コラム

 公開日: 2013-11-02 

「反原発」から「脱原発」への道

 山本太郎参院議員が「議員辞職」を否定しました。確かに、何かあったらすぐに「辞めろ!」などという「集団的いじめ」に走る日本社会は如何なものか…と私自身は思っています。山本議員には、「国会議員ならではの活動」にしっかりと軸足を置いて頑張って欲しいと願います。

 さて、声高に「反原発」を叫ぶだけでは、事態は何も進展しません。たとえば「増税反対」を実現するためには、それに代わる「財源」を見出したり、「歳出削減」のための具体策を打ち出したり…などの「対案」を示さねばならないのと同じです。

 その意味で、本気で「脱原発」を実現するためには、具体的な「対案を」持ってその実現性を高めなければ、「原発依存」の現状を打破することは不可能と考えるべきです。原発に代わるべき「発電システム」を構築、確保するだけでなく、その運用コストをも踏まえた電力の安定供給を可能にさせ、日本の産業及び国民の日常生活をしっかり守ることが出来なければ意味がないのです。

 ましてや、原発の稼働が停まればそれで良い…というわけではありません。現実に「脱原発」を実現するためには、今後、何十年という時間がかかります。その間、原発に代わるべき「発電システム」を構築、確保できるまでは、既存の原発を何とか安全に運用しなくてはなりませんし、並行して廃炉・解体の手順を進める必要があります。

 このように「脱原発」を完結させるために何十年もかかることを踏まえるなら、「脱原発」を推進する過程で、さらに「原子力の専門家」を養成し続ける必要がある…という一つの矛盾が生じます。これから「衰退への道」を辿るであろう「原子力産業」に、若くて優秀な人材を送り込み続けることができるか…という極めて難しい課題です。

 今後、原子力の世界には「夢」も「希望」もなくなり、そこに飛び込もうとする若者の意欲もそがれることでしょう。そうすると、既存の原発の安全運用が危惧されるとともに、廃炉・解体もままならない…という由々しき事態が近い将来に生じないとも限りません。

 この点の解決策をも含めた「妙案」がないものか、小泉純一郎元総理にもお伺いしてみたいと思います。

兵庫県弁護士会/神戸市中央区/藤本尚道法律事務所
職人かたぎの法律のプロ、弁護士藤本尚道です!
http://mbp-kobe.com/lawyer-fujimoto/

この記事を書いたプロ

「藤本尚道法律事務所」 [ホームページ]

弁護士 藤本尚道

兵庫県神戸市中央区相生町4-6-15 ラポート201 [地図]
TEL:078-351-3661

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
「藤本尚道法律事務所」の弁護士・藤本尚道さん

債務整理、企業再生・個人再生のほか、相続・離婚問題、刑事事件など広い窓口を持つ法律事務所(1/3)

 JR神戸駅から西へ歩いて5分のところに、弁護士・藤本尚道さんの「藤本尚道法律事務所」はあります。 父親が税理士という藤本さんにとって、士業に携わることは自然の流れ。税理士になろうと考えていた小学生のころ、「親を超えていけ」の言葉に、さら...

藤本尚道プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

直感力とフットワーク!

会社名 : 「藤本尚道法律事務所」
住所 : 兵庫県神戸市中央区相生町4-6-15 ラポート201 [地図]
TEL : 078-351-3661

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-351-3661

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

藤本尚道(ふじもとまさみち)

「藤本尚道法律事務所」

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
貴乃花親方の沈黙(4)

 日本相撲協会では、12月20日に臨時理事会の開催を予定している。そこでは、巡業部長としての貴乃花親方の「報告...

[ ニュースの読み方 ]

貴乃花親方の沈黙(3)

 日本相撲協会・評議員会(7名選任。うち外部有識者4名)の議長は、最近TV等での「露出」が目立った池坊保子氏で...

[ ニュースの読み方 ]

貴乃花親方の沈黙(2)

 一般論として、警察も検察も事件の「本筋」をきちんと読んで捜査を進める。「オモテ筋」は日馬富士の「単独犯」...

[ ニュースの読み方 ]

貴乃花親方の沈黙(1)

 貴乃花親方が「だんまり」を押し通している。いつもながら、この人の「精神力」には頭が下がる思いがする。日本...

[ ニュースの読み方 ]

防衛大臣があぶない!

 いやはや、この国はどうなってるのでしょうか。稲田朋美防衛大臣が6月27日の夜、東京都議会議員選挙の自民党候補...

[ ニュースの読み方 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ