コラム

 公開日: 2017-02-17  最終更新日: 2017-02-18

NAMM Show(全米最大の楽器ショー) へ行ってきました!

NAMM Show
もう既に先月の話なのですが、1/19(木)から22(日)までの4日間、カリフォルニアのアナハイム・コンベンション・センターにて開催された、全米最大の楽器ショーであるNAMM Show 2017へ行ってきました。

移動日等を含めると丸々1週間もの間、アメリカの楽器ショーに一体何をしに行ってきたかといいますと、
実は私が数年前より開発に携わっている全く新しい発音システムのスピーカー「Half One」(ハーフ・ワン)を出展してきたのです。



どう新しくて、どう凄いのかといいますと、従来のスピーカー理論からご説明しなければならないので、ここでは割愛させていただきます…が、
非常に簡潔にご説明すると、
このスピーカーは一見、ただのカットモデルの様に見えますが、ちゃんと音が鳴ります。
しかも高音質で!
スピーカーの仕組みをよく知っている人ほど、「まさか!?信じられない!?」といった反応で、次に
「何で????」
と必ず質問されます(笑)



実際、NAMM Showへは海外の有名スピーカーメーカーも多く出展されていましたが、どこから「Half One」の噂を聞きつけたのか、メーカーエンジニアたちは取っ替え引っ替えに我々のブースへ音を聴きに訪れ、同時にいつも質問攻めにあいました(汗)

この「Half One」については、そのメカニズム等、また後日改めて解説させて頂きます。
現在、第2号機の開発に着手しておりますので、、、


また、NAMM Showは常にエキサイティングで、思いがけない出会いが多くありました。
個人的に最も印象に残っているのは、YAMAHAの歴史的名器のシンセサイザーである「DX7」の当時の開発ヘッドだったエド・コルネットさんにお会いできたことです。

開発当時(1980年初頭)の話で盛り上がり、当時の日本での生活を非常に懐かしんでおられました。
(↓エドコルネットさんの解説動画↓)
https://www.namm.org/library/oral-history/ed-cornett


ちなみに、、、
我々の2ショット写真の後ろの人だかりは何かといいますと、
お向かいのブースに突然現れたスティービーワンダー(敬称略)を見るために集まっている観衆で、
エド・コルネットさんに、「彼は友人のスティービーワンダーだよ」と紹介されました(笑)
そう、当時、スティービーワンダーもDX7の愛用者でした。納得。



そして突然ジャムセッションがはじまるのです。
とてもエキサイティングでしょ?!

こうしているうちに4日間は、あったいう間に過ぎていきました。


さて、先月のNAMM Showに続きまして、
来週からは中国で開催されるプロオーディオ・プロライティングショーにも行ってきます。
機会があればその様子も後日ご報告させて頂きます。


「Half One」は大阪にある日本音響株式会社で販売を行っております。
後日改めて解説するまで待てない!という方は、専用ページが開設されてますので、ご参照ください。
http://www.nihon-onkyo.co.jp/technical/contents.php?id=11


NAMM Showで「Half One」に関して各メディアより受けた取材内容が記事になっています。

↓Rock oN(ロックオン)↓
http://www.miroc.co.jp/report/namm-2017-day2-half-one/

↓ASCII(アスキー)↓※有料会員でないと読めないようです。
http://ascii.jp/limit/group/ida/elem/000/001/426/1426381/

この記事を書いたプロ

MUSA Enterprise(ムーサ・エンタープライズ) [ホームページ]

音楽家 加登匡敏

兵庫県神戸市中央区北長狭通5丁目6-3 [地図]
TEL:078-599-6833

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1
メンバー紹介
イメージ

ムーサ・エンタープライズ 副代表ペアマイクでの空間を生かした録音制作を専門とし器楽・声楽など ジャンル・場所を問わず、セッション及びライブレコーディングを...

 
このプロの紹介記事
加登匡敏 かとうまさとし

アーティストの魅力を最大限に引き出す音響制作のエキスパート(1/3)

 スピーカー、マイクなどの音響機器をアーティストの音楽やその場(空間)に合わせて緻密に調整し、独自の音響空間を演出する。そんな舞台やライブ会場など電気音響を必要とするイベント会場で活躍する音響制作者は、高い技術力だけでなく、音楽クリエイター...

加登匡敏プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

確かな音響・録音技術で音空間を自由自在に演出

会社名 : MUSA Enterprise(ムーサ・エンタープライズ)
住所 : 兵庫県神戸市中央区北長狭通5丁目6-3 [地図]
TEL : 078-599-6833

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-599-6833

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

加登匡敏(かとうまさとし)

MUSA Enterprise(ムーサ・エンタープライズ)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ