コラム

 公開日: 2018-02-07 

スライスが出始めるとボールを左に出してしまう方の勘違い

スライスの対処法

スライスでお悩みの方は結構おられるのではないか?と思います。
今回は、そんな悩みをもって体験レッスンにお越しになった方のお話です。
*最初にお断りしておきますが、今から述べる対処法は一例であり、すべての症例がこれで直るという万能薬ではありません。必ずプロにチェックしてもらい、ご自身に合った対処法を採るようにしてください。
(以下、Tは体験レッスンに来られた方。私は私)

私『こんにちは。今日はどんなお悩みでお越しになられましたか?』
T『スライスがきついんです。距離はまあまあ出るんですが、曲がりがきつくって。』
私「わかりました。とりあえずスウィングをチェックしてみましょう。ショートアイアンなら何番でも構いません。打ってみてください。』
Tさん、緊張しながら打ち始めます。見たところおかしなところは見当たりません。
打っている時に、黙ってビデオを撮りました。『撮りますよ。』というと、緊張したり、余所行きのスウィングをしようとされるので、気づかないうちに自然なスウィングを撮影します。
私『ちょっとこれをみて頂けますか?』
T『・・・・・・・・』
ビデオチェックしても、これといっておかしなところは見当たりません。
グリップも特にスライスになっているわけではありません。
ただボールの位置が左過ぎることだけが気になりました。
『Tさん。元々ボールはその位置ですか?』
『いえ、もうチョッと中だったんですけど、スライスがきつくなってきてそれで・・・』
私『あぁ、やっぱり! 多いんですよ、スライスが出始めるとボールを左に出す方って。フェースがかぶって左に行くから直ると思われたのではないですか?』
T『?! わかりますか?! その通りです。』
私『えっとですね、チョッと図でお教えしますね。』
私はその場で簡単な絵をかいて示しました。その絵がこれです。

私『Tさんは、Bの位置で構えているつもりで実はAとBの間でセットアップしていたのだと思います。クラブの軌道=プレーンって大まかに言えば円ですよね?』
T『はい、そうですね。』
私『この軌道上で、Bの位置にボールがあって、インサイドインのスウィングをすればボールは真っすぐに飛び出します。そしてフェースがスクウェアに当たればサイドスピンも少なく、ストレートボールになります。ここまではお分かりになりますか?』
『はい、分かります。』
私『これがAの位置にボールがあれば、アウトサイドインの軌道になりますよね?』
T『そぅ・・・なりますかね?』
分かりづらいようでしたので、実際にクラブを使って説明しました。
T『良く分かりました。で?』
私『この絵ではフェースはかぶっていますが、実際にはシャフトはしなっていますから、逆にフェースは開くことが多いのです。そうするとアウトサイドインの軌道で入ってきてフェースが開いていますから、ボールは左に飛び出し、フェース面でカットされるような形になりますからスライスになります。』
T『今度は良く分かりました。だから私がボールを左に出したのは、よりカットがきつくなることをしてたってことなんですね?」
私『素晴らしい! その通りです。スライスが出るからといって、フェースをかぶせようと闇雲にボールを左に出せばいいというものではないんです。ではちょっとテストしてみましょう。』
当店自慢の高性能シミュレーターで計測しました。

Tさんが最初にボールをおいていた左過ぎる位置だと、打ち出しは左に4度くらい。サイドスピンは1200~1800回転くらい。
今度はボールを中に入れて打ってもらいました。
私『どうですか?』
T『なんか目から鱗が落ちたみたいです。正直言って、ホンマかなぁ?って疑ってたんですけど(笑)』
今度の打ち出しは、左に1度から2度。半分に減りました。そしてサイドスピンは300~500回転まで落ちました。
スライスが減った分、縦の距離も伸びました。
T『あの予約制ですよね?』
私『はい、ご自分の好きな時間を指定してください。すでに埋まっていればダメですが、空いていればお入りになれます。』
T『今日入会して、この後そのままレッスンって受けられますか?』
私『はい、大丈夫ですよ。今日はこの後は空いておりますから。』
T『じゃ入会します。』

すべての方がこんな風に一発で直るわけではありません。
Tさんの場合、グリップと体重配分がきちんとできていたことでエラーを起こしている箇所がすぐに分かりましたが、エラーの原因というのは複合していることが多く、なかなか一発では見つからないことが多いのです。
また冒頭でも述べましたが、スライスの原因はここまで述べてきたボールの位置だけに起因するとは限りません。
いろいろな理由がありますし、直し方にもいろいろなやり方があります。
悩まれたら我流で直そうとせず、確かなプロ=医者にかかることをお勧めします。
オーシャンゴルフアカデミーですか?
はい、スウィングを診る内科も、クラブを直す外科も備えております(笑)
悩まれたらどうぞ遠慮なくお問い合わせください。
きちんと大書させて頂きますので。

この記事を書いたプロ

オーシャンゴルフアカデミー [ホームページ]

スポーツインストラクター 深田洋史

兵庫県神戸市東灘区西岡本3-1-21 [地図]
TEL:078-431-3727

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

最近始めた、ハーフラウンドレッスンについて女性のYMさん、YAさん。ほかにも男性の多くの方々から、良かったというお声を頂きました。以下はお客様たちから頂いた...

 
このプロの紹介記事
オーシャンゴルフアカデミーの深田洋史さん

スイング(内科)・クラブ(外科)の両面から指導する“ゴルフのお医者さん”(1/3)

神戸市・西岡本の閑静な住宅街で、ゴルフレッスン教室「オーシャンゴルフアカデミー」を運営している深田洋史さん。もともとクラブのクラフトマンである深田さんのゴルフ指導は、通常のインストラクターの指導方法とはひと味違います。「一般的なレッスン...

深田洋史プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

特に初心者の方にとって、分かりやすくお教えします

店名 : オーシャンゴルフアカデミー
住所 : 兵庫県神戸市東灘区西岡本3-1-21 [地図]
TEL : 078-431-3727

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-431-3727

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

深田洋史(ふかだひろふみ)

オーシャンゴルフアカデミー

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
寄せたい方のためのアプローチ講座 第1回(ピッチエンドラン)

『最近、よくコラムを書いてますね?』と生徒さんから言われるようになりました。そして『よくネタがありますね...

[ アプローチ ]

100を切りたい方のためのコース戦略
イメージ

100を切りたい方のためのコース戦略平昌オリンピックに出ている選手やスタッフの皆さん、お疲れ様です。メダ...

[ 100を切りたい方のために ]

走り系で捉まえるか? 粘り系でコントロールするか?
イメージ

走り系REDで捉まえるか? 粘り系BLUEでコントロールするか?あるいはTOURでぶっ叩くか?今日は新製品をご紹...

[ ゴルフクラブ ]

体に故障を持っていてもゴルフは楽しめます

私は、ラグビーをやっていた時に膝を壊しています。その他にも骨折・靭帯損傷等々、故障個所は数え切れません(...

[ 故障者のゴルフ ]

冬の防寒対策(実例)
イメージ

冬の防寒対策(実例)今日は太平洋クラブ宝塚コースでのラウンドでした。朝の気温はマイナス5度。今まで書...

[ ゴルフあれこれ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ