コラム

 公開日: 2017-05-24 

『あるもので工夫する!』ペタタの防災・減災イベント開催しました

災害時に、もし大きなビニール袋が1枚あったとしたら、
その使い方は、一体いくつあるのでしょう。

実際にその袋を手にすると、アイデアが生まれてくるはず。

そうした思いから開催したペタタの防災・減災イベント
『あるもので工夫する!』が
5月21日、国立青少年教育振興機構子どもゆめ基金の助成を受けて開催されました。

神戸新聞社のご協力を頂き
『#ならべる防災』として非常用持ち出し袋の中身を再チェックしながら、

大きなビニール袋を手に、親子でどのように使えるか話し合います。



くるまって寒さをしのぐ! 
袋に入って顔だけ出すと寝袋みたいに使う!
水をためることが出来る! 
必要なものを入れて持ち運ぶことが出来る!
首と手を通す部分を切り取ると洋服の様になる!

家庭で普段使う45ℓゴミ袋の倍の大きさの90ℓサイズの袋を手に
子ども達のアイデアが次々と発表されます。


その袋に切り込みを入れポンチョタイプのレインコートを制作しました。

これは、頭でわかっていても実際に手を使って作ることで、
はじめて体得できる制作です。

「へえ!なるほどね、ココに切り込むを入れるとこうなるんだ!」と大人の声も聞こえてきます。


出来上がったビニール袋のポンチョを試着してみました。




当日は、非常食の試食も行いました。

◆鍋も水も汚さず、ポリ袋(※当日はハイゼックス炊飯袋を使用)だけで出来る炊飯
◆ローリングストックの説明
◆備蓄用に開発された非常食の試食です。

食器を汚さないように・・・新聞紙でお皿を折ってラップをかけての試食です。

美味しい美味しい!と子ども達の声。



阪神淡路大震災の時もに、温かい食べ物が本当に嬉しかったんだよ。と話しながら
読み聞かせした絵本は
『タンポポ』です。

東日本大震災の絵本です。

誰も笑えない、誰も笑わない。
でもボランティアさんの炊き出して温かい食べ物を口にした時、
湯気でほわっとぬくもって
少しだけ笑った。

という場面があります。

食べ物に感謝しながら心を込めて読みました。


他にも、
絵本と音楽のコラボとして当日は
『ゆずちゃん』 阪神淡路大震災の絵本
『つなみのえほん』 宮城県南三陸町での絵本
を選書して読んでいます。






今年度のペタタは、震災関連のイベントを中心に
◆震災関連絵本と音楽のコラボレーション
◆手をつなごう壁画制作・絵の寄せ描き
◆親子で防災・減災について考える機会として非常用持ち出し袋にお絵描き
を行います。

現在決まっているものは
7月広島県福山市、8月熊本県熊本市、10月宮城県名取市 来年1月神戸市での開催です。


3年にわたって子ども達の絵をつないで完成させる『ペタタ・KOBEお絵描きで手をつなごうプロジェクト』は
今年度が完成の年。
少しでも多くの子ども達に絵を描いてもらえるよう、
そして絵本を通して親子で震災を感じ話しあえる機会が増えることを心から願っています。

この記事を書いたプロ

NPO法人アトリエ・Petata [ホームページ]

講師 石橋幸子

兵庫県中央区多聞通5丁目3-10  [地図]
TEL:078-351-1415

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

5

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
講演・絵本講座
イメージ

来月から始まるペタタの絵本l講師養成講座の第5期生の募集を開始します。これまでの第1~6期までの講座では、指導者の他、保育士、司書、児童養護施設・幼...

お絵描きで手をつなごう
イメージ

お絵描きでたをつなごうプロジェクト、いよいよ最終の年が始まります。2017年1月は、22日に兵庫区役所で開催。震災絵本と音楽演奏、そして親子で...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
石橋幸子 いしばしさちこ

「絵本×造形」で子どもの創造力と思考力を育むアトリエ教室(1/3)

「読み聞かせと造形の子どものアトリエ ペタタ」は、神戸市中央区にある「読む×創る」がコンセプトのユニークな造形教室。毎回、代表の石橋幸子さんが一冊の絵本を子どもたちに読み聞かせるところから始まります。「子どもたちが絵本を読んでわくわく広...

石橋幸子プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

喋りのプロによる「読み聞かせ×造形」で子どもの創造力を育む

会社名 : NPO法人アトリエ・Petata
住所 : 兵庫県中央区多聞通5丁目3-10  [地図]
TEL : 078-351-1415

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-351-1415

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

石橋幸子(いしばしさちこ)

NPO法人アトリエ・Petata

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

たくましく生き抜く力と成功体験をたっぷりと出来る

頭の中のイメージを具現化する」という点では作文も造形も全...

Y・F
  • 女性 
  • 参考になった数(4

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
夏至の今日、お日様の代わりに空からは…? 3才児造形指導
イメージ

今日は夏至。1年で一番お昼間が長い日です。ですが、ここ神戸の空はお日様の代わりに、灰色の空からたく...

絵本専門士の選書と身体で感じるオノマトペ
イメージ

私はいつも思います。『絵本はちゃんと座って静かに聞きましょう。』・・・の、『ちゃんと』って?『静か』...

[ アトリエ通信・コラム ]

使うのがもったいない!!子ども達の絵で作るグラスエッジング
イメージ

前回の制作は、ガラスエッジングです。自分の描いた図案がそのまま、すりガラスになる素敵な作品を作りました...

[ アトリエ通信・コラム ]

【指導者講座】 梅雨の雨が似合う花と雨を楽しむアート
イメージ

昨日は、近畿地方でも梅雨入りが発表されました。これからおよそ1ヶ月、雨の季節とのお付き合いです。雨を...

[ 絵本講座 ]

子ども達に絵本を通して伝える 季節の言葉
イメージ

今年の4月前半の制作導入で、満開の桜の絵が表紙『はじめまして』という絵本を読みました。1本の木を通し...

[ アトリエ通信・コラム ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ