コラム

 公開日: 2018-05-22 

薬食同源「らっきょ」を食べましょう・・・!

伝統食育レシピ♪ 「らっきょう」


カレーライスの付け合わせとして、おなじみのらっきょう。
ユリ科ネギ属の植物で、ふくらんだ部分を食用にします。
歴史的にも薬効の高いことで知られており、
「畑の薬」とも呼ばれ、漢方薬などにも使われている食材です。

中国が原産といわれ、2500年前の栽培記録が残っているそうです。
日本へは平安時代に伝わり、健胃・整腸の薬用として食されましたが、
江戸時代に漬物に利用され、昭和に入って塩漬け加工品が
出回るようになりました。

精進料理では、ねぎ、にら、にんにく、玉ねぎ、らっきょう
というにおいの強いものを五葷(ごくん)といい、
修行に影響を与えることを嫌って使いません。

疲労回復作用を期待


その特有のにおい成分は硫化アリル(アリシン)。
ビタミンB1の吸収を高めるため、疲労回復作用が期待でき、
殺菌や抗菌作用もあります。
動脈硬化の予防や改善作用もあると言われています。

フルクタンという食物繊維も含まれ、
それがビフィズス菌の栄養となり、腸内環境の改善、便秘解消、
また血糖値の上昇を防ぐため、糖尿病予防も期待されています。

ただし硫化アリルは刺激が強い成分で、
摂りすぎると、下痢や胃もたれなど消化器のトラブルを起こします。
1日4粒くらいまでにした方がいいようです。

薬効成分の硫化アリルは熱に弱いので、
塩漬けや酢漬けが食べられてきたのも納得できます。
良いことが多いですよ。

自律神経のバランス調整


自律神経のバランス調整をしたい方
まずは、日々の疲れをしっかり解消する事が先決です。
一時抑えの新薬に頼りすぎは禁物です。
体質を良くする「レオピンロイヤル」をお勧めします。
熟成大蒜効果をお試しください。

この記事を書いたプロ

相談薬局アール堂 [ホームページ]

薬剤師 山野千恵

兵庫県西宮市今津曙町1-9 [地図]
TEL:0798-33-3430

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
相談薬局アール堂の山野千恵さん

漢方医学の知識を生かして心身の健康をサポート(1/3)

 阪神今津駅北側を出てすぐのところにある、「相談薬局アール堂」。創業から60年あまり、伝統的な中国医学の影響を受け日本で独自に発展してきた漢方医学の観点から、数多くの体の悩みに応えてきました。 「漢方薬を処方するほか、食事や運動についてア...

山野千恵プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

店名 : 相談薬局アール堂
住所 : 兵庫県西宮市今津曙町1-9 [地図]
TEL : 0798-33-3430

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0798-33-3430

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山野千恵(やまのちえ)

相談薬局アール堂

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

千恵先生に相談し良くなって嬉しいです。

2才8ヶ月男の子が夜中まではしゃぐ寝てくれない 日中は外で元...

y.mamoto
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(4

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
薬食同源 「ピーマン」の力・・・!
イメージ

 ● 伝統食育レシピ♪ 「ピーマン」 中南米が原産といわれるナス科トウガラシ属の果菜です。コロンブスが...

[ 免疫の力 ]

薬食同源「キャベツの力」・・・!
イメージ

 伝統食育レシピ♪ 「キャベツ」 キャベツはヨーロッパが原産地のアブラナ科の野菜です。日本には江戸末期...

[ 免疫の力 ]

薬食同源 「ネギの力」食べましょう・・・!!
イメージ

伝統食育レシピ♪ 「ネギ」 ネギを食べましょう!! 中国では紀元前から栽培され、日本には奈良時代に渡来。...

[ 免疫の力 ]

伝統食《トマト》で血管強化・・・・!
イメージ

 伝統食育レシピ♪ 「トマト」 南米ペルー原産のナス科の野菜です。日本には江戸初期に入ってきましたが、...

[ 血流促進 ]

2人目の妊娠

 二人目が欲しい・・・子宝相談 2歳の男の子を連れたお母さんが来店36歳男の子は不妊相談を受け...

[ 子宝・不妊相談 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ