コラム

 公開日: 2015-02-24 

社交ダンスのリフトに必要な筋肉について

リフトで女性を支えるために日々、スポーツジムでトレーニング

トレーニングジム
デモンストレーションで披露されるリフトは、観客の目を引くようなダイナミックで華やかな技がたくさんあります。土台となる私はおみこしを担ぐ役で、上で舞うパートナーが「お姫さま」といったイメージです。
主役となる女性パートナーを持ち上げて回るなど、しっかりと支えて技を成功させるためには、コツもいりますが、やはり力強い筋肉も必要です。そのため、ほぼ毎日トレーニングを行っています。
30代の頃にボディビルに取り組み、筋力がついていたことは幸いでしたが、バーベルやダンベルを上げるのとは異なり相手は生身の人間です。タイミングがずれるとケガにつながります。そのため、スポーツジムでウエイトトレーニングを行うだけでなく、パートナーと本番さながらの練習を重ね当日に備えます。

年齢とともに筋力は低下、70代では20代の頃の半分に

年齢を重ねると、筋力は低下していきます。筋量は30代~40代にかけて低下が始まり、70代では20代の半分近くまで落ちるそうです。
体の衰えを防ぐために、またリフトで大技を披露するためにもトレーニングは欠かせません。
人の体は、筋肉の約7割が下半身に集中しているそうでうす。それゆえ、足や腰を鍛えることで体全体の筋量を増やすことができます。
私の場合はスポーツジムのみで自宅ではトレーニングはしません。家で行うとあとのケアーができないからです。
トレーニングやダンスのレッスンをした後は、柔軟やマッサージなどのアフターケアを丁寧に行っています。

シニア世代は、下半身を優先的に鍛えることがおすすめ

「今から社交ダンスを始めたい」という方は、華麗なステップを踏むためにも、まずは下半身から鍛えることがおすすめです。
社交ダンスではなく、「ボディビルディングに挑戦してみたい」というシニア世代の方もいらっしゃると思います。
こちらも、足を優先的に鍛えるのがいいと思います。理由としては、下半身に人の筋肉の7割が集まっていること、そして高齢になるにつれて、足の筋力が最も衰えると言われているからです。
高齢者のケガの多くは、転ぶことが原因だと言われています。転倒した際に足の骨を折って歩行が困難になったり、そのまま寝たきりになってしまったり。こういった事態に陥らないためにも、日頃から筋肉を鍛えておきましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
56歳ではじめた社交ダンスで健康と夢を手に入れることができました。
世界のダンスパーティーへの招待経験、日々の鍛練をもとに高齢者へのモチベーションアップや
各種健康法をお伝えしています。
講演、セミナー依頼等はこちらから
他、社交ダンスへの招待なども承っています。お気軽にご相談ください。
その他お問い合わせはこちらから

この記事を書いたプロ

株式会社オアシス 健康研究室 [ホームページ]

歌手・ダンサー 前田明

兵庫県宝塚市栄町1丁目6番2号 花のみちセルカ2番館1階 [地図]
TEL:0797-86-8039

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
前田プロ

50代から夢を追い、世界で注目されるシニア社交ダンサー(1/3)

世界でも類を見ない超高齢社会に突入している日本。医療費の増大や、介護問題について毎日のように取り上げられる中、いつまでも夢を追い続けるシニアたちが注目を集めています。56歳で社交ダンスを始め、世界的なダンス大会で喝采を浴びる前田明さんも...

前田明プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

同世代のシニアに元気と勇気を与える生き方

会社名 : 株式会社オアシス 健康研究室
住所 : 兵庫県宝塚市栄町1丁目6番2号 花のみちセルカ2番館1階 [地図]
TEL : 0797-86-8039

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0797-86-8039

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

前田明(まえだあきら)

株式会社オアシス 健康研究室

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
ブラックプールダンスフェスティバルへの招待
イメージ

 2013年5月に世界最高峰・ブラックプールダンスフェステバル 私は、50代の半ばから社交ダンスを習い始めまし...

[ 前田明の社交ダンスの軌跡 ]

60代のウエイトトレーニング:背筋の鍛え方

 上半身を鍛えることで猫背など姿勢の悪さを改善 前回は、下半身のトレーニングについてご紹介しました。今回...

[ 前田明のシニア(高齢者)健康法 ]

60代のウエイトトレーニング:まずは徐々に下半身から鍛える

 介護を必要とせず、自立した生活を維持するために下半身強化を 要介護になった高齢者の中には、「転んで骨を...

[ 前田明のシニア(高齢者)健康法 ]

67歳を迎え、今後の目標をどこに据えるか
イメージ

 睡眠と食事、運動のバランスをとりながら健康的に暮らす 67歳になった今、私は仕事や趣味に忙しい毎日を送...

[ 50代・60代になってからわかった人生観と哲学 ]

私が社交ダンスを始めたきっかけ

 子どもの友達づくりのために社交ダンス教室へ 私が、社交ダンスを始めたのは56歳のときです。「子どもの友達...

[ 前田明の社交ダンスの軌跡 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ