お客様の声

ローゼの会に参加して

私は、10年前からアレルギー体質になり、かゆみがひどく困っている時、理事長の清野さんに出会いました。(何件かの病院にも通いましたが 改善せず悩んでいました。)
 
夜寝ると体が温まり、異状にかゆくなり、寝れず悩み続けていました。

「その悩みを聞いて頂く・・・」、「心の思いを聞いて頂く・・・」
その内に通い続けるようになりました。

体が異常にかゆくなり出かけることが億劫になり、家に閉じこもると精神異状になってもおかしくない状態だと思いました。 
そんな時「夜、寝れなくても、寝れる時に寝れば良い!」
という気楽な考え方に気付かせてもらい、すごく気持ちが楽になりました。 

「こうしなければならない」、「こうすべきだ」を前向きに少しでも楽しく明るくなれる(自分の心使い!)がすごく大事なんだと気付かせて頂きました。

そして、この会には病気、精神的・身体的悩みをかかえた方がいらっしゃいます。
心配事が違っても、皆さん「心のうちを聞いてもらえる」「打ち明けられる」ことが共通しているので話し合えます。

(自分も家族も)良くなりたい! 人にも良くなってほしい! という気持ちになってもらえる会です。  


(兵庫県姫路市・SY様・50代)

この記事のURL

お話し会に参加して

ローゼの会の勉強会に参加させていただいて3年程が過ぎました。 
沢山の人に話しを聞かせていただいて勉強になる事ばかりでした。

50歳を過ぎていろんな友達になれる事が何より嬉しい事でした。
ご近所の友達じゃなく 自分を出せる場所がここだなと思いました。

お互いに「磨きあう」事の出来る所だと思い、月1度の勉強会が楽しみになってきました。
自分が心に残っている事を一つお話したいと思います。

苦手な人も、憧れの人も自分の鏡だということです。
いくら苦手な人でも惹かれあった人だということです。自分自身を見つめる為にも必要な人だと思い考え、悩み成長していく事だと思うのです。 

相手を選ばず、付き合い、人を愛し、愛される人になりたいといつも思っています。 
まだまだいろんな事があると思います。
でも、何でも話せ、心配してくれる人が沢山いる事が、何より今は私の宝です。


(兵庫県姫路市 EY様 50代)

この記事のURL

ローゼの会、清野さんとの出逢い

子供達も大きくなり、事実上の子育ては終わり、それとともに義父の介護という負担の割合が多くなりつつあった頃、理事長との出逢いがあったと思います。

その頃は、自分のしたい事も中途半端…、介護は自分一人に押し付けられた思いでした。

心に‘ゆとり’などなかった時だと思います。それを全て主人のせいにしていたのかもしれません。ちょうど 主人はパソコンをはじめた時だったので帰ってくると同時に、パソコンの電源をオンにしてごはんもそこそこに何時間もパソコンの前にいました。

そんな主人に腹をたて嫉妬していたのでしょう。今思えば独学でパソコンをマスターしてえらいなあと思えます。私にはできないことです。もっともそんな時間のゆとりがありません。

理事長の話しを聞くうちにだんだんあたたかい気持ちになっていったように思います。
あの頃、月に何回かは頭痛に悩まされ、頭痛薬に頼っていましたが、今ではその薬に頼る事は全くありません。

まだまだ自分自身は向上していませんが、日々「気づき」があったり、人の温かさを感じたり、人とのつながり、出会い、いろんな事を経験したいと思っています。

同じ生かされるのなら、明るく前向きに行きたいと、これからも勉強です。 


(兵庫県たつの市 HT様 50代)

この記事のURL

ローゼの会に参加して

私が ローゼの会にお世話になったきっかけは、母がすすめてくれたからでした。
清野さんにお会いし話ししたとき、この方なら何でも聴いてくださると確信しました。何でも話せました。そして 暖かい気持ちになり心から癒されました。
 
その時、初めて辛いのは自分だけじゃない、みんな何かしら悩みがあるのだと気付きました。

当時、子育てまっただ中の私は、育児の仕方が分からず専門書等読んではこれでいいのか?と悩む日が続いていました。 でも清野さんとお話しているうちに分かったのです。どこにも本当の正解なんてない。なくていいのだと。今の自分のままで、素直に子どもと向き合うだけでいいのだと。 
そうすると全ての人、物に対する感謝の気持ちが芽ばえたのです。
それからは 自分に少しずつ自信が持てるようになり、今では同じように悩む人の手助けができればと思うようになりました。

ローゼは、このような“気付き”を与えてくれる場所です。
今、私は何があっても惑わず、ゆるぎない自己を確立でき、周りの全ての関係がうまくゆき心身ともに健康な生活を送っています。
全て、ローゼに教えていただけたからだと感謝しています。
これからは、一人でも多くの方にこの“気付き”に触れてほしいと思います。
そして、笑顔の毎日が送れる事を心より願って筆を置きます。
有り難うございました。

(兵庫県尼崎市・女性)

この記事のURL

ローゼの会と出会ってから

私が理事長にお会いしたのは、末の息子が不登校と、不眠と過呼吸で5年ほど苦しんだ頃でした。

お会いした時、私の心の中で不思議な感覚、何とも言いがたい感情があった事を覚えています。
何回かお話を聞いていただくうちに、なぜ私だけが?どうしてこんな事ばかり私にあるのか?私が何の罪を犯したのか?
そんな事ばかり考え、私の物差しで測りながら私だけの世界の考え方で、子ども、主人、義父母を判断していた事のまちがいを気づかせていただきました。
そうしたら少し、肩の力をぬく事ができるようになりました。

気づいた時点で一歩前進 一歩進めば私の考え方も変わり、それに対する言葉がけも変わっていく事、そして私を取りまくまわりも変化していくのを教えていただきました。

50数年生きてきた私ですから 考え方や言葉を変えていくのはなかなか難しいですが、それでも少しずつ子どもが変わっていくのが 励みになりました。

今では大学を卒業して一人前の社会人として一人立ちしています。
私も苦しみましたが 息子がそれ以上に苦しかったと思います。そして黙って支えてくれた主人、娘たち、そして今は亡くなった義父母も苦しかったと思います。 

理事長とお会いしてから12年が過ぎました。
でも昨日のようにも思います。
やさしく、厳しく、楽しく、時には母のように包んでいただいていることに感謝の心でいっぱいです
これからも素直な心で進んでいきたいと思います。

(兵庫県宍粟市 女性)

この記事のURL

清野さん、そしてローゼの会との出逢いから 今現在

私がローゼの会に参加させていただいたきっかけは、私の大好きな親友からのご縁でした。
○○ちゃんは、いつも温かく前向きで、近くにいてくれるだけで元気で楽しいパワーをいただけたので、どうしたらこんなに素敵な女性になれるのかなと感じていました。

そんなタイミングにローゼの会のお勉強に声をかけてもらって、私は即「連れて行って!!」とお願いしました。

その頃の私は、子育てにも自分の人生にも全て自信が持てず、いつも心は先の事を案じたり、過ぎたことを後悔するくり返しでした。

会では、清野さんや皆さんが温かく受け入れて下さり、清野さんは清らかで温かで優しくお話して下さいます。

感謝すること、体験から気付き、学びにつなげること、苦しんだ時に助けてもらった気持ちを常に持ち続けること等、心にスーッと響くように気持ちがほぐれていくのが実感出来ました。
 
そして、いつしかほっと出来る場になりました。
自分に自信など全くなかった私ですが、今では“自分が大好き”と言える自分になりました。

(兵庫県尼崎市・女性)

この記事のURL

ローゼとの出会いに感謝

私が理事長のところに世話になるキッカケは母でした。
その3ヶ月半後に息子でした。
息子がある日突然、日常生活で歩くことや話すことができなくなったのです。

その時は、なぜ?どうして?私の家だけ?息子が何か悪い事をした?私たち家族が何か悪いことをした?
そんな事ばかり考えて、泣いてばかりいました。

そして、理事長の所に通う毎日の中でいろんな事がありました。
いろんな方と出会い、そして別れがあり、その中で、悔しい思い、悲しい思い、うれしい思い、いろんな思いをし、人と出会うのも必要な事だと教えられました。

息子にとってもいろんな思いがあったと思うのですが、何も言わず、ただひたすら、自分の身に起きたことを受け入れ、自分なりに与えられた仕事を、文句も言わずに自分なりに出来ることを一生懸命にしようとしている姿に教えられる事も多々あります。

息子が、今、こうしていられるのは、理事長や、◎◎さん、○○さん △△ちゃん、ローゼの会の方々が、かけてくださる言葉が、励みになり、息子なりの信念を持っているのだと思います。

私も見習わなくてはいけないと思いつつ、時々、神様なんかいないと言いながら、怒ったりしてしまいます。ダメですね。
でも、毎日を笑って暮らせる事、何があっても心配しないで暮らせる事、言葉にすればなにげない事だけれど、それはすごい事だと思います。
そういう暮らしが出来るのは、理事長と巡り合わせて頂けた事、何でも話せる場所を頂いている事です。

今、振り返って思う事は、息子を病院に連れて行った時に、今後どうしたら良いのだろうと思った不安、迷い、言いようのない気持ちでした。
一人で落ち込み、考え込んでしまっていました。

今、そういう思いを持っている方がたくさんおられるとおもいます。
そういう方々が、自分一人では無いと感じ、笑って暮らせる日々が一日でも早く来ることができるように、理事長のお手伝いが少しでも出来るといいなと思う日々です。

そして、私自身の目標に、少しでも近づける様に頑張りたいと思います。
今後ともよろしくお願いします。

(兵庫県姫路市 女性) 




この記事のURL
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
お客様の声

私は、10年前からアレルギー体質になり、かゆみがひどく困っている時、理事長の清野さんに出会いました。(何件かの病院にも通いましたが 改善せず悩んでいました。)...

講演

NPO法人ローゼでは 定例のお話会に加え 理事長清野佳代子を講師として2か月に1度のペースで講演会を開催しています次回講演会 2016...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
NPO法人ローゼの清野佳代子さん

育児や家庭生活など心と体に不安や悩みを抱える人をサポート(1/3)

 「育児や家庭生活、病気について、誰にも話せずに苦しんでいる方は少なくありません。悩みを気兼ねなく打ち明けられる場を提供し、少しでも肩の荷を降ろしてもらうことが私たちの役割だと考えています」。そう話すのは、NPO法人ローゼの理事長、清野佳代...

清野佳代子プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

「メンタルケア心理士」としてみなさんのお悩みを解決します

所属 : NPO法人ローゼ
住所 : 兵庫県姫路市延末312 [地図]
TEL : 090-3841-3463

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-3841-3463

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

清野佳代子(きよのかよこ)

NPO法人ローゼ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

息子の不登校について悩んでいました。

私が理事長にお会いしたのは、末の息子が不登校と、不眠と過...

MS
  • 50代/女性 
  • 参考になった数(6

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
5月のテーマは 青い鳥
イメージ

NPO法人ローゼでは、毎月1回定例のお話し会を開催しています。お話し会と言いましても、堅苦しいものではな...

[ お話会 ]

ラジオ関西にレギュラー出演(ラジ王) youtube(音声のみ)

ラジオ関西で(ラジ王)の過去放送分を掲載します2016年 8月分2016年 6月分2016年 ...

[ ラジ王 ]

手芸教室 (デコパージュ)
イメージ

世界に一つの袋です

[ 一般教養 ]

糀ライフを始めよう

◎甘糀は飲む美容液・飲む点滴 ◎塩糀 (醤油糀)は魔法の調味料薬に対しての豆知識の お話を聞いた後 甘糀...

[ 一般教養 ]

物事を一方向から見ず  一歩引いて考えてみよう

長男 パニック発作~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~長男は いじめが原因で...

[ 辛いのはひとりじゃない ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ