コラム

 公開日: 2014-10-28  最終更新日: 2015-06-30

不動産の介護業界への有効活用(事例)

不動産の様々な形状で介護事業への有効活用が可能

これからは、高齢化社会!日本の人口も減少傾向であり、少子高齢化に向かう為、
様々なビジネスで高齢者をターゲットとしたビジネスを構築する動きが見えてきています。

もちろん市場は拡大していきますが、今後、様々な角度で法律の改正や新たな制度が
創設されたり、仕組み作りが変化して参ります。謝った判断でビジネスを構築して、取り返し
のつかないことにもなりかねませんので、これからの介護業界の方向性を見極めてください。

今回は、不動産の介護業界への有効活用事例をご紹介いたします。

【社宅・社員研修所等をサービス付高齢者向け住宅へ】
 よくご相談いただくケースです。結論から申し上げると、予想以上の改装コストとなる可能
 性が考えられます。部屋の基準(最低でも18㎡以上)をクリアし、その他バリアフリー・出
 入口の幅・階段の幅・浴室の規格などをしっかりと積算して活用いたしましょう。確実に
 一から建築するより安くなります。また、社宅や研修所は交通の利便性が良いので、
 このあたりもプラス要因になります。今やサービス付高齢者向け住宅も立地条件が最も
 重要になっているようですので・・・ 

【150坪前後の駐車場】
 人口も減り、若い世代の自家用車離れから街中の駐車場の空き率が高くなっているようで
 す。そんな土地をグループホームや小規模多機能型居宅介護に活用いたしませんか?
 建蔽率200%あれば約750㎡以上の3階建ての建築が可能です(高さ制限あり)
 となればグループホーム2フロア・小規模多機能型居宅介護1フロアでの運営が可能となり
 グループホーム・小規模多機能型居宅介護の運営規模にピッタリです。
 貸す方法も建築して賃貸するのも可、借地にするのも可です。または、いずれの場合において
 も定期借家もしくは定期借地にする方法も良いのではないでしょうか?最終的には、不動産が
 戻ってくるという安心感が得られることになります。 

【立地条件の悪い土地でも可】
 介護事業は、必ずしも幹線道路や立地条件の良いところの不動産ではいけないことはありません。
 逆に幹線道路などであれば高齢者にとって危険な状況と判断されます。(しかし、サービス付高齢者
 向け住宅は違いますが・・・)接道条件が悪く、一般的に評価が悪い不動産でも介護事業によっては
 利用価値があります。間口が3m以下の奥まっつた土地で建築が可能な土地がありました。この
 土地にデイサービス(平屋)を建築してお借りしたケースもございます。ビジネスによっては、約2km
 範囲が商圏となりますので、郊外型の土地でも検討できる可能性があります。

【コンビニ後をデイーサービスへ】
 内部を改装して、浴槽を設置し利用が可能となります。大体、一般的なコンビニ後で
 約25名定員のデイサービスの運営が可能です。改装コストも浴室・キッチン位で安価
 でできるのはないかと思います。また、駐車場スペースは広くなりますが、容積率に余裕
 があるなら事務所を増設し、在宅介護事業所などを併設するのも良いかもしれません。

【銭湯をデイサービスへ】
 銭湯の浴場の一つを改装してデイサービスのフロアといたします。残した浴場をデイサービス
 の浴室としてそのまま利用する方法です。一般的に浴室が大きくなりますが、以前の銭湯の
 面影を残したデイサービスとなり、昔、ご利用いただいた地域住民の方々に親しまれるデイ
 サービスとなります。

【一戸建て住宅をデイサービスへ】
 ここ2・3年急速に増えたケースです。家庭的な雰囲気でのデイーサービスが可能となり、さらに
 安価で改装ができ、小規模デイサービスの普及が後押しをして増え続けました。しかし、来春
 の介護保険改正で、このような小規模のデイサービスが総量規制となるようです。全く無理では
 ないのですが、その地域の状況で各行政が判断を行いますので、注意が必要です。

【訪問介護事業所も1階店舗でなくとも・・・】
 ヘルパーを派遣する訪問介護事業は、1階になくても大丈夫なのですが、外部派遣している
 ヘルパーさんが集まりやすい状況が求められます。具体的には、自転車での来訪が多く、自
 転車が止めれるスペースの確保が求められます。

以上、今回は、比較的面積が狭い形状の不動産が活用しやすい、在宅介護の事業での
事例を一部ご紹介いたしました。ますます、需要が増える介護業界ではありますが、それぞれ
の事業での形態が違いますので、お手持ち不動産によってもアプローチして効果的な事業が
ございます。また、事業所の拡大、移転などの情報も重要となります。

オフィス松本は、約20年の不動産の経験を基に介護事業への転身を図り、様々な地主様
家主様とのご縁をいただき、喜んでいただいています。

ぜひ、今ご所有の不動産でお困りごとがございましたら、一度お気軽にお問合せください。
親身になって、その不動産の活用方法を考えさせていただきます。

■関連記事
ご所有の不動産の福祉への有効活用!
サービス付高齢者向け住宅の運営者様へ 『ご提案です!』


介護業界に纏わる様々なサービスに特化したコンサルタント
--------------------------------------------------------------------------
    株式会社 オフィス松本
    〒663-8177 
     兵庫県西宮市甲子園七番町20-19-201
      TEL 0798-20-0259 FAX 0798-20-0260
---------------------------------------------------------------------------

この記事を書いたプロ

株式会社オフィス松本 [ホームページ]

経営コンサルタント 松本孝一

兵庫県西宮市甲子園七番町20-19-201 [地図]
TEL:0798-20-0259

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
コンサルメニュー

約9年間で23事業所の運営・開設を経験したノウハウで、介護事業所様の目線に立ったアドバイスを心掛けております。2015年春、介護保険が大きく改正されま...

コンサル実績!
イメージ

介護事業の新規開業支援をお手伝いいたします。オフィス松本は、他のコンサルタントと絶対的に違いがあります!それは・・・事業の指定申請だけでなく、現場を経...

 
このプロの紹介記事
松本 孝一 (まつもと こういち)さん

介護事業者のサポートに特化したコンサルティングを展開(1/3)

「今、介護業界に大切なのは、事業者やスタッフの方々が笑顔になれる仕組みづくりです」というのは、介護事業専門コンサルタントの松本孝一さんです。目の前に阪神甲子園球場を望む株式会社オフィス松本の代表取締役として、西宮市を中心とする阪神エリアで介...

松本孝一プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

介護事業の経験を活かし、経営者様の「右腕」となります!

会社名 : 株式会社オフィス松本
住所 : 兵庫県西宮市甲子園七番町20-19-201 [地図]
TEL : 0798-20-0259

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0798-20-0259

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

松本孝一(まつもとこういち)

株式会社オフィス松本

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
介護事業所 コンサルタント  120分セッションの実施
イメージ

 介護事業の方向性を一緒に考えましょう! 期間限定「120分 事業効率化セッション」を実施しています...

[ 介護事業コンサルタント ]

新しい総合事業 神戸市 事業者説明会
イメージ

 9/1開催! これからの要支援者はどうなる? 本日、神戸市の介護事業者に対する事業者説明会が開催さ...

[ 訪問介護・通所介護 ]

新しい総合事業の行方・・・  神戸市・大阪市
イメージ

 新しい総合事業 H29年4月開始! 神戸市の集団指導が、9月1日となっています。いよいよ、在宅介護...

[ 介護セミナー(研修) ]

新しい総合事業セミナー (大阪市)
イメージ

 クレアケア主催 新しい総合事業を理解するセミナー 大阪市(南部)のケアマネジャー様えを対象に...

[ 介護セミナー(研修) ]

認知症介護の難しさ・・・
イメージ

 認知症介護をする上で注意しておくべきポイントとは? 認知症介護で理解すべきことは、介護者の気持ちが、...

[ JIJICO【毎朝3分間の知恵チャージ】 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ