コラム

 公開日: 2013-11-11  最終更新日: 2014-08-01

かんたんカラー版画で、年賀状作り

11月前半のアトリエは、版画で年賀状作りです。

スチロールボードを使ったスチレン版画で
小さな子でも比較的簡単に制作できます。









制作時間は、1時間半。
本当に、素敵な作品ができました♪♪

作り方など詳しくはこちらのブログをご覧ください↓↓
http://www.npo-petata.net/cat2/11.html


★読み聞かせと造形の子どものアトリエ・ペタタは、生徒募集中!
詳しくはホームページをご覧ください。
http://npo-petata.net/
見学・体験 随時受付中です。
(2歳児親子クラス・園児クラス・小学生クラス)

★幼稚園・保育園への出張教室・講演・絵本セミナーなども行います。

この記事を書いたプロ

NPO法人アトリエ・Petata [ホームページ]

講師 石橋幸子

兵庫県中央区多聞通5丁目3-10  [地図]
TEL:078-351-1415

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
講演・絵本講座
イメージ

ちょうど10日前に、神戸市内で開催した保育士・幼稚園教諭対象の講座を行ってきました。テーマは『絵本とアートでつながる絆』です。講座の詳細は、また後日...

お絵描きで手をつなごう
イメージ

お絵描きでたをつなごうプロジェクト、いよいよ最終の年が始まります。2017年1月は、22日に兵庫区役所で開催。震災絵本と音楽演奏、そして親子で...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
石橋幸子 いしばしさちこ

「絵本×造形」で子どもの創造力と思考力を育むアトリエ教室(1/3)

「読み聞かせと造形の子どものアトリエ ペタタ」は、神戸市中央区にある「読む×創る」がコンセプトのユニークな造形教室。毎回、代表の石橋幸子さんが一冊の絵本を子どもたちに読み聞かせるところから始まります。「子どもたちが絵本を読んでわくわく広...

石橋幸子プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

喋りのプロによる「読み聞かせ×造形」で子どもの創造力を育む

会社名 : NPO法人アトリエ・Petata
住所 : 兵庫県中央区多聞通5丁目3-10  [地図]
TEL : 078-351-1415

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-351-1415

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

石橋幸子(いしばしさちこ)

NPO法人アトリエ・Petata

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

たくましく生き抜く力と成功体験をたっぷりと出来る

頭の中のイメージを具現化する」という点では作文も造形も全...

Y・F
  • 女性 
  • 参考になった数(4

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
【開催しました!】秋空の下でペタタ絵本ライブ in神戸市立須磨離宮公園
イメージ

神戸市立須磨離宮公園でフレル!×絵本として、昨日ペタタの読み聞かせアートを開催しました。台風一過のま...

[ 出張教室 ]

子どもの小さな発見は、体験をリンクさせるチャンス! ~動物モビールの制作を通して~
イメージ

先日、「ペタタでは小さな子も大きな子も同じカリキュラムで、大丈夫ですか?」と尋ねられる機会がありました。...

[ アトリエ通信・コラム ]

秋空のもとでペタタ絵本ライブ in神戸市立須磨離宮公園
イメージ

折り紙やラクガキ帳など1枚の紙がおいしそうなお弁当に早変わり~(^^)ハサミもノリも使わない簡単ミニ工作...

[ 出張教室 ]

2学期最初のペタタはゆ~らゆらモビール 制作導入は‶な~んにもしないサイ"の絵本
イメージ

夏休みが終わった子ども達は、2学期の生活や運動会の練習などなど、とっても頑張っています。そんな時こそ、ペタ...

[ ペタタの教室~絵本から広がる創造活動~ ]

参加者募集】絵本を介し アート制作を通した ペタタならではの防災・減災イベント
イメージ

今日の神戸は、激しい雨と雷でした。一部の地域では、雷による停電もありました。秋は嵐の多い季節・・・。...

[ イベント ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ