コラム

 公開日: 2015-02-12 

60代から歌(シャンソン)を始めた理由ときっかけ

シャンソンを習い始めたのは、ダンスのリズム感を養うため

高齢者の歌をうたう理由
社交ダンスで人の輪が広がり、日本国内のみならず海外のダンスショーに参加するなど、忙しい毎日を送っています。社交ダンスのレッスンやウェイトトレーニングのほかに、私がここ数年続けていることがあります。それは歌、おもにシャンソンを歌うことです。
動機はダンスに関係しています。
私のダンスにはいろいろ欠点があります。自分でもわかっていて、その中で大きな欠点はリズム感です。
社交ダンスでは、ワルツは三拍子、そのほかは四拍子または二拍子と、曲に拍子があります。「1、2、3」とリズムに合わせて踊るのですが、私は、どうしてもメロディーにイメージを合わせて踊ってしまうのです。

ビルボードなど、ライブ会場で歌うことが良い気分転換に

どうすれば、リズム感を身につけることができるだろう?」と考えていたとき、知り合いからシャンソンをすすめられました。歌うときにお腹の底から声を出すことは、体を動かす社交ダンスとは違った楽しさがあって、良い気分転換になりました。社交ダンスに加え、ライブで歌うことも私のライフワークになっていきました。
社交ダンスと同じように、シャンソンを習い始めてから「ステージに立ってみないか」と誘われビルボードのステージにも立たせていただきました。ビルボードでは、300人ぐらいのお客さまの前で歌うので喜びも大きいですね。今では、1カ月に一度ぐらいライブハウスなどで歌っています。

会場のお客さまと呼吸を合わせることで心の緊張をほぐす

ダンスも歌も、本番前は緊張します。ステージに立つ前は、何度もトイレに行ったりお茶を飲んだり、落ち着かない様子で過ごします。
でも、「いざ本番」となると平常心を取り戻すことができるようになりました。その理由は、ステージに出る前、会場の雰囲気が体に入ってくるんです。お客さまの動向が、自分の鼓動や呼吸に同調していくと、自然と心が落ち着きを取り戻せるのです。
お客さまの息づかいは、歌っているときにも感じます。同時に、死んだ妻や父など見えない世界にいる人たちの存在を感じます。本番を迎えるときに平穏を取り戻せるのは、こういった目に見えない力をいただいているからだと思います。
私が、ダンスや歌を通じてのびのびと自己表現ができるのは、みなさんの応援のおかげです。それゆえ、日々の鍛錬を怠けて「本番だけお願いします」というわけにはいかないのです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
56歳ではじめた社交ダンスで健康と夢を手に入れることができました。
世界のダンスパーティーへの招待経験、日々の鍛練をもとに高齢者へのモチベーションアップや
各種健康法をお伝えしています。
講演、セミナー依頼等はこちらから
他、社交ダンスへの招待なども承っています。お気軽にご相談ください。

この記事を書いたプロ

株式会社オアシス 健康研究室 [ホームページ]

歌手・ダンサー 前田明

兵庫県宝塚市栄町1丁目6番2号 花のみちセルカ2番館1階 [地図]
TEL:0797-86-8039

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
前田プロ

50代から夢を追い、世界で注目されるシニア社交ダンサー(1/3)

世界でも類を見ない超高齢社会に突入している日本。医療費の増大や、介護問題について毎日のように取り上げられる中、いつまでも夢を追い続けるシニアたちが注目を集めています。56歳で社交ダンスを始め、世界的なダンス大会で喝采を浴びる前田明さんも...

前田明プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

同世代のシニアに元気と勇気を与える生き方

会社名 : 株式会社オアシス 健康研究室
住所 : 兵庫県宝塚市栄町1丁目6番2号 花のみちセルカ2番館1階 [地図]
TEL : 0797-86-8039

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0797-86-8039

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

前田明(まえだあきら)

株式会社オアシス 健康研究室

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
ブラックプールダンスフェスティバルへの招待
イメージ

 2013年5月に世界最高峰・ブラックプールダンスフェステバル 私は、50代の半ばから社交ダンスを習い始めまし...

[ 前田明の社交ダンスの軌跡 ]

60代のウエイトトレーニング:背筋の鍛え方

 上半身を鍛えることで猫背など姿勢の悪さを改善 前回は、下半身のトレーニングについてご紹介しました。今回...

[ 前田明のシニア(高齢者)健康法 ]

60代のウエイトトレーニング:まずは徐々に下半身から鍛える

 介護を必要とせず、自立した生活を維持するために下半身強化を 要介護になった高齢者の中には、「転んで骨を...

[ 前田明のシニア(高齢者)健康法 ]

67歳を迎え、今後の目標をどこに据えるか
イメージ

 睡眠と食事、運動のバランスをとりながら健康的に暮らす 67歳になった今、私は仕事や趣味に忙しい毎日を送...

[ 50代・60代になってからわかった人生観と哲学 ]

私が社交ダンスを始めたきっかけ

 子どもの友達づくりのために社交ダンス教室へ 私が、社交ダンスを始めたのは56歳のときです。「子どもの友達...

[ 前田明の社交ダンスの軌跡 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ