弟・姉妹にもこれまで以上の愛情を注いであげることが大切になります。時には年齢よりも数歳幼い子供のような対し方をして上げることが必要でしょう。私の経験した例でも、兄弟・姉妹が添い寝をしてほしい、と言い出したり、逆に注目を浴びたいがために問題行動を起こしてしまうこともありました。

優等生になるのも、問題行動を起こすことになるのも、結局は自分らしさを出せず、あるいは出しても十分に満足するまでは受け入れてもらえず、どこかでそのストレスが影響している結果ではないかと思われます。

家族と言うのは、非常に繊細なバランスの上に成り立っていて、どこかの結びつきが強くなりすぎるとそのバランスを取り戻そうという動きが起こってきます。それが家族関係の柔軟性でもあるのですが、時にそのバランスを取り戻す動きが家族全体を揺さぶるほど激しくなってしまうこともあるのです。

大変だとは思いますが、普段から出来るだけコミュニケーションをとって、夫婦間の配慮や思いやり、家族成員通しの配慮や思いやりをバランスよく取ることが、結果的に目の前の問題の解決に良い影響を与えることになるのではないでしょうか。


この記事を書いたプロ

カウンセリング・オフィス岸井 [ホームページ]

臨床心理士 岸井謙児

兵庫県神戸市中央区花隈町9-25 グランピア下山手通 002号室 [地図]
TEL:090-1243-9646

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
岸井 謙児(きしい けんじ)プロ

豊富な経験を生かし、相手に寄り添って希望を見出す手助けを(1/3)

JR・阪神元町駅、阪急花隈駅、神戸市営地下鉄県庁前駅からほど近い閑静な場所にある「カウンセリング・オフィス岸井」。カウンセラーの岸井謙児さんの元には、不登校、発達障害などの悩みを抱える思春期から青年期の子どもたちや親が多数訪れています。...

岸井謙児プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

子供から大人まで長い経験からさまざまな悩みに対応します。

事務所名 : カウンセリング・オフィス岸井
住所 : 兵庫県神戸市中央区花隈町9-25 グランピア下山手通 002号室 [地図]
TEL : 090-1243-9646

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-1243-9646

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

岸井謙児(きしいけんじ)

カウンセリング・オフィス岸井

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
シンボリズムの森 ➆ 「水ー3」
イメージ

さて「水」のシンボリズムについてつらつら考えてきたら、なんと3回目になってしまいました。それだけ「水」と...

[ シンボリズムの森 ]

シンボリズムの森 ⑥ 「水ー2」
イメージ

しまった、厄介なものを取り上げてしまった、と思いつつ、「水」の第2回目。「水」なんて普遍的なものは、た...

[ シンボリズムの森 ]

シンボリズムの森 ⑤ 「水-1」
イメージ

シンボリズムの森、第5回目は「水」。「水」について書き始めて、思わず「しまった!」。なぜなら「水」なんて...

[ シンボリズムの森 ]

シンボリズムの森 ④ 「花」のシンボリズム
イメージ

さて今回取り上げるのは「花」皆さんは「花」と言えば何を思い出しますか?赤や黄色やピンクのきれいな花畑を思...

[ シンボリズムの森 ]

シンボリズムの森①  シンボルって何?

さて、今日は最初にシンボルについて話をしたいと思います。あなたは夜「夢」を見ませんか?「将来の夢」とか...

[ シンボリズムの森 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ