コラム

 公開日: 2018-02-05 

スタート前の練習場に持っていくクラブの選び方

時々こんな質問を頂きます。
(以下、生は生徒さん。私は私)

生『スタート前に練習場に行くでしょう?』
私「はい。』
生『TVなんかで観てると、プロはバッグごと持って行ってる人が多いですよね?』
私『そうですね。やはり各番手をチェックしたいでしょうから。』
生『でも私らアマチュアはそんなことできません。』
私『えぇ。カートにバッグを積み込んだりしますから、ちょっと難しいでしょう。まぁ、スタートの2時間前に到着して、1時間前にはバッグを戻す・・・なんてことができれば問題ないですが、8時のスタートだったりしたら、6時に着いてもまだフロントは開いてないことが多いので、実質上無理だと思います。』
生『それで訊きたいんですが、何本くらい持って練習場に行ったらいいんでしょうね?』
私『そうですねぇ・・・。基本ショート・ミドルのアイアンに、UTかFWとドライバーになりますが、気になるクラブは持って行った方がいいでしょうね。』
生『先生はどれを持っていくんですか?』
私『私の場合は、ラウンドレッスンで廻ることがほとんどですから、自分の練習というより、その日の球筋のチェックがメインになります。そうすると、SW・PW・#7・ドライバーしか持っていけないです。自分のチェックを細かくしていると、生徒さんを見る時間がなくなりますから。』
生『私はどれを持っていったらいいんでしょうか?』
私『○○さんの場合でしたら、やはりSWとPWは必須でしょうね。それと7か8のアイアン、5番UTか5番W。それとドライバーでいいと思いますよ。』
生『5番アイアンは要らないですか?』
私『コースとティーインググランドはどこを使うのか?で変わってくるでしょうね。パー4に長いホールが多いコースや、バックティーを使う場合だと5番アイアンも練習しておいた方がいいと思います。長めのパー3があるところでも同じです。逆に短いパー4が多いコースでしたら、ショートアイアンを確認した方がいいですね。』
生『わかりました。要はメインで使うクラブのチェックが大事ってことですね?』
私『そうです。その日のコース等によって、多用することが予想されるクラブであったり、自分が気になっているクラブをチェックするのが大切だと思います。』
生『わかりました。ありがとうございます。』

もちろんいろんなやり方はありますが、やはり『あれもこれも』ではなく、必須のクラブ以外は『これとこれ』と決めて練習場に持って行った方が、意識も散漫にならないと思います。
皆さんも一度意識して、持っていくクラブを選んでみてください。

この記事を書いたプロ

オーシャンゴルフアカデミー [ホームページ]

スポーツインストラクター 深田洋史

兵庫県神戸市東灘区西岡本3-1-21 [地図]
TEL:078-431-3727

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

最近始めた、ハーフラウンドレッスンについて女性のYMさん、YAさん。ほかにも男性の多くの方々から、良かったというお声を頂きました。以下はお客様たちから頂いた...

 
このプロの紹介記事
オーシャンゴルフアカデミーの深田洋史さん

スイング(内科)・クラブ(外科)の両面から指導する“ゴルフのお医者さん”(1/3)

神戸市・西岡本の閑静な住宅街で、ゴルフレッスン教室「オーシャンゴルフアカデミー」を運営している深田洋史さん。もともとクラブのクラフトマンである深田さんのゴルフ指導は、通常のインストラクターの指導方法とはひと味違います。「一般的なレッスン...

深田洋史プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

特に初心者の方にとって、分かりやすくお教えします

店名 : オーシャンゴルフアカデミー
住所 : 兵庫県神戸市東灘区西岡本3-1-21 [地図]
TEL : 078-431-3727

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-431-3727

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

深田洋史(ふかだひろふみ)

オーシャンゴルフアカデミー

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
寄せたい方のためのアプローチ講座 第1回(ピッチエンドラン)

『最近、よくコラムを書いてますね?』と生徒さんから言われるようになりました。そして『よくネタがありますね...

[ アプローチ ]

100を切りたい方のためのコース戦略
イメージ

100を切りたい方のためのコース戦略平昌オリンピックに出ている選手やスタッフの皆さん、お疲れ様です。メダ...

[ 100を切りたい方のために ]

走り系で捉まえるか? 粘り系でコントロールするか?
イメージ

走り系REDで捉まえるか? 粘り系BLUEでコントロールするか?あるいはTOURでぶっ叩くか?今日は新製品をご紹...

[ ゴルフクラブ ]

体に故障を持っていてもゴルフは楽しめます

私は、ラグビーをやっていた時に膝を壊しています。その他にも骨折・靭帯損傷等々、故障個所は数え切れません(...

[ 故障者のゴルフ ]

冬の防寒対策(実例)
イメージ

冬の防寒対策(実例)今日は太平洋クラブ宝塚コースでのラウンドでした。朝の気温はマイナス5度。今まで書...

[ ゴルフあれこれ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ