コラム

 公開日: 2015-01-19 

介護保険改正対策 訪問介護➄


どうなる?訪問介護の要支援サービス

「生活支援サービス」が、今後の訪問介護事業に大きな影響を及ぼすことは、
間違いありません。しかし、だからと言って、訪問介護事業がなくなるわけでなく
これからの事業の在り方が問われるようになるのかと感じます。

では、これらの訪問型サービスとの関わりを検討してみます。

1.訪問型サービスAへの参入
 指定事業者は、改正後みなし事業者として訪問型サービスAのサービスを実施
することが可能です。ここで問題となるのが、現行の訪問介護サービスとの差別化を
図ることが必要ですが、それ以上に無資格の人材の育成、管理が更に必要となり、
現行の訪問介護サービスへの影響が懸念されます。
よって、まずは現行のサービスをしっかりと実践することです。

2.現行の訪問介護サービスに相当するサービスの人件費
 地域支援事業として、各市町村がサービス単価を設定いたします。当然ながら、
これまでのサービス単価から変更される可能性があり、その場合には、これまでの
人件費も再考する必要があると思われます。しかし、現状でも他の業界に比べて
低い賃金の介護職員の給与を下げることになると、益々、介護業界から離れる
職員が増え、更に人材確保が難しくなってくるのではないでしょうか? 
人件費だけでなく、職場環境など事業としての中身をしっかりとまとめることが大切です。

3.訪問型サービスBとの関わり
 訪問介護事業者が運営することができない訪問型サービスBであり、明らかに、
これまでの生活援助とは違うサービスとなり、利用者によっては、訪問型サービスB
を選択される方も増えるのかと考えられます。しかし、専門的な知識と経験のある
援助者で実施する現行の訪問介護サービスだからこそ、訪問型サービスBとの違いが
鮮明となり、差別化を図る必要があります。

今回の改正で不安になられる事業者様は多いのかと思われますが、介護業界の改編
という視点から考えると、結論的には「地域包括ケアシステム」の構築に着手してきた。
という見方が考えられます。生活援助は、地域で支え合う体制が確立するためには、
最も有効的かと思われますし、生活支援サービスとして、地域の方々(高齢者も含む)
が参画し、支え合う体制づくりが、その第一歩となることでしょう。
では、介護事業所に課せられた役割は、その地域包括ケアシステムの構築の中で
その地域でなくてはならない訪問介護としての役割(身体介護・生活援助)を果たして
いくことなのです。すなわち、事業者間の競争が必要となってくることになります。
生き残りを掛けた事業運営が、この改正をもって仕組まれてくると言っても過言では
ありません。
実際に訪問介護事業所の閉鎖・廃業が身近でも起こっているのではないでしょうか?

そのためにも、地域に何が必要とされているのか?
他の事業所がどのように実践しようとしているのか?
地域の社会資源は、どのようなものがあるのか?
市町村が、どのように地域支援事業を行おうとしているのか?

たくさんの情報を収集して、事業の運営を図ることです。
これまでのようなお客様の獲得ができない時代となり、地域のお客様から選ばれる
時代となることは、間違いありません。そのための仕組み作りを実践して参りましょう。

地域との関わり、行政の動向、事業運営のアドバイスをしっかりと行います。
身近な安心できるパートナーとして、訪問介護事業者様のお役に立てることを
お約束いたします。

介護事業に携わる
皆様の「笑顔」を応援いたします。
介護事業コンサルタント オフィス松本  

この記事を書いたプロ

株式会社オフィス松本 [ホームページ]

経営コンサルタント 松本孝一

兵庫県西宮市甲子園七番町20-19-201 [地図]
TEL:0798-20-0259

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
コンサルメニュー

約9年間で23事業所の運営・開設を経験したノウハウで、介護事業所様の目線に立ったアドバイスを心掛けております。2015年春、介護保険が大きく改正されま...

コンサル実績!
イメージ

介護事業の新規開業支援をお手伝いいたします。オフィス松本は、他のコンサルタントと絶対的に違いがあります!それは・・・事業の指定申請だけでなく、現場を経...

 
このプロの紹介記事
松本 孝一 (まつもと こういち)さん

介護事業者のサポートに特化したコンサルティングを展開(1/3)

「今、介護業界に大切なのは、事業者やスタッフの方々が笑顔になれる仕組みづくりです」というのは、介護事業専門コンサルタントの松本孝一さんです。目の前に阪神甲子園球場を望む株式会社オフィス松本の代表取締役として、西宮市を中心とする阪神エリアで介...

松本孝一プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

介護事業経営者様と同じ目線で、最善なアドバイスを!

会社名 : 株式会社オフィス松本
住所 : 兵庫県西宮市甲子園七番町20-19-201 [地図]
TEL : 0798-20-0259

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0798-20-0259

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

松本孝一(まつもとこういち)

株式会社オフィス松本

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
介護事業の営業 ワンポイントアドバイス!
イメージ

 介護事業の営業ポイントは? 介護事業所(在宅介護・サ高住・グループホーム小規模多機能などなど)の...

[ 介護事業コンサルタント ]

介護職員の求人 効果的な方法は?
イメージ

 介護事業所の格差!求人応募にも格差が・・・ 今は、介護業界のみならず、様々な業界で人材不足が生じ...

[ 介護職員の人材確保 ]

西宮市グループホーム東山台 地鎮祭
イメージ

 新規事業コンサルティング(西宮市東山台)認知症グループホーム サポートさせて頂いている西宮市東山...

[ 介護事業コンサルタント ]

介護格差の拡大!介護業界に未来はあるのか?
イメージ

 介護格差の拡大!介護業界に未来はあるのか? 介護業界は、もはや崩壊しているのか・・・介護サービ...

[ JIJICO【毎朝3分間の知恵チャージ】 ]

75歳以上の老々介護が3割超え!ますます深刻になる老々介護の実態
イメージ

 老々介護が3割超え!その裏側で認知症問題も 厚生労働省の調査で、75歳以上同士の「老々介護」が...

[ JIJICO【毎朝3分間の知恵チャージ】 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ