コラム一覧

1件~5件(5件)

趣味や仕事に集中できる書斎の作り方

家族の成長と共に変化していく暮らし方。住まいの在り方も変貌を遂げていきます。子どもが学生のうちは子ども部屋が必要で、子どもが成長して巣立っていくと部屋が開いてしまうので、その部屋をご自分の書斎に活用される方も多いでしょう。でも、個室が確保できない場合も書斎を作ることは可能... 続きを読む

書斎のリフォーム

2016-10-11

改造すれば書斎にも!使わなくなった押入れの活用アイデア

今の間取りを生かしながら、部分的に手を加えて書斎にしたい…そんなお声をよく耳にします。改修する際、家のどの部分を生かすことができると思われますか?意外だと感じるかもしれませんが、書斎へと改造できるのは押し入れです。奥行きがあるため、押し入れは思っている以上に有効活用できるス... 続きを読む

書斎のリフォーム

2016-10-04

書斎の間取り2つのタイプと、メリットデメリット

日本の住宅事情の問題点として「狭い」と言われてきました。家族それぞれのプライベートな空間を確保しづらいのが現実でしょう。しかし、どんなに仲良し家族でも一人になりたい時はあります。特に日本の男性は、色々な意味から「家に居場所がない」などと嘆かれてきました。そんな年配のお... 続きを読む

書斎のリフォーム

2016-09-09

自分の空間を持ちたい男性のための書斎レイアウトアイデア

家族と集い、語らう楽しい住居。しかし、プライベートな空間も大人世代には必要です。仕事でストレスを感じている男性がオン・オフを使い分け、ほっこりと自分を取り戻す空間…趣味の本を側におき、気ままにパソコンを操作するスペース「書斎」があれば、生活がさらに豊かになります。豊かな人生... 続きを読む

書斎のリフォーム

2016-09-07

ちょっとしたリフォーム  勾配のあるガレージ扉

イメージ

私の仕事を少しでも知っていただきたく、ちょっとしたリフォームをご紹介させていただきます。今回は、勾配が50センチあるガレージのドアです。シャッターにしようか、アコーディオンにしょうか迷う方は多いのではないでしょうか?50センチの勾配がありますと何をつけてもきっちりと閉まり... 続きを読む

2011-08-22

1件~5件(5件)

コラムのテーマ

RSS
Q&A

  • 投稿日時:2009-07-01
 
このプロの紹介記事
中島毅二 なかじまたけじ

「暮らし向上型リフォーム」でシニア世代の心にゆとりを(1/3)

「子どもたちが巣立ち、騒がしかった毎日が嘘のように静まり返った我が家。寂しさはあるかもしれませんが、久しぶりの夫婦だけの生活をリフォームで優雅に、快適に過ごしてみませんか?」と話すのは、神戸市須磨区の株式会社ライフデザイン取締役を務める中島...

中島毅二プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

会社名 : 株式会社ライフデザイン
住所 : 兵庫県神戸市須磨区多井畑東山ノ上13-11 [地図]
TEL : 078-220-4351

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-220-4351

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中島毅二(なかじまたけじ)

株式会社ライフデザイン

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
ちょっとしたリフォーム  勾配のあるガレージ扉
イメージ

私の仕事を少しでも知っていただきたく、ちょっとしたリフォームをご紹介させていただきます。今回は、勾配が50...

趣味や仕事に集中できる書斎の作り方

家族の成長と共に変化していく暮らし方。住まいの在り方も変貌を遂げていきます。子どもが学生のうちは子ども...

[ 書斎のリフォーム ]

改造すれば書斎にも!使わなくなった押入れの活用アイデア

今の間取りを生かしながら、部分的に手を加えて書斎にしたい…そんなお声をよく耳にします。改修する際、家のどの部...

[ 書斎のリフォーム ]

書斎の間取り2つのタイプと、メリットデメリット

日本の住宅事情の問題点として「狭い」と言われてきました。家族それぞれのプライベートな空間を確保しづらいのが...

[ 書斎のリフォーム ]

自分の空間を持ちたい男性のための書斎レイアウトアイデア

家族と集い、語らう楽しい住居。しかし、プライベートな空間も大人世代には必要です。仕事でストレスを感じている...

[ 書斎のリフォーム ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ