コラム

 公開日: 2015-07-01 

被害者の心理的・精神的な被害

<見えにくい“いじめ”行為>
先日、高校で先生方といじめの研修をする機会がありました。
この研修では、先生たちにいじめに対する自分の考え方や
感じ方、取り組み方がどんな状態にあるかを振り返るために
自己点検をしていただきました。

その中の一つに次の自己点検項目があります。
「いじめが本当に深刻なら、親や教師に訴えてくるものだ」
あなたなら「はい・いいえ」のどちらに○をつけられますか。

「はい」と答えられた方が結構おられましたが、
いじめの被害者は、親や先生に相談できないからこそ、
深刻な問題になるのです。
いじめの被害者の多くは、
いじめられていること自体を「はずかしい」と感じたり、
「自分が弱い人間だと認めたくなかったりする」等の心理が働きます。
また「いじめがひどくなるのでは」とのおそれをもつこともあります。

<恐怖と恥の感情>
実は、この日の研修に向かう電車の中で嫌な目にあったのです。

それは、昼間だったので、ほとんど二人掛けの椅子の
片方が空いているぐらいの乗客数だったでしょうか。
私はもちろん荷物はひざに乗せて窓側に座っていました。
あとから隣に乗車した男性が、身体にふれてくるのです。

たったこれだけの出来事ですが、苦痛を味わいました。
私の心には、「なぜ私なの、他の席もあいていたのに」
「急に席を変わるなんて、変かな」
「自分が狙われたのは、恥だ」等、思いが浮かんできました。

<似ている“いじめ”と“痴漢”の被害者心理>
私の場合、若い頃なら恐れのあまり思考停止になり
固まっていたかもしれませんが、
この日はすぐに男性の方に座りなおし、睨み付けました。
それでもまだ落ち着かないので、
私の方が、車両を変えたのでした。

この出来事を研修の場で取り扱いたかったのです。
生きた教材をと日頃心掛けているにもかかわらず、
その日のことを取り扱うことができなかった自分が悔やまれます。

研修の場で強く伝えたかったのは、
痴漢被害者もいじめ被害者も
一方的に苦痛を味わいながら、なかなかその事実を
周囲の大人や友人に相談できないということです。

だからこそ、表に現れにくいこころの被害についても
関心をもってほしいのです。いじめを理解したうえで
生徒に関わると見えないものも見えてくるのではないでしょうか。

この記事を書いたプロ

はりま心理オフィス101

臨床心理士 浦野俊美

兵庫県加古川市別府町別府975-1 [地図]
TEL:079-435-0801

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

 土曜日は、大変お世話になりました。先生のお人柄がからか、初対面の人ばかりであるにもかかわらず、リラックスした中で会に参加できたことが本当に不思議なくらいで...

PCAGIP

⑤《と き》  2013年9月21日(土)14時 ~ 23日(月)12時 【2泊3日】 《ところ》 「播磨自然高原クラブ」 兵庫県赤穂郡上郡町梨ヶ原1164 《スタッフ》 村...

 
このプロの紹介記事
浦野俊美 うらのとしみ

潜在的に持つ力を発揮しやすいように、「心育て」を支援する臨床心理士(1/3)

現代の子どもたちは、心にさまざまな問題を抱えています。子どもから大人への階段を上る時期、いわゆる思春期には、心の問題が引き金となり、不登校や引きこもりなどの症状として表出します。カウンセリングを通して子どもたちの心に寄り添い、支援を行ってい...

浦野俊美プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

約20年間で2000人以上の思春期の子どもたちの心をケア

店名 : はりま心理オフィス101
住所 : 兵庫県加古川市別府町別府975-1 [地図]
TEL : 079-435-0801

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

079-435-0801

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

浦野俊美(うらのとしみ)

はりま心理オフィス101

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
子どもが「抱っこ」と泣きじゃくったとき

ある駅で移動中のこと。向こうから子どもの鳴き声がだんだん近づいてきました。「ママ、抱っこ!抱っこ!」と...

[ 親子関係の悩み/アドバイス編 ]

発達プロセスに大切なこと

乳幼児が兄弟やグループで遊んでいると、夢中で遊んでいるおもちゃを他の子どもがほしがって取り合いになると...

[ 親子関係の悩み/アドバイス編 ]

子どもが[痛い」と泣き出したときの対応

スーパーの駐車場でのことです。3歳くらいの子どもが得意げに走っていましたが、バランスを崩して、転んでし...

[ トラウマの悩み/アドバイス編 ]

「かゆい」の不快感情をコントロールするには

お正月に孫が帰ってきました。2歳の孫が「ばあば」と寄ってきては、また遊びます。突然、肘の裏がかゆいと言...

[ 親子関係の悩み/アドバイス編 ]

新年のごあいさつ

新年明けましておめでとうございます 小さな一歩いっぽですが はりま心理オ...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ