コラム

 公開日: 2016-03-10 

高浜原発がアブナイ

 昨日(平成28年3月9日)、高浜原子力発電所3号機及び4号機について運転差し止めの仮処分決定が大津地方裁判所によって発令され、関西電力は3号機の運転停止作業に入りました。4号機が再稼働直後に「緊急停止」したことで右往左往していた関電にとって、この仮処分決定は正に「泣き面にハチ」というところでしょう。

 それにしても、この仮処分決定の論旨は実に明快です。とは言っても、裁判所独特の言い回しがありますので、裁判所が「仮処分を認めるべき理由がある」と判断した思考過程について、私なりに噛み砕いて説明すると以下のとおりとなります。

(1)原発は一般的に危険性を有する。
(2)東日本大地震による福島第1原発事故という原発の危険性を実際に体験した現段階では、関電が、高浜原発の設計や運転のための規制が具体的にどう強化され、それにどう応えたかの主張・立証(疎明)を尽くさない限り、高浜原発の運転により住民らの人格権が侵害されるおそれがある。
(3)高浜原発については、次の①~③の問題点につき危惧すべき点がある。
①福島第1原発事故を踏まえた過酷事故対策についての設計思想
②外部電源に依拠する緊急時の対応方法
③耐震性能決定における基準地震動策定
(4)また、津波対策や避難計画についても疑問が残る。
(5)このように住民らの人格権が侵害されるおそれが高いにもかかわらず、その安全性の確保について、関電が主張及び立証(疎明)を尽くしていない部分があるから、住民らには本件仮処分を求める権利が存在する。
(6)高浜原発のうち3号機は今年1月29日に再稼働し、4号機も2月26日に再稼働したから、仮処分決定をする必要性が認められる。

 つまりは、すでに福島第1原発の事故により、原発の危険性が明らかになったのであるから、高浜原発の再稼働にあたっては、その安全性確保のためのハードルが高くなることは当然であり、関電としてはどのように安全性を確保しているかと言う点について、十分な主張と立証を行う義務があるにもかかわらず、それらを尽くしておらず、このままでは住民らの人格権を侵害するから、高浜原発の再稼働は認められない…という極めてわかりやすい論旨なのです。

 とりわけ、この決定全文の中で、私たち人間の「おごり」とも言うべき部分に対する真摯かつ辛辣な指摘はたいへん感動的とも言うべきです。この点については、私の稚拙な説明よりも原文を読んで戴きたいので、そのまま以下に引用します。

 「地球温暖化に伴い、地球全体の気象に経験したことのない変動が多発するようになってきた現状を踏まえ、また、有史以来の人類の記憶や記録にある事項は、人類が生存し得る温暖で平穏なわずかな時間の限られた経験にすぎないことを考えるとき、災害が起こる度に『想定を超える』災害であったと繰り返されてきた過ちに真摯に向き合うならば、十二分の余裕をもった基準とすることを念頭に置き、常に、他に考慮しなければならない要素ないし危険性を見落としている可能性があるとの立場に立ち、対策の見落としにより過酷事故が生じたとしても、致命的な状態に陥らないようにすることができるとの思想に立って、新規制基準を策定すべきものと考える。関電の保全段階における主張および疎明の程度では、新規制基準および本件各原発に係る設置変更許可が、直ちに公共の安寧の基礎となると考えることをためらわざるを得ない。」

 原子力発電に関しては、国全体のエネルギー政策に絡むものですから、ただ「反原発」を叫んでも「それなら対案を出せ」と言うことになりがちです。これまでの裁判所の判断も、ともすれば時の政権サイドに「気遣った」結論が多かったと感じていますが、この大津地裁決定を読んで、久々に「人権の砦」としての裁判所の存在価値を彷彿させられました。

兵庫県弁護士会/神戸市中央区/藤本尚道法律事務所
職人かたぎの法律のプロ、弁護士藤本尚道です!
http://mbp-kobe.com/lawyer-fujimoto/

この記事を書いたプロ

「藤本尚道法律事務所」 [ホームページ]

弁護士 藤本尚道

兵庫県神戸市中央区相生町4-6-15 ラポート201 [地図]
TEL:078-351-3661

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
「藤本尚道法律事務所」の弁護士・藤本尚道さん

債務整理、企業再生・個人再生のほか、相続・離婚問題、刑事事件など広い窓口を持つ法律事務所(1/3)

 JR神戸駅から西へ歩いて5分のところに、弁護士・藤本尚道さんの「藤本尚道法律事務所」はあります。 父親が税理士という藤本さんにとって、士業に携わることは自然の流れ。税理士になろうと考えていた小学生のころ、「親を超えていけ」の言葉に、さら...

藤本尚道プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

直感力とフットワーク!

会社名 : 「藤本尚道法律事務所」
住所 : 兵庫県神戸市中央区相生町4-6-15 ラポート201 [地図]
TEL : 078-351-3661

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-351-3661

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

藤本尚道(ふじもとまさみち)

「藤本尚道法律事務所」

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
積雪での「立ち往生」がアブナイ

 東京で初雪が舞いました。11月の降雪は54年振りだそうです。ちょっと早すぎる雪に、冬対策が遅れた車が多いんじ...

[ ご用心ください! ]

植物油が怖い(3)

たしかに、バージンオイルや一番搾りと呼ばれる食用油は少し高価です。値段の安いサラダ油でお茶を濁したくなるの...

[ 知って賢くなる! ]

植物油が怖い(2)

 原材料の油分の99%を抽出できる「溶媒抽出法」は、安価な食用油を作って売りたい企業にとってはもちろん、原価...

[ 知って賢くなる! ]

植物油が怖い(1)

 先般の「マーガリンが怖い」シリーズで指摘したとおり、日本政府は「トランス脂肪酸」の摂取に制限をかけようと...

[ 知って賢くなる! ]

「鍵番号」があぶない

知らない間に「合鍵」が勝手に作成され、その「合鍵」が使われた犯罪に巻き込まれるというのは、昔からありがちな...

[ 知らないと損する! ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ