プロTOP:石橋幸子プロのご紹介

「絵本×造形」で子どもの創造力と思考力を育むアトリエ教室(2/3)

石橋幸子 いしばしさちこ

子どもと大人の創造力を広げる「2歳児クラス」「積み木教室」「絵本講師養成講座」

こべっこランドの派遣講師として神戸市全域の児童館を巡回し、1~3歳の親子を対象に読み聞かせアートも開催している石橋さん。その内容に、さらにアート制作を深めたカリキュラムが受けられる2歳児教室「プレ・ペタタ」をスタートしました。「小学生・園児向けのアート制作カリキュラムをアレンジしています。毎回、絵本から広がる工作遊びや知育積み木遊び、リズム表現遊びなどで、2歳児が楽しみながら五感を通してアート体験できます」

オプションクラスとして「積み木教室」も開催しています。「ペタタ同様、絵本の読み聞かせから始まります。そして、個別に知育積み木あそびのカリキュラムに取り組んだ後、たくさんの積み木を使ってダイナミックに制作します」  
                
また、喋りのプロならではの「ペタタ絵本講師養成講座」も好評です。間の取り方などアナウンステクニックを取り入れた読み方や、絵本の知識の引き出しを増やし生活全般に取り入れる工夫、絵本から広がる制作や音楽遊びのプログラムの組み方など、子ども~高齢者まで絵本を介して心に寄り添う絵本講師を養成しています。

創造力は将来の受験にも有効だという石橋さん。「大学入試は今後、思考力や表現力を問う方向性に大きく変化します。既にそれを見据え与えられたものを使って立体物を製作し、そのコンセプトを記述するという入試問題を出した中学校もあります。目先の記憶力や偏差値ではなく、自分がイメージしたものをどれだけアウトプットする力を持っているかが問われているのです」

<次ページへ続く>

【次ページ】 絵本を通して、心の財産を蓄え生きる力を育む場を

最近投稿されたコラムを読む
講演・絵本講座
イメージ

ペタタ絵本講師養成講座 第8期(11月~)の募集を開始します!『子どもに体験をリンクさせる読み聞かせを!』をモットーに、ペタタでは、季節や日々の出来事の...

お絵描きで手をつなごう
イメージ

お絵描きでたをつなごうプロジェクト、いよいよ最終の年が始まります。2017年1月は、22日に兵庫区役所で開催。震災絵本と音楽演奏、そして親子で...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

石橋幸子プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

喋りのプロによる「読み聞かせ×造形」で子どもの創造力を育む

会社名 : NPO法人アトリエ・Petata
住所 : 兵庫県中央区多聞通5丁目3-10  [地図]
TEL : 078-351-1415

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-351-1415

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

石橋幸子(いしばしさちこ)

NPO法人アトリエ・Petata

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

ペタタカフェは、子連れでも楽しくワークショップに参加でき、リフレッシュしました。

毎回内容が変わるワークショップを開催されてるということで...

K・K
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(7

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
ペタタのよみきかせアートメソッド 【指導者養成講座】
イメージ

【アトリエペタタの読み聞かせアートメソッドがいっぱい!】Peta・tanto指導者養成講座 ~制作実習...

[ 絵本講座 ]

運動会のフラッグ② 1~2才児の制作
イメージ

11月に入り神戸は、雲ひとつない秋の青い空が続いています。市内の小学校では、音楽会が行われています。...

[ 出張教室 ]

メダルもネックストラップも全部食べられる『金メダル』作り
イメージ

10月後半のペタタはクッキーの金メダル作りです。春の運動会が行われる所も多くなりましたが春でも秋でも、...

[ アトリエ通信・コラム ]

ハッピーハロウィン!2才児さんは衣裳作り、通常クラスはクッキング!
イメージ

昨日、近畿地方で木枯らし1号が吹いたかと思えば、今日は今季一番の冷え込み。グッと秋が深まってきましたね...

[ ペタタの教室~絵本から広がる創造活動~ ]

運動会を彩る 子ども達の描いたフラッグ
イメージ

運動会の空に、子ども達が描いた色とりどりのフラッグ。描いたり貼ったり、簡単にできる制作方法もたくさんあ...

[ 出張教室 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ