コラム

 公開日: 2015-01-13  最終更新日: 2015-06-30

介護保険改正対策 訪問介護③


どうなる?訪問介護の要支援者サービス

今回は、生活支援者サービスの実施方法、基準についてお伝えいたします。
 
先般お伝えしました通り、訪問型サービスが訪問介護事業の枠組みとなり
訪問型サービスとして以下のように分類されることになります。

①現行の訪問介護に相当するサービス       
    → 実施できるのは、指定訪問介護事業者
②緩和した基準 (訪問型サービスA)
    → 実施できるのは、指定訪問介護事業者もしくは委託
③ボランティア等(訪問型サービスB)         
    → 助成・補助により、ボランティアなど
④保健師等による(訪問型サービスC)  
    → 直接実施・委託
⑤移送前後の支援(訪問型サービスD) 
    → 訪問型サービスBに準じる

現行の訪問介護に相当するサービス①と併せて訪問型サービスとして、A~D(②~⑤)
までのサービスに分類されることになります。また、サービスの内容を見ると、これまでの生活援助
によるサービスが訪問型サービスA・訪問型サービスBに細分化され、現行の訪問介護事業者
からボランティアまでサービスが提供できることになります。

では、訪問介護事業に影響が予測される以下のサービスをそれぞれ検証してみます。

①現行の訪問介護に相当するサービス
これまでの基準(人員・設備・運営基準等)通りであり、既にサービスを利用しているケース
で継続の必要なケースが対象となります。また、訪問介護員による身体介護、生活援助の
サービス提供となり、当然ながら、訪問介護員は、有資格者であり専門的なサービス提供が
要求されます。

②緩和した基準によるサービス(訪問型サービスA)
指定事業者である訪問介護事業者は、指定事業所側からの申し出がない限り、平成
27年4月1日に指定事業所とみなされます。よって、訪問介護事業者が訪問型サー
ビスAを提供することが可能となります。しかし、緩和したサービスということで市町村が基準を
定めることになり、法令に至っては、遵守すべき事項が、「従業員の清潔保持・健康管理」
「秘密保持」「事故発生時の対応」「廃止・休止の届出等」のみになります。
また、サービス提供者は、「一定の研修」さえ受ければ、ヘルパー資格な
しでサービス提供ができ、「訪問事業責任者(サービス提供責任者)」も無資格者でも
可能とされています。

③ボランティア等、住民主体による支援(訪問型サービスB)                                   住民主体の自主活動として行う生活援助等となります。サービス提供者は、ボランテ
ィアが主体となり、実施方法は、NPO等住民主体の支援実施者に対する補助(助成)
を市町村が出す方式です。基準に関しては、個人情報の保護等の最低限の基準となり、
わずかに「清潔保持」「秘密保持」「事故対応」などを運営基準に記載しているだけで
す。また、指定訪問介護の基準と異なり、サービス提供の内容でも緩和されており、
これまでの生活援助ではできなかった大掃除や家具の移動等も可能となります。(訪
問型サービスAではできません)

以上のように、これまででは考えられなかった状況になって参ります。
これまでの生活援助に関しては、確かに軽度な生活援助もあったかと思われますが、
今後は、それらをボランティアなど無資格の提供者において実施し、訪問介護事業者
により専門性を求めという前提がありますが・・・
前向きに考えると、より専門性が高められる訪問介護事業となり、他のサービスとの
差別化が図ることができ、社会的地位の向上につながるのではないでしょうか?
でも、訪問介護事業者間の差別化も同時に行われ、生き残り競争に拍車がかかる
事にもなってしまいますが・・・

しかし、この混乱する仕組みの中で、最も影響があるのは、利用者の方々ではないでしょうか?


次回は、利用者様や事業運営が一番知りたい、利用単価などをご説明いたします。

介護保険改正対策 訪問介護④

介護事業コンサルタント オフィス松本  

この記事を書いたプロ

株式会社オフィス松本 [ホームページ]

経営コンサルタント 松本孝一

兵庫県西宮市甲子園七番町20-19-201 [地図]
TEL:0798-20-0259

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
コンサルメニュー

約9年間で23事業所の運営・開設を経験したノウハウで、介護事業所様の目線に立ったアドバイスを心掛けております。2015年春、介護保険が大きく改正されま...

コンサル実績!
イメージ

介護事業の新規開業支援をお手伝いいたします。オフィス松本は、他のコンサルタントと絶対的に違いがあります!それは・・・事業の指定申請だけでなく、現場を経...

 
このプロの紹介記事
松本 孝一 (まつもと こういち)さん

介護事業者のサポートに特化したコンサルティングを展開(1/3)

「今、介護業界に大切なのは、事業者やスタッフの方々が笑顔になれる仕組みづくりです」というのは、介護事業専門コンサルタントの松本孝一さんです。目の前に阪神甲子園球場を望む株式会社オフィス松本の代表取締役として、西宮市を中心とする阪神エリアで介...

松本孝一プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

介護事業の経験を活かし、経営者様の「右腕」となります!

会社名 : 株式会社オフィス松本
住所 : 兵庫県西宮市甲子園七番町20-19-201 [地図]
TEL : 0798-20-0259

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0798-20-0259

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

松本孝一(まつもとこういち)

株式会社オフィス松本

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
介護事業所 コンサルタント  120分セッションの実施
イメージ

 介護事業の方向性を一緒に考えましょう! 期間限定「120分 事業効率化セッション」を実施しています...

[ 介護事業コンサルタント ]

新しい総合事業 神戸市 事業者説明会
イメージ

 9/1開催! これからの要支援者はどうなる? 本日、神戸市の介護事業者に対する事業者説明会が開催さ...

[ 訪問介護・通所介護 ]

新しい総合事業の行方・・・  神戸市・大阪市
イメージ

 新しい総合事業 H29年4月開始! 神戸市の集団指導が、9月1日となっています。いよいよ、在宅介護...

[ 介護セミナー(研修) ]

新しい総合事業セミナー (大阪市)
イメージ

 クレアケア主催 新しい総合事業を理解するセミナー 大阪市(南部)のケアマネジャー様えを対象に...

[ 介護セミナー(研修) ]

認知症介護の難しさ・・・
イメージ

 認知症介護をする上で注意しておくべきポイントとは? 認知症介護で理解すべきことは、介護者の気持ちが、...

[ JIJICO【毎朝3分間の知恵チャージ】 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ