コラム

 公開日: 2012-11-02 

本気で「脱原発」するなら

 兵庫県の井戸敏三知事が、政府のエネルギー政策を批判しています。今朝の神戸新聞によると、井戸知事は地方分権の必要性に触れる中で「今の社会の閉塞感は、日本の将来像を国が示さないから起きている。小泉純一郎内閣の時代から規制緩和など仕掛けを変えればいいという議論ばかりだった」と指摘。その上で「今の政府はエネルギーの基本計画も作れない。選挙のために『脱原発』ばかりを言っており、それで生活や産業がやっていけるか、という議論がない」と述べています(神戸新聞:平成24年11月2日朝刊より)。

 たしかに、本気で「脱原発」を実現するためには、原発に代わる安全でクリーンな発電システムを構築したうえで、その運用コストを安定させ、日本の産業や国民の生活をまもる必要性があります。原発を停めて石炭・石油・天然ガスなどの火力発電に戻れば良いというわけでもありません。
 
 エネルギー基本計画について何らのシミュレーションもしないまま、「脱原発」を掲げるだけの政治家は、ただの「ムード先行」あるいは「代替案なき誤導」と批判されてもやむを得ないでしょう。
 
 私は、本気で「脱原発」を実現するために、もうひとつ重要な課題があると思います。それは、脱原発を推進する過程で、さらに「原子力の専門家」を養成し続ける必要がある…という矛盾です。現実に「脱原発」を目指すとしても、最終的には何十年もかかります。その間、既存の原発を安全に運用しなくてはならず、廃炉・解体を進めるうえでも専門家の知見が必要です。

 これから「衰退への道」を辿るであろう「原子力産業」に、若くて優秀な人材を送り込み続けることができるか…という問題がここで生じます。「脱原発」の方針が決まってしまうと、原子力の世界には「夢」も「希望」もなくなり、そこに飛び込もうとする若者の意欲もそがれることでしょう。しかし、そうだとすると、それほど遠くない将来、既存の原発の安全運用が危惧され、逆に廃炉・解体もままならない…という由々しき事態に直面するときが来てしまうかも知れません。

 「前門の虎、後門の狼」みたいに進退窮まる事態にならないよう、今のうちから手だてを考えておく必要があると思います。

兵庫県弁護士会/神戸市中央区/藤本尚道法律事務所
職人かたぎの法律のプロ、弁護士藤本尚道です!
http://mbp-kobe.com/lawyer-fujimoto/

この記事を書いたプロ

「藤本尚道法律事務所」 [ホームページ]

弁護士 藤本尚道

兵庫県神戸市中央区相生町4-6-15 ラポート201 [地図]
TEL:078-351-3661

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
「藤本尚道法律事務所」の弁護士・藤本尚道さん

債務整理、企業再生・個人再生のほか、相続・離婚問題、刑事事件など広い窓口を持つ法律事務所(1/3)

 JR神戸駅から西へ歩いて5分のところに、弁護士・藤本尚道さんの「藤本尚道法律事務所」はあります。 父親が税理士という藤本さんにとって、士業に携わることは自然の流れ。税理士になろうと考えていた小学生のころ、「親を超えていけ」の言葉に、さら...

藤本尚道プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

直感力とフットワーク!

会社名 : 「藤本尚道法律事務所」
住所 : 兵庫県神戸市中央区相生町4-6-15 ラポート201 [地図]
TEL : 078-351-3661

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-351-3661

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

藤本尚道(ふじもとまさみち)

「藤本尚道法律事務所」

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
白鵬があぶない(3)

 大相撲・初場所の4日目(2018/1/17)、横綱・白鵬は、平幕・嘉風に2場所連続で金星を進呈する結果となった。これ...

[ ニュースの読み方 ]

白鵬があぶない(2)

 大相撲・初場所の3日目、横綱・白鵬は東前頭筆頭の北勝富士に痛い1敗を喫した。4場所連続で金星を獲得してい...

[ ニュースの読み方 ]

白鵬があぶない(1)

 昨日(1月14日)大相撲の初場所が初日を迎えた。横綱・白鵬は立ち合いでの張り手やかち上げを「封印」し、右肩か...

[ ニュースの読み方 ]

続・貴乃花親方の「降格」

 貴乃花親方が受ける可能性があった「処分」としては、重い順に「降格」「業務停止」「報酬減額」の3つが考えら...

[ ニュースの読み方 ]

貴乃花親方の「降格」

 本日(2017/12/28)の臨時理事会で、日本相撲協会は貴乃花親方の「降格」を決めた。正式には年初(2018/1/4)に...

[ ニュースの読み方 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ