コラム

 公開日: 2014-05-08 

「発達」を学ぶと子どもの姿が見えなくなる? ④

さて、このコラムのタイトル「『発達』を学ぶと子どもの姿が見えなくなる?」はある本にある文章からヒントを得たものです。それは障害児教育(今で言う特別支援教育)の現場で、ある保育所の保母さんがつぶやいた言葉だというのです。

<「発達を学ぶと子どもが見えにくくなる」というのは「○○がいつできる」と言うような事柄だけを知り、できるようになるまでの、目に見えない世界での子どもの大切な変化に、視点が及ばないために出た言葉ではないでしょうか> 
<発達を学んだことが、子どもの外にこうあるべきだという物差しを作ることにつながると、子どもをその目で見、追い込んでしまっている自分に、いつかは気づくようになるのです>(「発達の扉」白石正久著)

昨今「発達障害」と言う言葉がとても普及し、理解が進むようになってきました。しかし中には「発達障害」の定義や対応法を丸覚えして、子どもの行動や態度を観察するような姿勢の専門家と言われる人が増えてきているように思います。

定型発達と言われる、多数派の平均的な「発達指標」からずれている少数派の子どもたちが、即「障害」と呼ばれ、規格化された対応マニュアルが瞬時に提案される。

なんだか、ストンと胸に落ちない思いをしているのは私だけでしょうか。
たとえ少し時間がかかっても、目の前の子どもに寄り添い、共感し、「発達のエネルギー」を滞らせている事態をどう解決していけば良いか、ご家族の思いも含めて一緒に考えていきたいと私は思っています。


この記事を書いたプロ

カウンセリング・オフィス岸井 [ホームページ]

臨床心理士 岸井謙児

兵庫県神戸市中央区花隈町9-25 グランピア下山手通 002号室 [地図]
TEL:090-1243-9646

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
岸井 謙児(きしい けんじ)プロ

豊富な経験を生かし、相手に寄り添って希望を見出す手助けを(1/3)

JR・阪神元町駅、阪急花隈駅、神戸市営地下鉄県庁前駅からほど近い閑静な場所にある「カウンセリング・オフィス岸井」。カウンセラーの岸井謙児さんの元には、不登校、発達障害などの悩みを抱える思春期から青年期の子どもたちや親が多数訪れています。...

岸井謙児プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

子供から大人まで長い経験からさまざまな悩みに対応します。

事務所名 : カウンセリング・オフィス岸井
住所 : 兵庫県神戸市中央区花隈町9-25 グランピア下山手通 002号室 [地図]
TEL : 090-1243-9646

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-1243-9646

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

岸井謙児(きしいけんじ)

カウンセリング・オフィス岸井

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
あなたは悪くない
イメージ

あなたは悪くない。あなたのせいではない。あの人を救えなかった、変えられなかったのは、あなたの努力不足だ...

[ こころの散歩道 ]

中高生の自殺が平成に入って最多に。私に、そしてあなたに何ができるか?
イメージ

自殺総数が8年連続で減少する中、中高生の自殺が平成に入って最多になったというショッキングな統計が厚生労働省か...

[ JIJICO ]

私は悪くない
イメージ

親は子供に自分がかなえられなかった夢を託すものだ。自分がダメな人間だと思えば思うほど、その反対のイメージを...

[ こころの散歩道 ]

大切なことは絵本から学んだ<133> 私たちはどこからきてどこへ向かうのか 「みち」
イメージ

今回取り上げる絵本は阿部海太さんの「みち」タイトルと表紙の絵を観るだけで、この絵本が伝わってくるよ...

[ 大切なことは絵本から学んだ ]

ちょっといい言葉 47 ゲシュタルトセラピーの創始者パールズの人生の言葉
イメージ

 ゲシュタルトの祈り 「私は私のことをなし、 あなたはあなたのことをなす   私がこの世にあって生き...

[ ちょっといい言葉 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ