コラム

 公開日: 2013-06-06  最終更新日: 2014-08-01

手づくりダンボールハウス!作り方と子ども達のアイデア

4~5月は、子ども達は新しい環境になり
少し不安定になりがちです。
そのため、ちょうどその時期のペタタは、
思いっきり自由にのびのびと絵の具を伸ばしたり
ダイナミックに発散できる活動を取り入れています。

そして、5月はダンボールハウスの制作。
今回は、冷蔵庫の大きなダンボール箱がメイン。
その他は、本当にどこにでもあるダンボール箱を使っています。


今回は「みんなで作る」をテーマに、クラスごとに増築していきました。

ダンボールは、ガムテープでつなぎ合わせていきます。
ガムテープは、一般的な紙・布のタイプどちらも絵の具やペンキをはじきますので
アトリエでは、その後に塗る下地の色(白)にあわせ
白色のガムテープを貼っています。

ご自宅で絵の具などを使わず作る場合は
ガムテープの色をカラフルにしても可愛いかもしれません。
最近は、100円ショップでも色んな色のガムテープが売っていますので。

そして、次に
窓にしたい部分、ドアにしたい部分に印をいれて
ダンボールカッターで切っていきます。(市販されています)


下地に白い色を塗ります。
アトリエではペンキを使っています。
後で描く絵の発色を良くする為だけではなく、
水を含んだ絵の具によってダンボールがクニャっと曲がらないようにする為です。

ご自宅で作る場合は
ダンボールを一旦解体して、裏返して使うといいですね。

さて、そこからはアイデア次第!
アトリエでは、
くり抜いた窓にカラーセロファンを貼りました。

その他、
カーペットの芯になっていた紙管を切って煙突にし
ガムテープの芯をドアの取っ手
紙の卵パックをカーテン
ポストも設置!

窓やドアの形も、実にざまざまです。


アトリエは年少~小学生まで通いますが
さすが小学6年生にもなると、素晴らしい!
キッチンです!!

パソコンの空き箱と
その箱の中でパソコンを支えていた変わった形のダンボールを組み合わせて
作っています。

通販の商品が入っていたダンボール、ティッシュの箱、小さな箱・・・
子ども達のアイデアで様々に組み合わていきせます。

市販のキットなんて要りません。
材料は身の回りに溢れています。
完成図は自分の頭の中にあります。

見本どおりに仕上げずに、
自分の頭に描き、それを表現していく力。
成長も学びも全て遊びの延長にあります。
笑顔と創意工夫の時間を、アトリエペタタは何よりも大切にしています。

ダンボールのお城というテーマですが
クラスごとに増築するため、まるでちょっとした迷路のよう。
仕上がりは実に見事です。続きは、次回投稿します。


◆その他の身近にあるものを使ったダイナミックな活動のコラムはこちら↓↓
【キリンの大きなはりこ】http://mbp-kobe.com/npo-petata/column/35576/
【絵画】http://mbp-kobe.com/npo-petata/column/35456/

◆アトリエ・ペタタのホームページ(日々のブログもアップしています)
 http://npo-petata.net/
 子どものアトリエ・ペタタの教室は、2歳前から参加できます!

  ◇     ◇     ◇    ◇

【フェイスブック】
http://www.facebook.com/npo.petata

【アトリエ・ペタタのメール配信について】
お知らせをメールで配信しています。
ご希望の方は 
info@npo-petata.net
に空メールを送信してください。

この記事を書いたプロ

NPO法人アトリエ・Petata [ホームページ]

講師 石橋幸子

兵庫県中央区多聞通5丁目3-10  [地図]
TEL:078-351-1415

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

10

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
講演・絵本講座
イメージ

ペタタ絵本講師養成講座 第8期(11月~)の募集を開始します!『子どもに体験をリンクさせる読み聞かせを!』をモットーに、ペタタでは、季節や日々の出来事の...

お絵描きで手をつなごう
イメージ

お絵描きでたをつなごうプロジェクト、いよいよ最終の年が始まります。2017年1月は、22日に兵庫区役所で開催。震災絵本と音楽演奏、そして親子で...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
石橋幸子 いしばしさちこ

「絵本×造形」で子どもの創造力と思考力を育むアトリエ教室(1/3)

「読み聞かせと造形の子どものアトリエ ペタタ」は、神戸市中央区にある「読む×創る」がコンセプトのユニークな造形教室。毎回、代表の石橋幸子さんが一冊の絵本を子どもたちに読み聞かせるところから始まります。「子どもたちが絵本を読んでわくわく広...

石橋幸子プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

喋りのプロによる「読み聞かせ×造形」で子どもの創造力を育む

会社名 : NPO法人アトリエ・Petata
住所 : 兵庫県中央区多聞通5丁目3-10  [地図]
TEL : 078-351-1415

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-351-1415

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

石橋幸子(いしばしさちこ)

NPO法人アトリエ・Petata

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

アトリエペタタアトリエペタタに通ってみて

◆子どもが楽しく通っていること。もう5年も続けていることが...

Y・A 他
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
ペタタのよみきかせアートメソッド 【指導者養成講座】
イメージ

【アトリエペタタの読み聞かせアートメソッドがいっぱい!】Peta・tanto指導者養成講座 ~制作実習...

[ 絵本講座 ]

運動会のフラッグ② 1~2才児の制作
イメージ

11月に入り神戸は、雲ひとつない秋の青い空が続いています。市内の小学校では、音楽会が行われています。...

[ 出張教室 ]

メダルもネックストラップも全部食べられる『金メダル』作り
イメージ

10月後半のペタタはクッキーの金メダル作りです。春の運動会が行われる所も多くなりましたが春でも秋でも、...

[ アトリエ通信・コラム ]

ハッピーハロウィン!2才児さんは衣裳作り、通常クラスはクッキング!
イメージ

昨日、近畿地方で木枯らし1号が吹いたかと思えば、今日は今季一番の冷え込み。グッと秋が深まってきましたね...

[ ペタタの教室~絵本から広がる創造活動~ ]

運動会を彩る 子ども達の描いたフラッグ
イメージ

運動会の空に、子ども達が描いた色とりどりのフラッグ。描いたり貼ったり、簡単にできる制作方法もたくさんあ...

[ 出張教室 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ