コラム

 公開日: 2014-10-31  最終更新日: 2015-06-30

介護事業所の悩み 【ご利用者・ご家族のクレーム】



皆様、最近ご利用者様、ご家族様からのクレームが増えたと感じることはございません
でしょうか?原因はどちらにあれ、介護事業者様からのご相談も増えてきています。

皆さん、クレームで一番大切なのは、初期対応であることは、ご存知かと思います。
それ以外で大切なことや忘れてはならないことをお伝えいたします。

(1)クレームの報告は、必ず!すべての関係先に対して行う
  クレームの当事者は、事業所担当者とご利用者様・ご家族様との対応にはなると思います。
  問題が継続していても、解決していても報告を忘れてはならないのが、ご利用者様の担当
  するケアマネジャーさんです。あまり印象を悪くしないために、問題解決後に報告するケースが
  よくありがちですが・・・私共の経験でこのような場合、ご利用者様・ご家族様は、いち早く
  ケアマネジャーさんに報告するケースが多々あります。お客様より先に報告することで、お客様
  は、事業所とケアマネジャーさんの連携を理解することになります。逆に知らなければ、お客様
  からのクレームがケアマネジャーさんに波及し、全てにおいて信頼関係が失われます。
  そうならないためにも、お客様(・ご利用者様・ご家族様)⇔ケアマネジャーさんへの対応は
  常に同じように行うことを周知徹底してください。もちろん、良いことも悪いことも全てにおいて
  報告することです。経営者様は、理解されていると思いますが、意外と通所介護の生活
  相談員、訪問介護のサービス提供責任者は、理解していないケースがよくあります。
   【ご利用者様・ご家族様 = ケアマネジャーさん】

(2)苦情・相談報告は、管轄する介護保険窓口に対しても行う
  実地指導の時など、よく求められるのですが「苦情・相談報告書」はありますか?
  「いえ、ご利用者様から、苦情・相談を受けることはありませんでした」と多くの事業所は言わ
  れると行政の担当者の方からお聞きいたします。
  私の経験から、苦情・相談が一度もない事業所はありませんでした。行政の担当者の方々
  も「そんなことはないと思いますが・・・」と言われます。恐らく、皆さんは、大きな勘違いをなされて
  いるのかもしれません。「苦情・相談」の報告をすると事業所に対する評価がさがる?もしくは
  監査・実地調査の対象となる?と思われていませんか?
  それは、間違いだと思います。私たちが携わる事業は、サービス業ですので、苦情や相談は
  あって当たり前なのです。そして、一番大切なのは、その対応方法なのです。また、その内容を
  しっかりと記録に残すことなのです。
  更に重要なのは、標題にもあるように多少問題のある苦情などは、必ず行政に対しても報告
  することが大切です。恐らく皆様も苦情に対しては、きちんと対処し、解決されているのかと思い
  ますが、その報告を行政に対して行う。行政の担当者も把握する。その過程が重要なのです。
  皆様の行政窓口には、苦情・相談の窓口があり、常に事業所に対する苦情・相談があると
  思います。一度確認して、書式などをいただいておくことをお勧めいたします。
  報告している事業所は、少ないと思いますので、効果は抜群です。
  何度も申しあげますが、私の事業はサービス業です。
  お客様からの要望や苦情・相談は、必ず増えてきます。できる環境を目指しましょう!

★関連記事
介護事業の苦情・相談(クレーム)への考え方
苦情・相談報告書


介護サービスを提供するにあたり、日々の業務で様々な問題が現れて参ります。これらを解決するには、
時間と労力が必要になり、介護事業所様におかれましては、本当に悩みが絶えないと思います。
しかし、介護事業は無くてはならないサービスであり、その事業を支えている介護職員は、日々
「笑顔」で頑張ってくれています。その「笑顔」が消えてしまわないように・・・
オフィス松本では、同じ立場で現場を実践してきた経験を基に、介護事業所様の少しでもお役に
立ちたいと考えております。

介護事業コンサルタント オフィス松本  

この記事を書いたプロ

株式会社オフィス松本 [ホームページ]

経営コンサルタント 松本孝一

兵庫県西宮市甲子園七番町20-19-201 [地図]
TEL:0798-20-0259

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
コンサルメニュー

約9年間で23事業所の運営・開設を経験したノウハウで、介護事業所様の目線に立ったアドバイスを心掛けております。2015年春、介護保険が大きく改正されま...

コンサル実績!
イメージ

介護事業の新規開業支援をお手伝いいたします。オフィス松本は、他のコンサルタントと絶対的に違いがあります!それは・・・事業の指定申請だけでなく、現場を経...

 
このプロの紹介記事
松本 孝一 (まつもと こういち)さん

介護事業者のサポートに特化したコンサルティングを展開(1/3)

「今、介護業界に大切なのは、事業者やスタッフの方々が笑顔になれる仕組みづくりです」というのは、介護事業専門コンサルタントの松本孝一さんです。目の前に阪神甲子園球場を望む株式会社オフィス松本の代表取締役として、西宮市を中心とする阪神エリアで介...

松本孝一プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

介護事業の経験を活かし、経営者様の「右腕」となります!

会社名 : 株式会社オフィス松本
住所 : 兵庫県西宮市甲子園七番町20-19-201 [地図]
TEL : 0798-20-0259

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0798-20-0259

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

松本孝一(まつもとこういち)

株式会社オフィス松本

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
介護事業所 コンサルタント  120分セッションの実施
イメージ

 介護事業の方向性を一緒に考えましょう! 期間限定「120分 事業効率化セッション」を実施しています...

[ 介護事業コンサルタント ]

新しい総合事業 神戸市 事業者説明会
イメージ

 9/1開催! これからの要支援者はどうなる? 本日、神戸市の介護事業者に対する事業者説明会が開催さ...

[ 訪問介護・通所介護 ]

新しい総合事業の行方・・・  神戸市・大阪市
イメージ

 新しい総合事業 H29年4月開始! 神戸市の集団指導が、9月1日となっています。いよいよ、在宅介護...

[ 介護セミナー(研修) ]

新しい総合事業セミナー (大阪市)
イメージ

 クレアケア主催 新しい総合事業を理解するセミナー 大阪市(南部)のケアマネジャー様えを対象に...

[ 介護セミナー(研修) ]

認知症介護の難しさ・・・
イメージ

 認知症介護をする上で注意しておくべきポイントとは? 認知症介護で理解すべきことは、介護者の気持ちが、...

[ JIJICO【毎朝3分間の知恵チャージ】 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ