コラム

 公開日: 2013-05-30  最終更新日: 2014-08-01

絵本の読み聞かせポイント Q:「感情を入れずに読めって言われましたが・・・」

一昨日、
プロによる「絵本講座と読み聞かせレッスン」の2回目を開催しました。

講座4回・読み聞かせイベント2回の年間プログラムで、
今年度 こども夢基金の助成を受けて開催しています。

子どもを絵本好きにしたいなら、まず読み聞かせを。
絵本好きになって創造力が育まれるだけでなく
読んでいるお母さん(お父さん)の情緒も安定し
親子の磐石な関係を築いていけます。

ペタタの絵本講座の特徴は2つあります。
まず、たくさんの年齢にあったオススメ絵本を
実際に手に取りながらすすめます。

一昨日の講座では、
読み聞かせの対象を主に小学生に設定したため
持って行った絵本の年齢層が若干上がっていますが
これらがその一部です。


そして、もう1つの特徴は読み聞かせレッスンです。
読み聞かせボランティアの方だけでなく
お家での読み聞かせにも役立ちますし
日常会話で役立つコツなども少し取り入れています。

例えば、声の出し方、間の取り方、絵本(会話)の最初の出だしのトーンなど。
間やトーンをうまく使って絵本を読んでみてください。

過去にしてきた講座でかなり多い質問が
「絵本の読み聞かせ方や雑誌で『感情を要れずに読みましょう』と書いてありましたが
どうしてですか?一本調子では単調ではないですか?」
というものです。

そうなんです!
感情を入れずに読みましょう、と、本当によく書いてあります。
でもそんなこと、読んだだけではわかりません!
確かに、感情を入れない=一本調子って思ってしまいます。

ですが、ニュースや、映像の美しい番組の中の 静かなナレーションで
読み手の感情が大げさに入ることが皆無のように
これは、読み手が 感情を入れすぎてイメージを押し付けないためなのです。
聞き手がイメージしやすいようにしているためです。

だからといって、無感情で一本調子ではないというのが、わかりますよね。

そこで、簡単に取り入れやすいのが
先ほどの、「間」と「トーン」です。

◆句読点を同じ長さで休まず、聞かせたい単語(文章)の直前で意識的に間を取る。
◆話のかわる部分を、こころもちゆっくり読みはじめる。
◆絵本に多くみられますが、同じフレーズが2回続くとき。
その場合は、2回目を 少しトーンをあげて ゆっくり言ってみる。

ほんのちょっとしたコツです。

さあ・・・、練習練習!どのページでこのテクニックを使おう?
なんて肩肘張らずに楽しみながら試してみてください。

集団の読み聞かせの時などには、違いが顕著にあらわれるはずで
きっと読むのも楽しくなります。

私の知る読み聞かせボランティアの方は
ほとんどの方が ご自分のお子さんが通う学校で読み聞かせをなさっています。
それって、本当に素敵ですね。
もちろん、人前が苦手なら、ぜひお家のお子さんにた~っぷり読んであげてください。

アトリエペタタはハッピーな育児を応援しています!

◆読み聞かせ講座のコラムはこちら
 http://mbp-kobe.com/npo-petata/column/36273/

◆赤ちゃんの読み聞かせのコラムはこちら
 http://mbp-kobe.com/npo-petata/column/34701/

◆アトリエ・ペタタのホームページ(日々のブログもアップしています)
 http://npo-petata.net/
 子どものアトリエ・ペタタの教室は、2歳前から参加できます!

  ◇     ◇     ◇    ◇

【フェイスブック】
http://www.facebook.com/npo.petata

【アトリエ・ペタタのメール配信について】
お知らせをメールで配信しています。
ご希望の方は 
info@npo-petata.net
に空メールを送信してください。

この記事を書いたプロ

NPO法人アトリエ・Petata [ホームページ]

講師 石橋幸子

兵庫県中央区多聞通5丁目3-10  [地図]
TEL:078-351-1415

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
講演・絵本講座
イメージ

ペタタ絵本講師養成講座 第8期(11月~)の募集を開始します!『子どもに体験をリンクさせる読み聞かせを!』をモットーに、ペタタでは、季節や日々の出来事の...

お絵描きで手をつなごう
イメージ

お絵描きでたをつなごうプロジェクト、いよいよ最終の年が始まります。2017年1月は、22日に兵庫区役所で開催。震災絵本と音楽演奏、そして親子で...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
石橋幸子 いしばしさちこ

「絵本×造形」で子どもの創造力と思考力を育むアトリエ教室(1/3)

「読み聞かせと造形の子どものアトリエ ペタタ」は、神戸市中央区にある「読む×創る」がコンセプトのユニークな造形教室。毎回、代表の石橋幸子さんが一冊の絵本を子どもたちに読み聞かせるところから始まります。「子どもたちが絵本を読んでわくわく広...

石橋幸子プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

喋りのプロによる「読み聞かせ×造形」で子どもの創造力を育む

会社名 : NPO法人アトリエ・Petata
住所 : 兵庫県中央区多聞通5丁目3-10  [地図]
TEL : 078-351-1415

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-351-1415

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

石橋幸子(いしばしさちこ)

NPO法人アトリエ・Petata

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

アトリエペタタアトリエペタタに通ってみて

◆子どもが楽しく通っていること。もう5年も続けていることが...

Y・A 他
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
ペタタのよみきかせアートメソッド 【指導者養成講座】
イメージ

【アトリエペタタの読み聞かせアートメソッドがいっぱい!】Peta・tanto指導者養成講座 ~制作実習...

[ 絵本講座 ]

運動会のフラッグ② 1~2才児の制作
イメージ

11月に入り神戸は、雲ひとつない秋の青い空が続いています。市内の小学校では、音楽会が行われています。...

[ 出張教室 ]

メダルもネックストラップも全部食べられる『金メダル』作り
イメージ

10月後半のペタタはクッキーの金メダル作りです。春の運動会が行われる所も多くなりましたが春でも秋でも、...

[ アトリエ通信・コラム ]

ハッピーハロウィン!2才児さんは衣裳作り、通常クラスはクッキング!
イメージ

昨日、近畿地方で木枯らし1号が吹いたかと思えば、今日は今季一番の冷え込み。グッと秋が深まってきましたね...

[ ペタタの教室~絵本から広がる創造活動~ ]

運動会を彩る 子ども達の描いたフラッグ
イメージ

運動会の空に、子ども達が描いた色とりどりのフラッグ。描いたり貼ったり、簡単にできる制作方法もたくさんあ...

[ 出張教室 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ