コラム

 公開日: 2016-03-04 

マナーについて

今日のレッスン時に感じた事を書きます。

後ろの組のマナーが悪かったのです。
特にグリーン上でピン(旗竿)の扱い方が悪い!。
ガシャン!と放り投げるので、グリーン面に傷がつく可能性がとても高いのです。
腰でも悪いのかな?と思ってみていると、 自分のクラブはそっと置く。その癖、公共の物はぞんざいに扱う。
また、私がアドレスに入っているのに後方(プレーの線)上をうろうろし、素振りまでしようとします。
プレーの線上に立ってはいけないのは、ゴルファーなら当たり前のこととしてわかってないといけません。
視界に入られると、集中力を乱されますし第一危険ですから。
さすがにアドレスを外し、『止まってください』と言いました。でも、仲間の人が袖を引っ張るまで気が付かなかったのかもしれませんが、やめませんでした。
直接言うとトラブルになるかもしれないので、その場はそれで収め、クラブハウスに帰ってからコースにピンのこと等を告げました。
まぁ常連らしく、コースも困っている様子でしたけどね(苦笑)

パブリックコースだろうがメンバーコースだろうが、マナーは万国共通です。
自分たちだけがコースにいるわけではありません。
自分の家の庭でプレーしているのなら、だれにも迷惑もかけないでしょうが、他の人もプレーするコースなのです。
後続プレーヤーのことを考えたら、そんなことはできないはずです。
自分がされたら嫌なことは、誰かにしてはいけないことなのです。
皆さんも、スコアよりもマナーをきちんとする方が大切なのだ・・・ということを、忘れないでくださいね。

この記事を書いたプロ

オーシャンゴルフアカデミー [ホームページ]

スポーツインストラクター 深田洋史

兵庫県神戸市東灘区西岡本3-1-21 [地図]
TEL:078-431-3727

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
お客様の声

最近始めた、ハーフラウンドレッスンについて女性のYMさん、YAさん。ほかにも男性の多くの方々から、良かったというお声を頂きました。以下はお客様たちから頂いた...

 
このプロの紹介記事
オーシャンゴルフアカデミーの深田洋史さん

スイング(内科)・クラブ(外科)の両面から指導する“ゴルフのお医者さん”(1/3)

神戸市・西岡本の閑静な住宅街で、ゴルフレッスン教室「オーシャンゴルフアカデミー」を運営している深田洋史さん。もともとクラブのクラフトマンである深田さんのゴルフ指導は、通常のインストラクターの指導方法とはひと味違います。「一般的なレッスン...

深田洋史プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

特に初心者の方にとって、分かりやすくお教えします

店名 : オーシャンゴルフアカデミー
住所 : 兵庫県神戸市東灘区西岡本3-1-21 [地図]
TEL : 078-431-3727

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-431-3727

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

深田洋史(ふかだひろふみ)

オーシャンゴルフアカデミー

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
上手なレッスンの受け方

今回はいつものスウィングの解説ではなく、上手なレッスンの受け方についてお話ししたいと思います。もちろん他...

[ レッスン ]

振り切れない理由
イメージ

お二人目は、コンスタントに100切りを目指すNさんです。Nさんは途中から急に『なんだか振り切れなくなりまし...

[ スウィングの分析 ]

始動の重要性
イメージ

2回にわたり、ラウンドレッスンの時の連続写真を使って解説していきます。今回はダブルボギーペースで廻ることが...

[ ラウンドレッスン ]

練習場だけではエラーの原因は分からないことも多いのです
イメージ

今回はYさんのラウンドレッスンを解説します。Yさんは60代半ば。20年以上にわたってご愛顧頂いているお客様です...

[ ラウンドレッスン ]

エラーの理由と改善法
イメージ

先日のラウンドレッスンの様子をアップします。参加者はKさん(写真A)、Mさん(写真B)、Tさん(写真C)です。...

[ ラウンドレッスン ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ