プロTOP:石橋幸子プロのご紹介

「絵本×造形」で子どもの創造力と思考力を育むアトリエ教室(1/3)

石橋幸子 いしばしさちこ

絵本で広がる想像を創造する造形教室。子どもの心の財産をたくわえ、生きる力を育む

「読み聞かせと造形の子どものアトリエ ペタタ」は、神戸市中央区にある「読む×創る」がコンセプトのユニークな造形教室。毎回、代表の石橋幸子さんが一冊の絵本を子どもたちに読み聞かせるところから始まります。

「子どもたちが絵本を読んでわくわく広がる『想像』を、自由にのびのびと『創造(=創る)』します」と石橋さん。「例えば『おもしろ帽子』の工作は、まず絵本『ミリーのすてきなぼうし』を読み聞かせ、その後子どもたちに自分がかぶってみたい帽子や好きなことについてイメージしてもらい、空想の世界をふくらませます。設計図も自分で描いていよいよ制作。平面の工作用紙を使ってゼロから作り彩色します」。ビー玉が転がる帽子、消火器の形をした帽子、恐竜が飛び出す帽子…。完成した帽子はどれもアイデアいっぱい、奇想天外でいつまでも眺めていたい楽しさです。

子どもたちは自分の体よりはるかに大きな造形アートも制作します。ダンボールを組み合わせた巨大迷路や、10人一緒に乗り込める紙の海賊船、模造紙を使った背丈よりも高いジオラマ、友達と一緒に中に入って遊べる積み木のとりで、原寸大の紙製キリンなど。友達と助け合いながら体全体を使ってダイナミックに作り上げる過程で、創造力と思考力が磨かれます。

「ペタタは子どもに知識を与える塾でも美術教室でもありません。子どもたちは“本気で”楽しみ、“0を1にする”力が育成されます。教室ではみんな『いいこと思いついた!』を連発していて、子どもの創造力にいつも驚かされますね」

<次ページへ続く>

【次ページ】 子どもと大人の創造力を広げる「2歳児クラス」「積み木教室」「絵本講師養成講座」

最近投稿されたコラムを読む
講演・絵本講座
イメージ

ペタタ絵本講師養成講座 第8期(11月~)の募集を開始します!『子どもに体験をリンクさせる読み聞かせを!』をモットーに、ペタタでは、季節や日々の出来事の...

お絵描きで手をつなごう
イメージ

お絵描きでたをつなごうプロジェクト、いよいよ最終の年が始まります。2017年1月は、22日に兵庫区役所で開催。震災絵本と音楽演奏、そして親子で...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

石橋幸子プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

喋りのプロによる「読み聞かせ×造形」で子どもの創造力を育む

会社名 : NPO法人アトリエ・Petata
住所 : 兵庫県中央区多聞通5丁目3-10  [地図]
TEL : 078-351-1415

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-351-1415

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

石橋幸子(いしばしさちこ)

NPO法人アトリエ・Petata

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

たくましく生き抜く力と成功体験をたっぷりと出来る

頭の中のイメージを具現化する」という点では作文も造形も全...

Y・F
  • 女性 
  • 参考になった数(4

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
季節や気候の絵本で、子どもたちの日々の生活にリンク!
イメージ

早いものでもう12月。今年も残す所、あと1ヶ月です。今日の神戸は穏やかなお天気ですが、これから季節が進む...

[ 絵本×あそび 『ペタ・タント』 ]

ペタタのよみきかせアートメソッド 【指導者養成講座】
イメージ

【アトリエペタタの読み聞かせアートメソッドがいっぱい!】Peta・tanto指導者養成講座 ~制作実習...

[ 絵本講座 ]

運動会のフラッグ② 1~2才児の制作
イメージ

11月に入り神戸は、雲ひとつない秋の青い空が続いています。市内の小学校では、音楽会が行われています。...

[ 出張教室 ]

メダルもネックストラップも全部食べられる『金メダル』作り
イメージ

10月後半のペタタはクッキーの金メダル作りです。春の運動会が行われる所も多くなりましたが春でも秋でも、...

[ アトリエ通信・コラム ]

ハッピーハロウィン!2才児さんは衣裳作り、通常クラスはクッキング!
イメージ

昨日、近畿地方で木枯らし1号が吹いたかと思えば、今日は今季一番の冷え込み。グッと秋が深まってきましたね...

[ ペタタの教室~絵本から広がる創造活動~ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ