コラム

 公開日: 2016-09-07 

自分の空間を持ちたい男性のための書斎レイアウトアイデア

家族と集い、語らう楽しい住居。しかし、プライベートな空間も大人世代には必要です。仕事でストレスを感じている男性がオン・オフを使い分け、ほっこりと自分を取り戻す空間…趣味の本を側におき、気ままにパソコンを操作するスペース「書斎」があれば、生活がさらに豊かになります。

豊かな人生を楽しむ「クオリティ・オブ・ライフ」を日常の居住空間から目指してみませんか? 心豊かに生きるためのヒントは、ほんの少しの工夫です。

仕事を離れ、読書や趣味に没頭する貴重なひととき。書斎の目的は人それぞれで、その在り方も異なるでしょう。
今回のコラムでは、書斎の魅力と意義について考えてみたいと思います。
そして、アイデアとなるレイアウトご提案します。

省スペースの書斎におすすめの机のレイアウトをご紹介し、ご自身にぴったりな書斎のイメージをみつけるお手伝いをします。
また、個室が取れない場合の空きスペースを活用した書斎づくりのアイデアもいくつかご紹介します。

全てから解放される「男の城」…書斎の魅力とは?

結婚し、子どもが生まれ家族を持つと、当然ながらライフスタイルが独身時代とは一変します。特に「住まい」の在り方について考えると、家族と団らんができるスペースや子ども部屋の確保など、家族への配慮を最優先するのではないでしょうか。

家族との共有スペースは、とても大切な場で家庭生活の基礎であり、必要不可欠な要素です。

しかしながら、プライベートな空間も必要だと思います。住居が狭いため、なかなか自分の部屋を持てないという方は多いようですが、省スペースであっても「書斎」があるのとないのでは大違いです。

なぜなら、ひとりで過ごす空間は場所という概念だけはなく、「自分自身を取り戻す時間」ともつながるからです。

忙しく働く男性ほど人間関係によるストレスも多いと聞きます。そんな現代人にとって、家族との触れ合いやコミュニケーションも大切ですが、ひとりで過ごす「大人時間」もリフレッシュには欠かせないのです。

忙しすぎると、家族というとても近い存在に対して思いやりを忘れてしまうことはありませんか? それは、親しさから生まれる甘えからかもしれません。
だからこそ、ひとりの書斎で「オン・オフの切り替えをする」「誰にも邪魔されず、好きな本を読む」「音楽を聴く」……など、趣味に没頭することでストレスを発散させることが重要なのです。

仕事の悩みから一時的にでも解放されると、家族との交流が改めて楽しめるようになります。書斎は大人の男性にとっては、精神的に良いバランスをとるのに最も大切な居場所ではないでしょうか。

ポイントは机をどこに置くか、デスクのレイアウトが大切

「我が家に書斎を作る」と一口に言っても、「限られた部屋しかない狭いマンションだからムリ」と思われるかもしれません。

ちょっと待ってください。レイアウトしだいで省スペースでもあなただけの素敵な書斎は実現します。

まずは、書斎をどんな目的に使用するかをイメージしてください。
「パソコンを使用する」「読書」「音楽観賞」など、人によって異なるでしょう。
また、使用目的によって書斎に置く家具や備品も決まります。置きたい家具や小物類は、レイアウトにとっても大切な要素になるので、リストアップしましょう。
中でも、ポイントになるのは机です。


省スペースでもパソコンや読書をするなら比較的、狭い部屋の方が集中できるというメリットがあります。

机の配置は、壁面や窓際にピッタリ付けるとロスがなくすっきりと収まります。机を窓に面して配置すると風景が見え、光や風を取り込めるので、狭くても開放的な雰囲気を味わえます。

なお、狭い空間では本棚が壁面を覆い圧迫感を感じることもあります。そんな時も、窓が生きてきます。机を窓に面してレイアウトすれば外の景色が見えるためオープンで明るい雰囲気になります。

壁面に机を配置すると、集中力が高まるとも言われています。
机を壁面に配置する場合、部屋の隅にL字型にレイアウトするとコーナー部分が広いため、パソコンを置くスペースにプラスαの余白ができます。コンパクトにまとめながらもデスクまわりを広く使いたい方におすすめです。

個室が取れない場合、ちょっとした空きスペースを活用して書斎を作ろう

そもそも書斎にする部屋が余っていない…という方も多いかもしれません。個室がなくても、ちょっとした工夫でプライベートな空間が作れます。

たとえば、寝室のコーナーの書斎にする方法です。簡単なパーテーションで区切ることで書斎が実現します。

また、階段の下のデッドスペースを利用してデスクを置くことでお気に入りの空間が作れます。

さらに、リビングやキッチンの一角をパーテーションや収納棚で区切る方法もあります。
収納棚で仕切る場合は、収納スペースの確保にもなりますのでリビングをすっきりと片付いた空間にすることもできます。

個室が取れない場合の空きスペースを活用した書斎づくりは、アイデアをひねり、工夫すればいろんな可能性が生まれてきます。

男性のロマンが広がる大人の書斎づくりに悩まれたら、ぜひご相談ください。

この記事を書いたプロ

株式会社ライフデザイン

職人 中島毅二

兵庫県神戸市須磨区多井畑東山ノ上13-11 [地図]
TEL:078-220-4351

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A

  • 投稿日時:2009-07-01
 
このプロの紹介記事
中島毅二 なかじまたけじ

「暮らし向上型リフォーム」でシニア世代の心にゆとりを(1/3)

「子どもたちが巣立ち、騒がしかった毎日が嘘のように静まり返った我が家。寂しさはあるかもしれませんが、久しぶりの夫婦だけの生活をリフォームで優雅に、快適に過ごしてみませんか?」と話すのは、神戸市須磨区の株式会社ライフデザイン取締役を務める中島...

中島毅二プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

会社名 : 株式会社ライフデザイン
住所 : 兵庫県神戸市須磨区多井畑東山ノ上13-11 [地図]
TEL : 078-220-4351

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-220-4351

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中島毅二(なかじまたけじ)

株式会社ライフデザイン

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
ちょっとしたリフォーム  勾配のあるガレージ扉
イメージ

私の仕事を少しでも知っていただきたく、ちょっとしたリフォームをご紹介させていただきます。今回は、勾配が50...

趣味や仕事に集中できる書斎の作り方

家族の成長と共に変化していく暮らし方。住まいの在り方も変貌を遂げていきます。子どもが学生のうちは子ども...

[ 書斎のリフォーム ]

改造すれば書斎にも!使わなくなった押入れの活用アイデア

今の間取りを生かしながら、部分的に手を加えて書斎にしたい…そんなお声をよく耳にします。改修する際、家のどの部...

[ 書斎のリフォーム ]

書斎の間取り2つのタイプと、メリットデメリット

日本の住宅事情の問題点として「狭い」と言われてきました。家族それぞれのプライベートな空間を確保しづらいのが...

[ 書斎のリフォーム ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ