コラム

 公開日: 2014-06-02 

Q:「子どもに接する時に注意したいことは?」<6> 子どもの言ったことをまとめて返してあげる

さて、色々と子どもに接する時のコツみたいなものをあげてきましたが、今日は会話のキャッチボールの最後に付け加えるポイントとして、「子どもの言ったことをまとめて返してあげる」ということについて。

子どもと話をしていて、会話のキャッチボールをする時には、
出来れば時々子どもの発言の内容をまとめてあげてみましょう。

例えば「あなたの学校の様子を興味があるんだけど、学校の教科の中で何が好き?」
と聞いたとしましょう。
その時子どもが「う~ん、そうだな、音楽と体育」と答えたら、「あ、そうなの」だけでなく
「あ、そうなの、音楽と体育が好きなの」と返してあげます。

そうすると自分が言った言葉をそのまま返されたから、当然子どもの次の答えとしては「そう」と言うことになりますよね。この「そう」とか「そうなの」とか「そうなんですよ」と言うような肯定的な返事が返ってくるようなキャッチボールをしましょう。

その次に「じゃぁ嫌いな科目は何なの?」と聞いて「算数と理科」と言われたら、「あ~そうなんだ、音楽と体育は好きだけど、算数と理科はきらいなんだ」と返す。そうすると、また子どもの答えは「そう、そう」となります。

こうやって「YES」の返事が変えってくるような対話のキャッチボールを繰り返していると、次第に二人の関係は肯定的な雰囲気になりますよ。

もうちょっと子どもの話が長くなっても、上手く要点だけをまとめて返してあげると「そうなの、そうなんです」と言うような返事が返ってくれば、バッチリ。

なんでもないことのようですけど、「そうなんです」の返事がもらえるようにするためには、なにより子どもの話をしかっり聞いていないとできません。

「ちがうよ、そうじゃくて・・・・」なんて言葉が2~3回も返ってきたら、いかに子どもであっても
「この人は私の話を聞いてないな~」と思うものです。

何気ない雑談のようでも、子どもからはそのぐらいシビアーな見方をされているということを覚えておいてください。

この記事を書いたプロ

カウンセリング・オフィス岸井 [ホームページ]

臨床心理士 岸井謙児

兵庫県神戸市中央区花隈町9-25 グランピア下山手通 002号室 [地図]
TEL:090-1243-9646

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

10

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
岸井 謙児(きしい けんじ)プロ

豊富な経験を生かし、相手に寄り添って希望を見出す手助けを(1/3)

JR・阪神元町駅、阪急花隈駅、神戸市営地下鉄県庁前駅からほど近い閑静な場所にある「カウンセリング・オフィス岸井」。カウンセラーの岸井謙児さんの元には、不登校、発達障害などの悩みを抱える思春期から青年期の子どもたちや親が多数訪れています。...

岸井謙児プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

子供から大人まで長い経験からさまざまな悩みに対応します。

事務所名 : カウンセリング・オフィス岸井
住所 : 兵庫県神戸市中央区花隈町9-25 グランピア下山手通 002号室 [地図]
TEL : 090-1243-9646

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-1243-9646

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

岸井謙児(きしいけんじ)

カウンセリング・オフィス岸井

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
シンボリズムの森 ➆ 「水ー3」
イメージ

さて「水」のシンボリズムについてつらつら考えてきたら、なんと3回目になってしまいました。それだけ「水」と...

[ シンボリズムの森 ]

シンボリズムの森 ⑥ 「水ー2」
イメージ

しまった、厄介なものを取り上げてしまった、と思いつつ、「水」の第2回目。「水」なんて普遍的なものは、た...

[ シンボリズムの森 ]

シンボリズムの森 ⑤ 「水-1」
イメージ

シンボリズムの森、第5回目は「水」。「水」について書き始めて、思わず「しまった!」。なぜなら「水」なんて...

[ シンボリズムの森 ]

シンボリズムの森 ④ 「花」のシンボリズム
イメージ

さて今回取り上げるのは「花」皆さんは「花」と言えば何を思い出しますか?赤や黄色やピンクのきれいな花畑を思...

[ シンボリズムの森 ]

シンボリズムの森①  シンボルって何?

さて、今日は最初にシンボルについて話をしたいと思います。あなたは夜「夢」を見ませんか?「将来の夢」とか...

[ シンボリズムの森 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ