コラム

 公開日: 2017-02-17 

【講演】絵本から広がる制作遊びの実例紹介とワークショップ

今週の月曜日、大阪府八尾市教育委員会にて
保育士・幼稚園教諭・小中学校教職員を対象にした講座
『絵本から広がる制作遊びの実例紹介とワークショップ』を行ってきました。



絵本を介して制作遊びに広げる方法、
さらに、アート制作やゲーム感覚で楽しめる『言葉遊び・国語への発展あそび』や
『調べ学習』へのつなぎ方を中心に講座を進めました。
今回は、現場での対象年齢が幅広かったため、
より多くのアレンジ例をご紹介しました。

もちろん、絵本講座や
ちょっとしたコツで惹きつけられる読み聞かせ方なども含めた2時間の講座です。



たくさんご紹介した絵本の中から、
講座中に読んだ絵本は
ふしぎなタネやさん/おじいちゃんのごくらくごくらく/あっ!みーっけたっ!/みずいろのマフラーの4冊です。


なお、実際に受講して頂いた先生方にも
★絵本から広がる『わくわく簡単お話作り』
★『見通しお絵描き』から楽しむ 絵本の読み聞かせ
の2つのワークショップを行いました。

園児~大人まで
対象年齢に関係なく気軽に取り入れることができ、また、
起承転結でアレンジもたくさん出来る
一番のおすすめワークショップです。

ご受講いただいた先生方は、この『簡単お話作り』について

◆中学校での家庭科で、保育分野を教えるときの参考にしたいと思って受講しました。
グループでのお話作り活動など、さっそく取り入れていくたいと思います。

◆『お話作り』は、毎日の子どもと達とのやり取りにも使えることを知りとても楽しかったです。
今(小学校)は担任をもっていないので、今度担任を持たせて頂いた時に子ども達と楽しみながら
コミュニケションを取れたらいいなと思いました。

など、アンケートに書いてくださってます。


その他のアンケートも少しご紹介します。

◆絵本を読む技術がここまで奥深いものとは思いませんでした。
実際に絵本を読んで頂いてひきこまれました。
間のとり方やスピード、声の高さなどで印象が大きく変わることがわかりました。
今は低学年を担当しているので現場に戻り実践していきたいと思います。

◆読み方によって、本当に心に届くものなんだと実感できました。
現在、0歳児担当ですが、小さい子ども達にも読むペースや間のとり方など実践していこうと思いました。

◆絵本に対しての考え方や、それを通しての子ども達との向き合い方
という基本的な事から
普段意識せずにいるような話し方のことまで幅広いお話が聞けました。
その中で一番私の中に ハッと気付きのあった話が
「絵本は共有するものであり、答えを求めるものではないので、読み手は投げかける」という事でした。

◆絵本を読む時の 導入方法や、一緒にワクワクして読み始める事など
改めて考えさせられる部分が多くありました。
想像力を育むためには、楽しい!と思わせること
そしてそこから楽しいファンタジーの世界を作り出していくことなど
実践してみたいなと思うところもたくさんあり
今後の取り組みの中で少しづつでも取り入れていきたいと感じました。
低学年のうちに、しっかりと耕して耕して、その後の成長へと繋がるものがあればと思います。

など、とても熱心に書いてくださいました。
現場から直行で大変だったとおもいますが、ご受講いただきありがとうございました。


講座のメインは
『絵本を介して心を届ける』という事です。

これからも、絵本から広がる様々な活動に結び付けられるアイデアを実践し
今後も、どんどん発信していきます。

この記事を書いたプロ

NPO法人アトリエ・Petata [ホームページ]

講師 石橋幸子

兵庫県中央区多聞通5丁目3-10  [地図]
TEL:078-351-1415

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

24

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
講演・絵本講座
イメージ

来月から始まるペタタの絵本l講師養成講座の第5期生の募集を開始します。これまでの第1~6期までの講座では、指導者の他、保育士、司書、児童養護施設・幼...

お絵描きで手をつなごう
イメージ

お絵描きでたをつなごうプロジェクト、いよいよ最終の年が始まります。2017年1月は、22日に兵庫区役所で開催。震災絵本と音楽演奏、そして親子で...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
石橋幸子 いしばしさちこ

「絵本×造形」で子どもの創造力と思考力を育むアトリエ教室(1/3)

「読み聞かせと造形の子どものアトリエ ペタタ」は、神戸市中央区にある「読む×創る」がコンセプトのユニークな造形教室。毎回、代表の石橋幸子さんが一冊の絵本を子どもたちに読み聞かせるところから始まります。「子どもたちが絵本を読んでわくわく広...

石橋幸子プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

喋りのプロによる「読み聞かせ×造形」で子どもの創造力を育む

会社名 : NPO法人アトリエ・Petata
住所 : 兵庫県中央区多聞通5丁目3-10  [地図]
TEL : 078-351-1415

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-351-1415

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

石橋幸子(いしばしさちこ)

NPO法人アトリエ・Petata

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

普段の生活の中で、子どもの創造力と想像力が身についていることを実感!

子ども達が純粋に何かを作るところを楽しんでいるところが一...

中川
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(13

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
夏至の今日、お日様の代わりに空からは…? 3才児造形指導
イメージ

今日は夏至。1年で一番お昼間が長い日です。ですが、ここ神戸の空はお日様の代わりに、灰色の空からたく...

絵本専門士の選書と身体で感じるオノマトペ
イメージ

私はいつも思います。『絵本はちゃんと座って静かに聞きましょう。』・・・の、『ちゃんと』って?『静か』...

[ アトリエ通信・コラム ]

使うのがもったいない!!子ども達の絵で作るグラスエッジング
イメージ

前回の制作は、ガラスエッジングです。自分の描いた図案がそのまま、すりガラスになる素敵な作品を作りました...

[ アトリエ通信・コラム ]

【指導者講座】 梅雨の雨が似合う花と雨を楽しむアート
イメージ

昨日は、近畿地方でも梅雨入りが発表されました。これからおよそ1ヶ月、雨の季節とのお付き合いです。雨を...

[ 絵本講座 ]

子ども達に絵本を通して伝える 季節の言葉
イメージ

今年の4月前半の制作導入で、満開の桜の絵が表紙『はじめまして』という絵本を読みました。1本の木を通し...

[ アトリエ通信・コラム ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ