プロTOP:石橋幸子プロのご紹介

「絵本×造形」で子どもの創造力と思考力を育むアトリエ教室(2/3)

石橋幸子 いしばしさちこ

子どもと大人の創造力を広げる「2歳児クラス」「積み木教室」「絵本講師養成講座」

こべっこランドの派遣講師として神戸市全域の児童館を巡回し、1~3歳の親子を対象に読み聞かせアートも開催している石橋さん。その内容に、さらにアート制作を深めたカリキュラムが受けられる2歳児教室「プレ・ペタタ」をスタートしました。「小学生・園児向けのアート制作カリキュラムをアレンジしています。毎回、絵本から広がる工作遊びや知育積み木遊び、リズム表現遊びなどで、2歳児が楽しみながら五感を通してアート体験できます」

オプションクラスとして「積み木教室」も開催しています。「ペタタ同様、絵本の読み聞かせから始まります。そして、個別に知育積み木あそびのカリキュラムに取り組んだ後、たくさんの積み木を使ってダイナミックに制作します」  
                
また、喋りのプロならではの「ペタタ絵本講師養成講座」も好評です。間の取り方などアナウンステクニックを取り入れた読み方や、絵本の知識の引き出しを増やし生活全般に取り入れる工夫、絵本から広がる制作や音楽遊びのプログラムの組み方など、子ども~高齢者まで絵本を介して心に寄り添う絵本講師を養成しています。

創造力は将来の受験にも有効だという石橋さん。「大学入試は今後、思考力や表現力を問う方向性に大きく変化します。既にそれを見据え与えられたものを使って立体物を製作し、そのコンセプトを記述するという入試問題を出した中学校もあります。目先の記憶力や偏差値ではなく、自分がイメージしたものをどれだけアウトプットする力を持っているかが問われているのです」

<次ページへ続く>

【次ページ】 絵本を通して、心の財産を蓄え生きる力を育む場を

最近投稿されたコラムを読む
講演・絵本講座
イメージ

来月から始まるペタタの絵本l講師養成講座の第5期生の募集を開始します。これまでの第1~4期までの講座では、指導者の他、保育士、司書、児童養護施設・キ...

インフォメーション
イメージ

【2016年】この夏のペタタは広島県福山市 『つながる命とアート』岡山県岡山市と倉敷市兵庫県神戸市と尼崎市『平和の祈り&キャンドルナイト』の5か所で、出...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

石橋幸子プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

喋りのプロによる「読み聞かせ×造形」で子どもの創造力を育む

会社名 : NPO法人アトリエ・Petata
住所 : 兵庫県中央区多聞通5丁目3-10  [地図]
TEL : 078-351-1415

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-351-1415

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

石橋幸子(いしばしさちこ)

NPO法人アトリエ・Petata

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

ペタタカフェは、子連れでも楽しくワークショップに参加でき、リフレッシュしました。

毎回内容が変わるワークショップを開催されてるということで...

K・K
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(7

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
「これって、いったい何を作ったの?」ついつい聞いてしまう大人たち
イメージ

3月前半のペタタは石膏を使った制作をしました。3月後半のモザイクタイルの制作につながる制作であり、...

[ アトリエ通信・コラム ]

石膏っておもしろい! 石膏で作る 春のモザイクアート
イメージ

3月前半は、石膏を使った制作!春のモザイクアートが完成しました。「これが石膏?小麦粉みた~い。」...

[ アトリエ通信・コラム ]

ペタタでは「めんどくさ~い」は、禁句です
イメージ

積み木を組み合わせた ビー玉のレール。何度も試行錯誤し、工夫し、高さを出して調整しています。レールが...

[ アトリエ通信・コラム ]

子ども達の発想力に脱帽! 絵本『鳥の巣いろいろ』から広がる制作
イメージ

2月は、鳥と鳥の巣を作りました。2回に渡っての制作です。(1回90分)どの作品も、うっとりすっる程の可愛さ...

[ アトリエ通信・コラム ]

【講演】絵本から広がる制作遊びの実例紹介とワークショップ
イメージ

今週の月曜日、大阪府八尾市教育委員会にて保育士・幼稚園教諭・小中学校教職員を対象にした講座『絵本から広...

[ 講演・セミナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ