コラム

 公開日: 2014-06-03  最終更新日: 2014-08-01

ちょっといい言葉 ⑯ 「いつも太陽に顔を向けていなさい。そうすれば・・」

「いつも太陽に顔を向けていなさい。そうすれば、暗い陰をみることはない。」

こういう言葉を聞くと、「それができればこんなに苦しむことはない」と言いたくもなりますが、しかしこの言葉を言ったのが、あのヘレン・ケラーだと知ると全く説得力が違ってきます。

御存知ヘレンケラーは、盲・聾・唖の三重の障害を持って生まれてきましたが、献身的なサリヴァン先生の指導と本人の努力によって克服し、その人生を社会福祉事業にささげました。

<8歳の時のヘレンンケラー(左)とサリヴァン先生(右)>

昔私は身体障碍児と関わっていました。
彼らの多くは車いすで移動し上肢も不自由でしたが、出会う子どもたちは誰もがとても明るく人懐っこい笑顔を向けてくれるのです。

私も彼らと過ごす時間はとても楽しみで、移動や介助の必要性もあるため、いつも介助者も含めたくさんの仲間でワイワイと過ごしていたものです。
ところがある時、ポツンと一人の子どもがこうつぶやいたのです。

「ぼくらだって、一人になりたいときもあるんだ」

確かにいつも介助が必要とされる立場の彼らは、一人っきりで過ごす時間と言うものは限られてしまいます。一人で隠れて泣くこともできない。トイレやお風呂でさえ、自分一人の時間を確保できないのです。
車いすが操作できない者にとっては、一人になるための移動さえままならないのです(当時は電動車いすなど珍しかったのです)。

それでも彼らはいつも前向きで日々リハビリや訓練に取り組んでいました。

その彼らのことを思い出すと、へレン・ケラーのこの言葉は、人生訓として他人に向けて発した言葉ではなく、運命の「陰」に飲み込まれてしまいそうな自分に絶えず言い聞かせていた言葉ではなかったか、と思わずにはいられません。

「陰」から目を背けるのではなく、「陰」の存在を十分知っているからこそ、「太陽」に目を向けることが大切になるのでしょうね。

読んでくださってありがとう。

この記事を書いたプロ

カウンセリング・オフィス岸井 [ホームページ]

臨床心理士 岸井謙児

兵庫県神戸市中央区花隈町9-25 グランピア下山手通 002号室 [地図]
TEL:090-1243-9646

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
岸井 謙児(きしい けんじ)プロ

豊富な経験を生かし、相手に寄り添って希望を見出す手助けを(1/3)

JR・阪神元町駅、阪急花隈駅、神戸市営地下鉄県庁前駅からほど近い閑静な場所にある「カウンセリング・オフィス岸井」。カウンセラーの岸井謙児さんの元には、不登校、発達障害などの悩みを抱える思春期から青年期の子どもたちや親が多数訪れています。...

岸井謙児プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

子供から大人まで長い経験からさまざまな悩みに対応します。

事務所名 : カウンセリング・オフィス岸井
住所 : 兵庫県神戸市中央区花隈町9-25 グランピア下山手通 002号室 [地図]
TEL : 090-1243-9646

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-1243-9646

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

岸井謙児(きしいけんじ)

カウンセリング・オフィス岸井

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
久しぶりのJIJICOのコラムです。テーマは「体罰の現状について」
イメージ

マイベストプロの専門家による時事コラムJIJICOに久しぶりに記事を載せていただきました。内容は「体罰の現状に...

[ JIJICO ]

ストレスから身を守るためには・・・・・遊びが一番!?

5月に入りました。GWも過ぎ、いよいよ本格的に始動!という時期ですが、学生・社会人を問わず新しい環境や職場に置...

[ こころの散歩道 ]

映画「ぼくと魔法の言葉たち」 喜びと悲しみはディズニーアニメとともに

今日紹介する映画はこれ少し前に見た映画ですが、今でも上映しているかなぁ?2歳になって突然言葉を失...

[ 「こころ」を描いたこんな映画 ]

春に想う
イメージ

久しぶりの記事の更新です。初夏のお天気が続きますが、みなさんお元気ですか?この時期、木々の緑を見ているとな...

[ こころの散歩道 ]

映画「精神」:「病と共に生きる人」、そしてその彼らと共に生きる人
イメージ

今回取り上げた映画はこれ岡山県にある外来の精神科診療所「こらーる岡山」に通院するさまざまな人たち。...

[ 「こころ」を描いたこんな映画 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ