コラム一覧

1件~15件(33件)

過去の15件

子どもが「抱っこ」と泣きじゃくったとき

ある駅で移動中のこと。向こうから子どもの鳴き声がだんだん近づいてきました。「ママ、抱っこ!抱っこ!」と泣きじゃくりながら、歩いて来る親子にすれ違いました。子どもの鳴き声がひと際大きいもので、思わず振り向くと、ママは4歳5歳の子どもに厳しく言い聞かせているのです。... 続きを読む

親子関係の悩み/アドバイス編

2016-05-12

発達プロセスに大切なこと

乳幼児が兄弟やグループで遊んでいると、夢中で遊んでいるおもちゃを他の子どもがほしがって取り合いになるという場面がよくあります。おもちゃを取り上げられた子は、怒って相手の子を押し倒したり、悲しくて泣きだすかもしれません。この行動は、子どもにとって自然な反応です。... 続きを読む

親子関係の悩み/アドバイス編

2016-01-11

子どもが[痛い」と泣き出したときの対応

スーパーの駐車場でのことです。3歳くらいの子どもが得意げに走っていましたが、バランスを崩して、転んでしまいました。うしろのママは、「痛くない」「頑張って、一人で起きて!」と声をかけています。子どもは一瞬、ママの顔を見てそれから周りをみて大声で泣き出しました。... 続きを読む

トラウマの悩み/アドバイス編

2016-01-09

「かゆい」の不快感情をコントロールするには

お正月に孫が帰ってきました。2歳の孫が「ばあば」と寄ってきては、また遊びます。突然、肘の裏がかゆいと言ってセーターの袖をまくりあげようと助けを求めてきました。見れば、軽くアトピーの症状が出ているのです。最初は「掻いたらだめ。我慢しなさい」と、声をかけていたのです... 続きを読む

親子関係の悩み/アドバイス編

2016-01-06

新年のごあいさつ

新年明けましておめでとうございます 小さな一歩いっぽですが はりま心理オフィス101 も この春で5年を迎えることができます お陰様で 地域の皆さまに オフィスを利用していただけるようになりました 微... 続きを読む

2016-01-05

発達障害の息子さんを持つお母さんの体験談を聞いて

先日、愛媛の濱口ゆかさんの講演を神戸で聞く機会がありました。このお話をご紹介すると、お母さんでありながら元小学校教員ということもあって、お子さんの特性を理解しながらピアノレッスンや絵画、俳句など色々な経験を積ませた様子などお子さんの成長の過程を詳しく聞かせていただ... 続きを読む

親子関係の悩み/アドバイス編

2015-09-08

トラウマは出来事そのものから引き起こされるのものではなく、神経系のなかにある

7月の下旬に8日間、ソマテック・エクスペリエンス(SE)という、トラウマ療法のトレーニングを受けてきました。3年間で6回受けるのですが、やっと中間地点の3回目が終わりました。トレーニング後、久しぶりにお会いした方から、「元気にしてた?」「いや、元気そうですね」と数人から却っ... 続きを読む

トラウマの悩み/アドバイス編

2015-08-15

被害者の心理的・精神的な被害

<見えにくい“いじめ”行為>先日、高校で先生方といじめの研修をする機会がありました。この研修では、先生たちにいじめに対する自分の考え方や感じ方、取り組み方がどんな状態にあるかを振り返るために自己点検をしていただきました。その中の一つに次の自己点検項目があります。「... 続きを読む

トラウマの悩み/アドバイス編

2015-07-01

できることがいいとは限らない

今の時代、いわゆる仕事ができる人は評価が高い。また、できる人にはどんどん仕事が寄ってきます。こういう人は「断ることをしない」でどんどん期待に添ってしまいます。当然、いつか疲れすぎて疲弊してしまうことは想像がつきますね。心がポキっと折れてしまってからでは、回復に時間が... 続きを読む

生き方・将来の悩み/アドバイス編

2015-06-01

心理援助の専門家たちの研修を積みました。

はりま心理オフィス101では、奇数月に心理援助の専門家たちが集まって研鑽を積んでいます。3月は、兵庫県臨床心理士会会長の羽下大信先生に来ていただき、事例検討会を持ちました。心理援助の専門家は、仕事先でそれぞれ孤独を味わうことが多いようです。そこで、情報交換や... 続きを読む

セミナー・グループワーク実績

2015-03-28

トラウマの研修を受けてきました。 ~ブレイン・スポッティングと ソマティック・エクスペリエンス

トラウマの研修を受けてきました。~ブレイン・スポッティングとソマティック・エクスペリエンス(SE)~2月は通いで2日間、3月の8日間はホテルで合宿形式でした。いずれも、外国人講師で通訳つきですが、たくさん学んできました。EMDRのトラウマ治療を学んでから、身体感覚を... 続きを読む

トラウマの悩み/アドバイス編

2015-03-26

親子でPCAGIPをやりました。~101カフェ 3月~

101カフェで普段の月は、子どもたちと親たちが別々の日にグループワークをしているのですが、3月は初めて親子でグループワークPCAGIPをやりました。5組の親子と2人のセラピストで12人の参加でした。事 例 :「就職や一人暮らしをしたいが親と意見が合わない」事例提供者: 20代... 続きを読む

セミナー・グループワーク実績

2015-03-23

いじめ対応の失敗から学ぶ いじめ②

事例①教職員の言動がいじめの土壌を生んだ例 担任のA先生は、①クラスの生徒に「もっと早くやりなさい」といつも命令口調で指導している。Cさんがやりかけようとしていると「何をしているの」と言って、活動を妨げてしまったり、手を止めて考えていると、すぐ「こんなこともできないの。」... 続きを読む

親子関係の悩み/アドバイス編

2015-02-12

いじめに関する研修を教職員と共に  いじめ①

 今週、中、高校の先生方といじめに関する研修を行いました。 いじめというのは、基本的な理解をしていたとしても、現実の場面では判断や対応に迷うことがしばしば起ります。いじめの問題に深く向き合うほど、そうした迷いも増えるのではないでしょうか。何が基本であるかを再確認して... 続きを読む

学校の悩み/アドバイス編

2015-02-04

EMDR(トラウマ治療)で意地っ張りが取れてきた.

友人が、EMDRをやってほしいと、訪ねてきた。以前テレビを見たとのことで、半信半疑でこちらが試されているようではあったが、実施した。最近「職場でいじめにあっている」ということだった。話を聴いていると、ずっと過去にもあったようだ。初めて社会に出て就職した銀行時代に店頭... 続きを読む

トラウマの悩み/アドバイス編

2014-11-04

1件~15件(33件)

過去の15件

RSS
お客様の声

 土曜日は、大変お世話になりました。先生のお人柄がからか、初対面の人ばかりであるにもかかわらず、リラックスした中で会に参加できたことが本当に不思議なくらいで...

PCAGIP

⑤《と き》  2013年9月21日(土)14時 ~ 23日(月)12時 【2泊3日】 《ところ》 「播磨自然高原クラブ」 兵庫県赤穂郡上郡町梨ヶ原1164 《スタッフ》 村...

 
このプロの紹介記事
浦野俊美 うらのとしみ

潜在的に持つ力を発揮しやすいように、「心育て」を支援する臨床心理士(1/3)

現代の子どもたちは、心にさまざまな問題を抱えています。子どもから大人への階段を上る時期、いわゆる思春期には、心の問題が引き金となり、不登校や引きこもりなどの症状として表出します。カウンセリングを通して子どもたちの心に寄り添い、支援を行ってい...

浦野俊美プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

約20年間で2000人以上の思春期の子どもたちの心をケア

店名 : はりま心理オフィス101
住所 : 兵庫県加古川市別府町別府975-1 [地図]
TEL : 079-435-0801

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

079-435-0801

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

浦野俊美(うらのとしみ)

はりま心理オフィス101

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
子どもが「抱っこ」と泣きじゃくったとき

ある駅で移動中のこと。向こうから子どもの鳴き声がだんだん近づいてきました。「ママ、抱っこ!抱っこ!」と...

[ 親子関係の悩み/アドバイス編 ]

発達プロセスに大切なこと

乳幼児が兄弟やグループで遊んでいると、夢中で遊んでいるおもちゃを他の子どもがほしがって取り合いになると...

[ 親子関係の悩み/アドバイス編 ]

子どもが[痛い」と泣き出したときの対応

スーパーの駐車場でのことです。3歳くらいの子どもが得意げに走っていましたが、バランスを崩して、転んでし...

[ トラウマの悩み/アドバイス編 ]

「かゆい」の不快感情をコントロールするには

お正月に孫が帰ってきました。2歳の孫が「ばあば」と寄ってきては、また遊びます。突然、肘の裏がかゆいと言...

[ 親子関係の悩み/アドバイス編 ]

新年のごあいさつ

新年明けましておめでとうございます 小さな一歩いっぽですが はりま心理オ...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ