コラム

 公開日: 2012-10-13 

「空き家」があぶない

 家は「生き物」なんですね。あるじを失った家は、それまで血が通った「暖かな居場所」だったのが、途端に「ただの箱」へと変貌を遂げ、崩壊・朽廃への道をまっしぐらに進んでしまいます。

 実は昨日、家庭裁判所から選任された「不在者財産管理人」の職務の一環として、留守宅の現場確認に行ってきました。家の表から見ただけでは判らなかったのですが、中に入って奥へと進むと、広い範囲にわたって屋根が落ち、壁も崩れていることが判明しました。

 これでは、いつ何時、家が倒壊するかも知れない…と身の危険を感じ、早々に引き揚げました。近年、高齢化や核家族化の進展により、適正な維持保全を欠く「老朽危険家屋」が増加していると聞きますが、まさにそれを実感した次第です。

 折しも、神戸市が「建築物の安全性の確保等に関する条例」の一部改正を進めていることが報道されました。①家屋の維持保全に対する所有者責任を明確化し、②老朽危険家屋の所有者に必要な措置を講ずるよう指導等を行うとともに、③安全性確保に必要な調査や応急的な措置等を行うことができるようにする…というものです。

 高齢化や核家族化により空き家が増えることで、防災の面でも防犯の面でも諸々の問題が発生します。しかし、空き家とはいえ所有者がいるはずですから、勝手に修繕したり取り壊したりできない…という難しい面があります。

 今回の神戸市の条例改正案には、緊急の必要性がある場合、所有者の費用負担で応急措置が取れることも盛り込まれています。私有財産保護の面と公共の安全との「境界線」をめぐる微妙な問題が含まれているんですね。

兵庫県弁護士会/神戸市中央区/藤本尚道法律事務所
職人かたぎの法律のプロ、弁護士藤本尚道です!
http://mbp-kobe.com/lawyer-fujimoto/

この記事を書いたプロ

「藤本尚道法律事務所」 [ホームページ]

弁護士 藤本尚道

兵庫県神戸市中央区相生町4-6-15 ラポート201 [地図]
TEL:078-351-3661

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
「藤本尚道法律事務所」の弁護士・藤本尚道さん

債務整理、企業再生・個人再生のほか、相続・離婚問題、刑事事件など広い窓口を持つ法律事務所(1/3)

 JR神戸駅から西へ歩いて5分のところに、弁護士・藤本尚道さんの「藤本尚道法律事務所」はあります。 父親が税理士という藤本さんにとって、士業に携わることは自然の流れ。税理士になろうと考えていた小学生のころ、「親を超えていけ」の言葉に、さら...

藤本尚道プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

直感力とフットワーク!

会社名 : 「藤本尚道法律事務所」
住所 : 兵庫県神戸市中央区相生町4-6-15 ラポート201 [地図]
TEL : 078-351-3661

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-351-3661

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

藤本尚道(ふじもとまさみち)

「藤本尚道法律事務所」

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
「大人たちの都合」があぶない(3)

 日大アメフト部の元監督は、大学内でも絶大な権力を持っています。単なる体育会系クラブの一監督だったわけでは...

[ ニュースの読み方 ]

「大人たちの都合」があぶない(2)

 今回の「日大アメフト事件」の本質的な問題点は何処にあるのでしょう。私は、スポーツ界に根強くはびこる「勝利...

[ ニュースの読み方 ]

「大人たちの都合」があぶない(1)

 もう日本中が怒りを通り越して、呆れかえっていることでしょう。昨日の日大アメフト部の元監督・コーチの記者会...

[ ニュースの読み方 ]

白鵬があぶない(3)

 大相撲・初場所の4日目(2018/1/17)、横綱・白鵬は、平幕・嘉風に2場所連続で金星を進呈する結果となった。これ...

[ ニュースの読み方 ]

白鵬があぶない(2)

 大相撲・初場所の3日目、横綱・白鵬は東前頭筆頭の北勝富士に痛い1敗を喫した。4場所連続で金星を獲得してい...

[ ニュースの読み方 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ