コラム

 公開日: 2018-06-16 

薬食同源「キャベツの力」・・・!

伝統食育レシピ♪ 「キャベツ」


キャベツはヨーロッパが原産地のアブラナ科の野菜です。
日本には江戸末期に渡来しました。
晩春から初夏にかけて出回る春キャベツと、
冬に出回る冬キャベツがあります。

キャベツ特有の成分として有名なのがビタミンU、別名キャベジン。
胃腸の粘膜のただれを治し、保護する働きがあり、
胃腸のトラブルには強い味方となってくれます。
また風邪の予防や疲労回復、肌荒れにいいと言われている
ビタミンCも豊富に含まれています。

マクロビオティックでは、軽い熱冷ましや赤ちゃんの解熱には
そのまま頭部に当てます。ひんやりして気持ちがいいです。
また肉や魚の食べ過ぎでドロドロに粘った血液の浄化に、
キャベツなど青菜の絞り汁を飲んだりもします。
ただし、体を冷やす力(陰性)が強いので長く続けない方がいいです。

キャベツのビタミンCやUは水溶性で熱に弱いのが難点ですが、
春キャベツはやわらかく甘みもあり、生のまま食べられるので、
そのおいしさと栄養を丸ごといただけます。
千切りにして揚げ物の付け合わせにしたり、軽く塩もみをしたり、
また蒸したり、スープや煮ものにして汁も丸ごといただきましょう。
冷え症の人は、生食は控えてサッと火を通す料理にしましょう。

【鮮度の見分け方】
春キャベツは巻きがゆるく、葉がやわらかいものが良質です。
芯は500円玉より小さいサイズで、みずみずしい白で、
変色やひび割れがないかもチェックしましょう。

【保存法】
ラップに包んで野菜室に保存します。
丸ごとの場合は、芯を下にしておきます。
心に楊枝を数本差し込み成長を押さえます。
芯をくり抜くのも良いでしょう。

この記事を書いたプロ

相談薬局アール堂 [ホームページ]

薬剤師 山野千恵

兵庫県西宮市今津曙町1-9 [地図]
TEL:0798-33-3430

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
相談薬局アール堂の山野千恵さん

漢方医学の知識を生かして心身の健康をサポート(1/3)

 阪神今津駅北側を出てすぐのところにある、「相談薬局アール堂」。創業から60年あまり、伝統的な中国医学の影響を受け日本で独自に発展してきた漢方医学の観点から、数多くの体の悩みに応えてきました。 「漢方薬を処方するほか、食事や運動についてア...

山野千恵プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

店名 : 相談薬局アール堂
住所 : 兵庫県西宮市今津曙町1-9 [地図]
TEL : 0798-33-3430

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0798-33-3430

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山野千恵(やまのちえ)

相談薬局アール堂

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

自然薬(松寿仙・ロイヤル・紫華栄)ご愛用者の声

50代女性 昨年から自然薬を愛用しています。 痔があり、夏は...

ご愛用者
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
薬食同源 「ピーマン」の力・・・!
イメージ

 ● 伝統食育レシピ♪ 「ピーマン」 中南米が原産といわれるナス科トウガラシ属の果菜です。コロンブスが...

[ 免疫の力 ]

薬食同源 「ネギの力」食べましょう・・・!!
イメージ

伝統食育レシピ♪ 「ネギ」 ネギを食べましょう!! 中国では紀元前から栽培され、日本には奈良時代に渡来。...

[ 免疫の力 ]

伝統食《トマト》で血管強化・・・・!
イメージ

 伝統食育レシピ♪ 「トマト」 南米ペルー原産のナス科の野菜です。日本には江戸初期に入ってきましたが、...

[ 血流促進 ]

薬食同源「らっきょ」を食べましょう・・・!
イメージ

 伝統食育レシピ♪ 「らっきょう」 カレーライスの付け合わせとして、おなじみのらっきょう。ユリ科ネギ属...

[ 免疫の力 ]

2人目の妊娠

 二人目が欲しい・・・子宝相談 2歳の男の子を連れたお母さんが来店36歳男の子は不妊相談を受け...

[ 子宝・不妊相談 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ