プロTOP:小田垣昇プロのご紹介

黒豆の栽培指導から販売、普及に140余年の歴史を誇る老舗(1/3)

小田垣商店の小田垣昇さん

丹波篠山の名産「丹波黒大豆」は大粒で豊かな食感が特徴

 お正月料理に欠かせない黒豆。この黒豆の煮ものは、黒い色が邪気を払う「厄除け」と、黒く日焼けするまでまめに働き、達者に暮らすといった「健康」「長寿」を願う意味があり、おせちの重箱のなかでも一番上の一の重に入っています。

 「おめでたい食材として親しまれてきた『黒豆』は、表皮が黒い大豆のことで正式には『黒大豆』と言います。黒大豆の品種は全国で30以上ありますが、ここ丹波篠山(兵庫県篠山市)の名物『丹波黒』は丸々とした大粒で、煮ても形が崩れにくいのが特徴です。つややかで見た目にも美しく、もちもちとした食感で風味豊かです」
そう話すのは、黒豆の加工販売を行う「小田垣商店」の常務取締役・小田垣昇さん。

 同店の歴史は古く、徳川家康により築かれた篠山城のお膝元で1734年に鋳物商として創業。幕藩体制が終わりを迎える1868年(明治元年)に種苗店に転業し、黒豆の栽培や普及に尽力するようになりました。
 「当店が種苗業に転業後、『丹波黒豆の良さを多くの方に知っていただくこと』『特産品として生産量を上げ、地域の農業を盛り上げていくこと』を志としてやってきました。私どもは、明治の頃から生産者の方々と栽培環境の改善に努めてきました。おかげで徐々に耕作面積が増え、昭和の初めには全国に商品をお届けできるようになりました。当時はインターネットもない時代です。『知り合いから分けてもらい、たいへん気にいった』と口コミで評判が広がり、お手紙で注文をいただいことが記録に残っています」と小田垣さん。

 「近年は、黒豆に含まれているイソフラボンやアントシアニンといった栄養素にも注目が集まり、健康食材としてもニーズが高まっています。これまでも、そしてこれからも『丹波黒豆』のおいしさと魅力、伝統を伝えていくことが、私どもの使命だと考えています」

<次ページへ続く>

【次ページ】 手作業で選別された選りすぐりの粒を使用

小田垣昇プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

丹波篠山の黒豆(丹波黒)の生産・集荷・販売に140余年の歴史

会社名 : 株式会社小田垣商店
住所 : 兵庫県篠山市立町9 [地図]
TEL : 079-552-2369

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

079-552-2369

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小田垣昇(おだがきのぼる)

株式会社小田垣商店

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ